映画-Movie Walker > 人物を探す > ルドルフ・フォルスター

年代別 映画作品( 年 ~ 1964年 まで合計12映画作品)

1964年

怪人マブゼの挑戦

  • 1964年9月4日(金)
  • 出演(Professor Sabrehm 役)

ラディスラス・フォダーとマルク・ベームの共同シナリオを、脚本家ハラルト・ラインルが演出した怪奇ドラマ。撮影はカール・レーブ、音楽は「アイガー氷壁 決死の救援」のペーター・サンドロフが担当した。出演は、「バナナの皮」のゲルト・フレーベ、「ターザン」だったレックス・バーカー、「青い波紋」のダリア・ラヴィ、ほかにファウスト・トッツィ、ヨアヒム・モック、ルドルフ・フォルスターなど。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
ゲルト・フレーベ レックス・バーカー ダリア・ラヴィ ファウスト・トッツィ
1937年

人生の馬鹿

  • 1937年
  • 出演(Dr. Alexander Dahlen 役)

「たそがれの維納」「女ひとり」のパウラ・ヴェセリーと「夢見る唇」「郷愁」のルドルフ・フォルスターが主演する映画。原作はマリアンネ・フォン・アーンゲルン作の小説で、これをエルヴィン・ヘスが脚色し、「卒業試験(1933)」「題名のない映画(1935)」のカール・フレーリッヒが監督製作したもので、撮影には「たそがれの維納」「未完成交響楽(1933)」のフランツ・プラナーが、音楽には「白馬旅館」の作曲者として名あるラルフ・ベナッキーが、それぞれ当たっている。助演俳優はヒルデ・ワグナー、グスタフ・ヴァルダウ、グレトル・タイマー、ハンス・オルデン、エゴン・フォン・ヨルダン等舞台人が多く、「早春(1936)」に出演したジョルジュ・ブーランジェも特別出演している。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
パウラ・ヴェセリー ルドルフ・フォルスター ヒルデ・ワグナー グスタフ・ヴァルダウ
1935年

郷愁(1935)

  • 1935年
  • 出演(Carlo Cavelli 役)

「朝やけ」「偽むらさき」のルドルフ・フォルスターが「黒鯨亭」のアンゲラ・ザローカーを相手として主演する映画で、ドイツ劇壇の演出者であるエリッヒ・エンゲルが監督に当たったもの。シナリオはハインリヒ・オーバーレンダーが書き卸し、キャメラは「君を夢みて」のブルーノ・モンディが、音楽は「未完成交響楽(1933)」「たそがれの維納」のウィリー・シュミット・ゲントナーが、それぞれ担任した。助演者は「たそがれの維納」のハンス・モーザーを始めとして、「恋は終りぬ」のハンス・ホマ、リーズル・キナースト、ダイナ・グレイス、等である。

監督
エリッヒ・エンゲル
出演キャスト
ルドルフ・フォルスター アンゲラ・ザローカー ハンス・ホマ カミラ・ガーツホファー
1932年

夢みる唇

  • 1932年
  • 出演(Michael Marsden 役)

アンリ・ベルンスタイン作の戯曲『メロ』を映画化したもので、「ニュウ」と同じくエリザベート・ベルクナーが主演するパウル・ツィンナー監督作品である。脚色にはツィンナーが「旅愁」のカール・マイヤーと協同して当った。キャメラは「ナポレオン(1927)」のジュール・クリュージェの担当。「三文オペラ」のルドルフ・フォルスターと、アントン・エトホーファーが共演する。

監督
パウル・ツィンナー
出演キャスト
アントン・エトホーファー エリザベート・ベルクナー ルドルフ・フォルスター Margarete Hruby

朝やけ

  • 1932年
  • 出演(Captain Lieutenant Liers 役)

「愛国者」「不滅の放浪者」のグスタフ・ウツィツキが監督したギュンター・スタペンホルスト作品で、フライヘル・フォン・シュピーゲルの原案によりゲルハルト・メツェルが脚色したもの。キャメラは「愛国者」「会議は踊る」のカール・ホフマンの担当。主演者は「三文オペラ」「夢見る唇」のルドルフ・フォルスターで、新人カミラ・スピラ、エルゼ・クノット、アデーレ・サンドロックを始め、「M」「炭坑」のフリードリッヒ・グナス、「激情の嵐」「会議は踊る」のフランツ・ニクリッシュ、フリッツ・ゲンショウ等が助演。

監督
グスタフ・ウツィツキ
出演キャスト
ルドルフ・フォルスター アデーレ・ザンドロック フリッツ・ゲンショウ カミラ・スピラ
1931年

偽むらさき

  • 1931年
  • 出演(Rumowski 役)

