TOP > 映画監督・俳優を探す > オスグッド・パーキンス

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1933年 まで合計7映画作品)

1936年

踊る三十七年

  • 1936年
  • 出演(Morty_Wethered 役)

「真夏の夜の夢」「コリーン」のディック・パウエルと「弾丸か投票か」「コリーン」のジョーン・ブロンデルが主演する映画で、監督には「スタアと選手」「四十二番街」のロイド・ベーコンが当たった。原作はリチャード・メイボウム、マイケル・ウォーレス、ジョージ・ヘイト合作の舞台劇で、「カリアンテ」のウォーレン・ダフが脚色した。舞踏監督にはパスリー・バークリーが任じ、カメラは「無限の青空」「太平洋横断機」のアーサー・エディソンが受け持った。助演は「有頂天時代」のヴィクター・ムーア、「ゴールド・ディガース36年」のグレンダ・ファレル、新人リー・ディクソン及びロサリンド・マークィス、「恋の歌」のオスグッド・パーキンス、「大鴉」のアイリーン・ウェーアその他の面々である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ディック・パウエル ジョーン・ブロンデル ヴィクター・ムーア グレンダ・ファレル
1935年

恋の歌

  • 1935年
  • 出演(Paul_Darcy 役)

ニューヨーク・メトロポリタン・オペラのプリマ・ドンナ、リリイ・ポンズの第一回主演映画で、「鼻」「痴人の愛」「雁(かりがね)」のジョン・クロムウェルが監督に当たった。原作はデイヴィッド・Gウィッテルスとエルシー・フィンが書き下ろし、エドモンド・ノースとジェームズ・・ガウが共同脚色した。音楽は歌劇「リゴレット」「ラクメ」の他、「ロバータ」「ショーボート」のジェローム・カーン作曲の新曲が歌われる。助演者は「東への道」のヘンリー・フォンダ、「暗黒街の顔役(1932)」のオスグッド・パーキンス、「トップ・ハット」のエリック・ブローア、「クカラチャ」のポール・ポルカシが主なるもの。撮影は「コンチネンタル」のデイヴィッド・エーベルの担当。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
リリー・ポンス ヘンリー・フォンダ エリック・ブローア オスグッド・パーキンス
1933年

暗黒街の顔役(1932)

  • 1933年3月13日(月)
  • 出演(Love 役)

ニューヨークの劇団に於いて名優の一人として知られているポール・ムニ主演で「タイガー・シャーク」「群集の喚呼」と同じくハワード・ホークスが監督し「暗黒街」「河宿の夜」の作者ベン・ヘクトが、アーミテージ・トレイルの原作を基に脚色。助演は「毎夜来る女」「闇に踊る(1932)」のジョージ・ラフト、「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「アルセーヌ・ルパン」「インスピレーション」のカレン・モーリー、「心を汚されし女」のオスグッド・パーキンス、「マタ・ハリ」のC・ヘンリー・ゴードン、「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーロフ。撮影には「上海特急」「間諜X27」のリー・ガームスがL・ウィリアム・オコンネルと協力して当たった。ちなみに本映画は「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズ提供によるもので、監督には前記ホークスを助けてリチャード・ロッソンも力を貸している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ポール・ムニ アン・ヴォーザーク カレン・モーリー オスグッド・パーキンス
1931年

心を汚されし女

  • 1931年
  • 出演(Ben_Sterner 役)

「踊り子夫人」の台詞執筆にあたった米国少壮のユーモリスト、ドナルド・オグデン・スチュワートが原作、脚色したものに基づき「戦争と貞操」「名門芸術」の共同監督の1人たるジョージ・キューカーがメガフォンをとったもので、カメラは「恋愛四重奏」のラリー・ウィリアムス。主演者はロンドンの舞台に知られたるアメリカ生まれのタルラー・バンクヘッドで「赤新聞」「夫無き妻」のクライヴ・ブルックを始め、フィービー・フォスター、アレクサンダー・カークランド・オスグッド・パーキンス、エリザベス・パターソンなどが助演している。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
タルラー・バンクヘッド クライヴ・ブルック フィービー・フォスター アレクサンダー・カークランド
1927年

飛び入り拳闘大勝利

  • 1927年
  • 出演(spider_Cross 役)

「好いて好かれて」「青春倶楽部(1926)」等と同じくリチャード・ディックス主演映画でアルバート・ペイソン・ターヒューン作の雑誌小説をピエール・コリングスとケネス・レイスベックとが脚色し「姫君と給仕」「駄法螺大当たり」等と同じくマルコム・セント・クレアが監督したものである。デイツクスの相手女優は「ボー・ジェスト(1927)」「可愛いフランス娘」等出演のメアリー・ブライアンで、重体量拳闘手ジャック・ルノオ、ハリー・グリボン、オスグッド・パーキンス等助演。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
リチャード・ディックス メアリー・ブライアン ジャック・ルノオ ハリー・グリボン
1926年

百貨店

  • 1926年
  • 出演(Lem_Woodruff 役)

ジョン・V・A・ウィーヴァーとジョージ・アボットの合作舞台劇に基づいてタウンセンド・マーティンが脚色し「猿飛カンター」「駆落相手違ひ」等と同じくフランク・タトルが監督したもので、主役はパラマウント新入社の「女ロビンフッド」「愛の虚言」等出演のイヴリン・プレント、「三日伯爵」「駄法螺大当たり」等出演のルイズ・ブルックス及び「猿飛カンター」「女王蜂」等出演のローレンス・ブレイが演じ、オスグッド・パーキンス、マーシャ・ハリス、アーサー・ドナルドソン等が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
イヴリン・ブレント ルイズ・ブルックス ローレンス・グレイ アーサー・ドナルドソン
1925年

お転婆スーザン

  • 1925年
  • 出演(M._Crawford_Dutton 役)

リバーティー・マガジンに発表されたスチュアート・M・エメリー氏作の短編小説を映画化したものでトム・ジェラティー氏が脚色し「弥次喜多従軍記」「愛の凱歌」と同じくエドワード・サザーランド氏が監督した。主役は「爪磨きの娘」「結びの神も思案投首」等主演のビービー・ダニエルス嬢で、対手役は「夜のニューヨーク」「金色の寝床」等出演のロッド・ラ・ロック氏が演じ、ジャック・ケーン氏、ミルドレッド・ライアン嬢、ラッセル・メドクロフト氏、ヘンリー・スティーブンソン氏、アイヴァン・シンプソン氏等が助演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ロッド・ラロック ヘンリー・スティーブンソン ジャック・ケーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > オスグッド・パーキンス

ムービーウォーカー 上へ戻る