映画-Movie Walker > 人物を探す > カーウィン・マシューズ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1970年 まで合計13映画作品)

1970年

鷲と鷹(1970)

  • 1970年6月20日(土)公開
  • 出演(Marquette 役)

兇悪な強盗団にただ1人たち向かった不敵な男。総指揮は「復讐戦線」のオーブリー・シェンク、製作は「猛烈なる復讐」のハル・クレイン、監督は「セメントの女」のゴードン・ダグラス。脚本はジョージ・シェンクとウィリアム・マークス、撮影はジェラルド・フィナーマンとデール・デバーマン、音楽はドミニク・フロンティア、美術はアレン・E・スミス、編集はチャールズ・ネルソンがそれぞれ担当。出演は「地獄の戦場・コマンドス」のリー・ヴァン・クリーフ、「ワイルドバンチ」のウォーレン・オーツ、「西部の男」のフォレスト・タッカー、「宇宙からの脱出」のマリエット・ハートレイ。他に、カーウィン・マシューズ、マリー・ゴメス、デイビス・チャンドラーなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
リー・ヴァン・クリーフ ウォーレン・オーツ フォレスト・タッカー カーウィン・マシューズ
1967年

暗黒街のエース

  • 1967年9月22日(金)公開
  • 出演(Clint_de_La_Roche 役)

ジャン・ブルースの小説を、クラーク・レイノルズが脚色、「悪銭」のモーリス・クロシュが監督したアクションもの。撮影はアンリ・レイシ、音楽は「トリプルクロス」のジョルジュ・ガルヴァランツが担当。出演は「バンコバンコ作戦」のカーウィン・マシューズ、「5月の7日間」のエドモンド・オブライエン、スペイン出身のフェルナンド・レイ、フランスのジェーン・フレミングなど国際色豊かな顔ぶれ。製作はナット・ワックスバーガー。

監督
モーリス・クロシュ
出演キャスト
カーウィン・マシューズ エドモンド・オブライエン ジェーン・フレミング イヴェット・ルボン
1965年

バンコ・バンコ作戦

  • 1965年4月2日(金)公開
  • 出演(Hubert Barton 役)

ジャン・ブリュースのOSSシリーズ『カルカッタのリラ』をピエール・フーコー、レイモン・ボレル、アンドレ・ユヌベル、ミシェル・ルブランほかが共同で脚色、「ファントマ 危機脱出」のアンドレ・ユヌベルが監督した推理アクション。撮影はレイモン・ルモワーニュ、音楽はミシェル・マーニュが担当した。出演は「四時の悪魔」のカーウィン・マシューズ、「ソドムとゴモラ」のピア・アンジェリ、「めんどりの肉」のロベール・オッセン、ドミニク・ウィルムス、アコム・モクラノンドほか。フランスコープ・イーストマンカラー。

監督
アンドレ・ユヌベル
出演キャスト
カーウィン・マシューズ ピア・アンジェリ ロベール・オッセン ドミニク・ウィルムス

FBIモスクワに潜入せよ

  • 1965年2月5日(金)公開
  • 出演(Bob_Avery 役)

実在の二重スパイをボリス・モロスがチャールズ・サミュエルとともに書いた「逆スパイの10年間」をジョン・カフカとバージニア・シャラーが共同で脚色、「シーザーの黄金」のアンドレ・ド・トスが監督したスパイ・セミ・ドキュメント。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、アルバート・ベニッツ、ゲイン・レシャー、ピエール・ボアンカルドらが共同で担当、音楽は「ミスタア・パルバー」のジョージ・ダニング。出演は「バルバ」のアーネスト・ボーグナイン、「惨殺」のカーウィン・マシューズ、TVのコリーン・デューハースト、アレクサンダー・スコービー、グレン・コーベットほか。

監督
アンドレ・ド・トス
出演キャスト
アーネスト・ボーグナイン カーウィン・マシューズ コリーン・デューハースト アレクサンダー・スコービー

ウィーンの森の物語

  • 1965年1月15日(金)公開
  • 出演(Schani 役)

フリッツ・エックハルトのオリジナル・ストーリーを、モーリス・トムブレーゲルが脚色、「青きドナウ」のスティーブ・プレヴィンが演出した音楽映画。撮影はガンサー・アンダース、音楽はハインツ・シュライター、編曲・指揮はヘルムート・フロシャワー、演奏はウィーン・シンフォニー・オーケストラが担当した。出演は「四時の悪魔」のカーウィン・マシューズ、「勝利者(1963)」のセンタ・バーガー、ブライアン・エイハーンほか。