「南の哀愁」「アトランティド」のブリギッテ・ヘルムと「朝やけ」「女の心」のルドルフ・フォルスターとが組んで主演するグレゴール・ラビノヴィッチ作品で、「未完成交響楽(1933)」「維納の花嫁」のワルター・ライシュが脚本を書き「F・P一号応答なし」「若きハイデルベルヒ」と同じくカール・ハートルが監督した。助演者はルチー・エングリッシュ、「トンネル」「モナ・リザの失踪」のグスタフ・グリュントゲンスを始めとして、「維納の花嫁」のオスカー・ジマ、「黒衣の処女」のマチアス・ヴィーマン、「黒鯨亭」のマックス・ギュルストルフ、「春のパレード」のテオ・リンゲン、等である。音楽は「F・P一号応答なし」のアラン・グレイ、撮影は「黒騎士」「未完成交響楽(1933)」のフランツ・プラナー、がそれぞれ担任した。

監督
カール・ハートル
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム ルドルフ・フォルスター ルチー・エングリッシュ グスタフ・グリュントゲンス

女の心

  • 1931年
  • 出演(Konstantin Michael 役)

エリザベート・ベルクナーの第一回トーキー出演映画で、「夢見る唇」と同じくベルクナーがルドルフ・フォルスターを相手役として主演し、パウル・ツィンナーが脚色並に監督したものである。原作はフランスの文人クロード・アネの小説で、それを「夢見る唇」と同じくカール・マイヤーが改作した。撮影はアドルフ・シュラジィの担任で、助演者の主なる者はヘルタ・グートマール、アンネマリー・シュタインシーク、アルフレッド・ゲラッシュ、等の人々である。

監督
パウル・ツィンナー
出演キャスト
エリザベート・ベルクナー ルドルフ・フォルスター アンネマリー・シュタインシーク ヘルタ・グートマール

三文オペラ(1931)

  • 1931年
  • 出演(Mackie Messer 役)

イギリスの劇作家ジョン・ゲイの手になった舞台劇をドイツ人エリザベス・ハウプトマンが独白し、ベルト・ブレヒトによって台本が書き下ろされ、ドイツの若き作曲家クルト・ヴァイルの作曲によって三幕八場の音楽劇に完成された有名な『三文オペラ』を「西部戦線一九一八年」「パンドラの箱」のG・W・パブストが監督製作した映画で、撮影は、「ウォタルー街」「スピオーネ」のフリッツ・アルノ・ワグナー。主な出演者はルドルフ・フォルスター、カローラ・ネイベル、「拳闘王」を監督したラインホルト・シュンツェル、「カラマゾフの兄弟」「倫落の女の日記」のフリッツ・ラスプ。ヴァレスカ・ゲルト、ロッテ・レーニヤなどである。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ルドルフ・フォルスター カローラ・ネイベル ラインホルト・シュンツェル フリッツ・ラスプ
1927年

ホーゼ

  • 1927年
  • 出演(Scarron 役)

ドイツの劇作家として名を知られたカール・シュテルンハイム氏の舞曲劇『ホーゼ』を映画化したもので脚色はフランツ・シュルツ氏、監督はハンス・ベイレント氏。主役を演ずるのは「プラーグの大学生(1926)」「野鴨」のヴェルナー・クラウス氏とイェニー・ユーゴー嬢で他にルドルフ・フォルスター氏、ファイト・ハーラン氏、オルガ・リンブルグ嬢、クリスチャン・ブンマーステット氏等が助演している。(無声)

監督
ハンス・ベイレント
出演キャスト
ヴェルナー・クラウス イェニー・ユーゴー ルドルフ・フォルスター ファイト・ハーラン
1925年

王城秘史

  • 1925年
  • 出演(Young Detlef 役)

テオドル・シュトルム氏作の小説に基づきテア・フォン・ハルボウ女史が脚色し故アルトゥール・フォン・ゲルラッハ氏が監督したもので「思い出」等出演のパウル・ハルトマン氏と「ファントム」等出演のリル・ダゴファー嬢とが主演し、ルドルフ・リットナー氏、アルトゥール・クラウスネック氏、ゲルトルード・アルノルト夫人、ゲルトルード・ヴェルケル嬢等が出演する昔語りである。無声。

監督
アルトゥール・フォン・ゲルラッハ
出演キャスト
アルトゥール・クラウスネック パウル・ハルトマン ルドルフ・フォルスター ルドルフ・リットナー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルドルフ・フォルスター