映画-Movie Walker > 人物を探す > フォレスト・スタンレー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1967年 まで合計16映画作品)

1967年

他人の花

  • 1967年当年公開
  • 出演(James_Gordon 役)

C・ガードナー・サリヴァン氏の原作で、「お転婆女優」「贅澤」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督している。ダルトン嬢の対手はフォレスト・スタンレー氏とH・E・ハーバート氏とである。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ドロシー・ダルトン フォレスト・スタンレー H・E・ハーバート Dell Boone
1932年

特製快走車

  • 1932年当年公開
  • 出演(Sanford 役)

アール・スネルの原作、脚色せるものによって、「象狩り二人行脚」「町内大人気」のヴィン・ムーアが監督した映画で、「50年後の世界」「ハッピイ・デイス」のフランク・アルバートソン、「尖端脚化粧」のジューン・クライド、「西部戦線異常なし」「禁酒天国」のスリム・サマーヴィル、「浮気天国」「呪われし青春」のルイズ・ファゼンダ、「飛び入り花婿」のオーティス・ハーラン、「ドレーク事件」「最後の警官」のフォレスト・スタンレー、エディ・フィリップスなどの面々が出演。撮影担任は「ボルネオの東」「砂漠の生霊」のジョージ・ロビンソンである。

監督
ヴィン・ムーア
出演キャスト
フランク・アルバートソン ジューン・クライド ルイズ・ファゼンダ スリム・サマーヴィル

熱沙の男

  • 1932年当年公開
  • 出演(Doc_Larribe 役)

「ミックスの再起」に次ぐトム・ミックス主演映画。ジャック・カニンガムが書き卸した脚本にアル・マーティンが台詞を付し、「勇敢白銀王」「青春の夢(1929)」のアルバート・S・ロージェルがメガフォンをとったもので「母性」のロイス・ウィルソン、「戦う商隊」のフレッド・コーラー、ッフォレスト・スタンレー、ウィラード・ロバートソン等が助演する。キャメラ担当は「野蛮な紳士」のダニエル・B・クラーク。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
トム・ミックス ロイス・ウィルソン フレッド・コーラー フォレスト・スタンレー
1929年

ドレーク事件

  • 1929年当年公開
  • 出演(District_Attorney 役)

「裁かれる魂」「男・女・妻」に次ぐエドワード・レムル氏の監督作品で「暇の時」「男・女・妻」の脚色者チャールズ・ローグ氏がストーリーを書下し、レムル氏と共同で撮影台本をかいたもの。主役は「第七天国(1927)」「噂の女」に出演し最近死去したグラディス・ブロックウェル嬢で「猫とカナリヤ」のフォレスト・スタンレー氏、「沙漠颪(1926)」のロバート・フレイザー氏、バーバラ・レナード嬢等が助演している。キャメラは「暇の時」と同じくジェローム・アッシュ氏が担任。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
グラディス・ブロックウェル ロバート・フレイザー フォレスト・スタンレー ジェームズ・クレイン
1927年

女丈夫(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Duke_Cordova_(El_Blanco) 役)

「ウインダミア夫人の扇」「他言は御無用」等出演のアイリーン・リッチ嬢の主演する映画で、原作をクライド・フィッチ氏が脚色したものからポール・L・スタイン氏が監督した。リッチ嬢の相手役は「猫とカナリヤ」其他に出演した古顔のフォレスト・スタンレー氏で、この二人を助けて「五つの魂を持つ女」のフロベル・フェアバンクス嬢、「アマゾンの紅薔薇」のアンダース・ランドルフ氏、「純情無敵」のマーナ・ローイ嬢、「鐡條網」のクライド・クック氏等が出演している。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
アイリーン・リッチ クライド・クック フォレスト・スタンレー フロベル・フェアバンクス

猫とカナリヤ

  • 1927年当年公開
  • 出演(Charles_Wilder 役)