監督
スティーヴ・プレヴィン
出演キャスト
ブライアン・エイハーン カーウィン・マシューズ Peter Kraus センタ・バーガー
1964年

O・S・S・117

  • 1964年12月5日(土)公開
  • 出演(Hubert Bonisseur 役)

ジャン・ブリュースの原作『O・S・S・117コルシカに行く』をアンドレ・ユヌベル、ピエール・フーコー、レイモン・ボレル、リシャール・カロン、パトリス・ロンダールが共同で脚色、「城塞の決斗」のアンドレ・ユヌベルが演出したアクション・ドラマ。撮影はダニエル・ディオ、音楽は「地下室のメロディー」のミシェル・マーニュが担当した。出演は「惨殺!」のカーウィン・マシューズ、「史上最大の作戦」のイリーナ・デミック、ほかにナディア・サンデル、ジャック・アルダンなど。製作はポール・カデアック。黒白・メトロスコープ、一九六四年作品。

監督
アンドレ・ユヌベル
出演キャスト
カーウィン・マシューズ ナディア・サンデル イリーナ・デミック Henri Jacques Huet
1963年

惨殺!

  • 1963年6月20日(木)公開
  • 出演(Geoff Farrell 役)

「恐怖」のジミー・サングスターが脚本を執筆し「ジキル博士の二つの顔」のマイケル・カレラスが演出したスリラー。撮影は「熱砂の海」のウィルキー・クーパー、音楽は「若さでぶつかれ!」のスタンリー・ブラック。出演者は「血の河」のカーウィン・マシューズ、「甘い生活」のナディア・グレイ、「年上の女」のドナルド・ヒューストン、リリアンヌ・ブルースなど。製作は前記サングスター。

監督
マイケル・カレラス
出演キャスト
カーウィン・マシューズ ナディア・グレイ ドナルド・ヒューストン リリアンヌ・ブルース
1962年

血の河

  • 1962年5月15日(火)公開
  • 出演(Jonathon 役)

怪奇・冒険ものを得意とするジミー・サングスターの原作に基き、「絞首台三歩前」のジョン・ギリング監督がジョン・ハンターと協同で脚色し演出した冒険活劇映画。撮影はアーサー・グラント、音楽はジョン・ホリングスワース、作曲はゲイリー・ヒューズがそれぞれ担当。出演者は、「四時の悪魔」のカーウィン・マシューズ、グレン・コーベット、「死霊の町」のクリストファー・リー、ピーター・アーン、新人のマーラ・ランディなど。アンソニー・ネルソン・キース製作。テクニカラー・ハマースコープ。

監督
ジョン・ギリング
出演キャスト
カーウィン・マシューズ クリストファー・リー グレン・コーベット ピーター・アーン

四時の悪魔

  • 1962年2月21日(水)公開
  • 出演(Father_Perreau 役)

火山の爆発を背景に、脱出行を描くサスペンス・アクション・ドラマ。製作・監督は「哀愁」のマーヴィン・ルロイ。マックス・カットーの原作小説をライアム・オブライエンが脚色。撮影は「セブン・セントの決斗」のジョセフ・バイロック、音楽は「馬場の二人」のジョージ・ダニングが担当した。出演者はスペンサー・トレイシー、フランク・シナトラ、カーウィン・マシューズ、ジャン・ピエール・オーモン、新人バーバラ・ルナ、グレゴワール・アスランなど。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー フランク・シナトラ カーウィン・マシューズ ジャン・ピエール・オーモン
1961年

スパルタの若獅子

  • 1961年7月28日(金)公開
  • 出演(Faone 役)

中世紀のエーゲ海沿岸地方を舞台とする史劇スペクタル映画。エンニオ・デ・コンチーニとルチアーノ・マルティーノがオリジナル・シナリオを書き下し監督に当ったのは「大進軍」ピエトロ・フランシスキ。撮影担当はカルロ・カルリーニ。音楽を受けもっているのはアンジェロ・マニング・オブライン。出演しているのは「拳銃の罠」のティナ・ルイス、「タラワ肉弾特攻隊」のカーウィン・マシューズの他、リカルド・ガローネ、エンリコ・マリア・サレルノ、スジ・ゴルジ、アルベルト・ファラネーゼなど。

監督
ピエトロ・フランシスキ
出演キャスト
カーウィン・マシューズ ティナ・ルイス リカルド・ガローネ エンリコ・マリア・サレルノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カーウィン・マシューズ