ドイツに於いて「裏町の怪老窟」を作って一挙に名声を高めたパウル・レニの渡米後第一回監督作品で戦慄に満ちた探偵劇である。原作はジョン・ウイラードの舞台劇で数年前米英両国に於いて好評を得たもの。それをアルフレッド・A・コーンが映画脚色した。主役は「恋愛保険」「混線脱線スターは誰だ」等出演のローラ・ラ・プラントで、「赤ん坊万歳」「爆笑七日間」等出演のクレイトン・ヘール、「禁断の果実」[武士道華やかなりし頃」出演のフォーレスト・スタンリイ氏が共演し、タリイ・マーシャル、ガートルード・アスター、アーサー・エドモンド・カリュー、マーサ・マトックス、ジョージ・シーグマン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント クレイトン・ヘール フォレスト・スタンレー タリー・マーシャル
1924年

闇黒

  • 1924年当年公開
  • 出演(Boston_Blackie 役)

ボストン・ブラッキー譚の原作者として有名なジャック・ボイル原作の小説『マッギン婆さんの娘』“The Daughter of Mother McGinn”に基づき、フランシス・マリオン女史が脚色し、助監督から監督に昇進したジョージ・ヒルの第一回作品である。主役は「恋と食慾」「汝犯す勿れ」のコリーン・ムーア、「武士道華かなりし頃」のフォレスト・スタンレーで、共演はホバート・ボスウォース、マーガレット・セドン。ボストン・ブラッキーを主人公にした物語の一つである。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
コリーン・ムーア フォレスト・スタンレー マーガレット・セドン ホバート・ボスウォース

乙女ごころ

  • 1924年当年公開
  • 出演(Gregg_Mowbry 役)

コスモポリタン誌に1921~1992年に連載されたエドウィン・バルマー氏の小説を、イーヴ・アンセル女史が脚色し、「恩愛のむち」「虚栄地獄」「毒の花園」等と同じくルイガスニエ氏が監督した作品で、主役は「シーバの女王」出演のベティー・ブライス嬢、「夜の馬鹿」「ノートルダムのせむし男(1923)」「我が恋せし乙女」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢、「武士道華かなし頃」「若きダイアナ」等出演のフォレスト・スタンレー氏、「正邪の岐路」「法に泣く女」「ダルシー」出演のジャク・マンホール氏「社交界の誘惑」等出演のマートルス・テッドマン嬢、及び近ごろ復活したルー・テリジェン氏である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ベティ・ブライス ルー・テリジェン パッシー・ルス・ミラー フォレスト・スタンレー

酒!酒!

  • 1924年当年公開
  • 出演(Carl_Graham 役)

コスモポリタン雑誌に掲載されたウィリアム・マクハーグ氏原作の小説を、レイモンド・L・シュロック氏とフィリップ・ロナーガン氏とが脚色し、プリファード映画でお馴染のルイ・ガスニエ氏が監督した。主役は「楽園の毒草」「春来りなば(1923)」等に出演したクララ・ボウ嬢で相手役は「バブー」「武士道華やかなりし頃」等出演のフォレスト・スタンリー氏、「幸福の扇」「社交界の誘惑」等出演のハントリー・ゴードン氏「社交界の誘惑」等出演のマートル・ステッドマン嬢「天空征服」等出演のウォルター・ロング氏等仲々良い役割である。禁酒問題を扱ったものではあるが、劇中には酒に飲まれた男女の乱暴な宴会や、水泳着の美人など、ガスニエ好みの華美な場面が挿入されてある。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
クララ・ボウ フォレスト・スタンレー ハントリー・ゴードン マートル・ステッドマン
1923年

ロッキーの薔薇

  • 1923年当年公開
  • 出演(Michael_Devlin 役)

ウィラード・マックとデイヴィッド・ベラスコとが合作になる舞台劇「虎薔薇」に基づきエドモンド・グールディングが物語に書きJ・G・ホークスが脚色し、「恋に国境なし」「久遠の微笑」等を監督したシドニー・A・フランクリンが監督の任に当たった。主役はこの劇の舞台上演常時のスターで、ベラスコ劇団の花形なるルノアー・ウルリックで、対手役は「武士道華かなりし頃」出演のフォレスト・スタンレーである。ビックフォード映画の撮影者として有名なチャールズ・ロシャーが撮影を担当している。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック フォレスト・スタンレー ジョセフ・J・ダウリング アンドレ・ド・ベランジェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フォレスト・スタンレー