映画-Movie Walker > 人物を探す > アドルフ・ミラー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1932年 まで合計10映画作品)

1932年

女傑ターザン

  • 1932年当年公開
  • 出演(Erich_Vernuth 役)

「情無用ッ」「東への道」のロチェル・ハドソンが主演する映画で、ブルースター・モースが書き下ろした脚本によってモノグラム社などの西部劇を監督していたハリー・フレイザーが監督に当たり「ターザンの新冒険」を監督・撮影したエドワード・カルが撮影したものである。助演者は「シュヴァリエの巴里っ子」のウォルター・バイロン、「ミシシッピ」のハリー・マイヤース、アドルフ・ミラー等である。

監督
ハリー・フレイザー
出演キャスト
ロチェル・ハドソン ウォルター・バイロン ハリー・C・マイヤース アドルフ・ミラー
1929年

ブルドッグ・ドラモンド

  • 1929年当年公開
  • 出演(Marcovitch 役)

「スペインの花」「海のロマンス」のロナルド・コールマン氏主演した映画で原作は英国著名の小説家サッパーの筆になった舞台劇、それをシドニー・ホワード氏が改作し、ウォーレス・スミス氏が脚色し「水盡く大地」「ガウチョウ」のエフ・リチャード・ジョーンズ氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に新進のジョウン・ベネット嬢、「マンハッタン・カクテル」のリリアン・タッシュマン嬢、モンタギュー・ラブ氏、ローレンス・グラント氏、駒井哲氏等が助演している。カメラは「これぞ天国」と同じくジョージ・バーンズ氏とグレッグ・トーランド両氏が担任。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
ロナルド・コールマン ジョーン・ベネット リリアン・タッシュマン モンタギュー・ラヴ
1928年

ミシガン小僧

  • 1928年当年公開
  • 出演(Scotty 役)

映画では随分とお馴染みの作家レックス・ビーチ氏の原作の映画化で、J・グラブ・アレキサンダー氏が脚色したものから、ピーター・ミルン氏が撮影台本を作り、それを本として「大自然を敵として」等と同じくアーヴィン・V・ウィラット氏が監督したものである。主役は「囁きの小道」「男の名を言え」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「大自然を敵として」「ビック・パレード」等出演のルネ・アドレー嬢との2人で、ロイド・ウィトロック氏、モーリス・マーフィー君、などが助演する。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルネ・アドレー ロイド・ウィトロック Fred Esmelton

男装女キャプテン

  • 1928年当年公開
  • 出演(Second_Mate 役)

アメリカ海洋文学の雄ジャック・ロンドンの小説Demetrios_Contosの映画化で、ジョン・フランシス・ナッターフォード氏が映画向きに改作したものに基づき、むかしフォックスで「海の女王」を作ったジョン・G・アドルフィ氏が監督したものである。主役を演じるのは「ステラ・ダラス(1925)」「マザー・マクリー」等主演のベル・ベネット嬢で、「獄中日記」のモンタギュー・ラヴ氏、「鉄蹄万里」のカレン・ランディス氏、「娘弁護士」のメアリー・マカリスター嬢、ジーノ・コラード氏、G・レイモンド・ナイ氏、パット・ハーティガン氏、等が助演する。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
ベル・ベネット モンタギュー・ラヴ カレン・ランディス メアリー・マカリスター
1927年

アマゾンの紅薔薇

  • 1927年当年公開
  • 出演(Rudolf_Gottman 役)

「栄光」「カルメン(1927)」と同じくドロレス・デル・リオ嬢の主演する映画で、クリフォード・バクス氏の原作により、ブラッドリー・キング女史が脚色し、「地獄四百丁目」「身を焦がして」と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督している。「ゴリラ(1927)」等出演のウォルター・ピジョン氏を始めとし、最近物故したテッド・マクナマラ氏、新進のレスリー・フェントン氏、古顔のアンダース・ランドルフ氏やノーブル・ジョンソン氏等が助演している。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ウォルター・ピジョン アンダース・ランドルフ テッド・マクナマラ

アンクル・トムス・ケヴィン

  • 1927年当年公開
  • 出演(Haley 役)

ハリエット・ビーチャー・ストウ女史の世界に名高い小説「アンクル・トムス・ケヴィン」の映画化。ハリー・ポラードが映画向きに一度書き直したものを基に、ハーヴェイ・シュウとA・P・ヤンガーが撮影台本を作り、「加州目指して」「鵜の目鷹の目」と同じくポラードが監督。一昔前のアメリカ映画の花形として人気者だったマーガリータ・フィッシャーが、久々に復帰してエリザに扮し、トムにはジェームズ・B・ロウが抜擢された。共演に「ある男の過去」のアーサー・エドモンド・カリュー、「君が為め命捧げん」のジョージ・シーグマン、映画初出演のヴァージニア・グレイ。その他ユーラリー・ジェンセン、ルシアン・リトルフィールド、モナ・レイ、ジャック・モワー、ジョン・ローシュ、ディック・サザーランドが総出演する。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マーガリータ・フィッシャー アーサー・エドモンド・カリュー ジョージ・シーグマン ジェームズ・B・ロウ

大自然を敵として

  • 1927年当年公開
  • 出演(Lablanc 役)

ジエームス・オリヴア・カーウッド氏作の小説を映画化したもので、チャールズ・ローグ氏が之に筆を加え、「極楽島奇譚」「北緯二十六度」等と同じくバーヴイン・ウイラット氏が監督した。主役は「神ぞ知る」「突貫花婿」等出演のルネ・アドレー嬢で、相手役は「結びの神も思案投首」「煉獄の花」等出演のロバート・フレイザー氏が演じ、ウオルター・ロング氏、ミッチェル・ルイス氏、ジエームズ・メイソン氏が助演している。因みに嘗てネル・シップマン嬢が主演した「ふるさと」は同じ原作であるが、この映画に於いては役名等全部変更されている。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ルネ・アドレー ロバート・フレイザー ウォルター・ロング ミッチェル・ルイス
1923年

激怒(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Yuka 役)

エドモンド・グールディング氏の原作及び脚色を「乗合馬車」「霊魂の呼ぶ声」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので、リチャード・バーセルメス氏の第5回ファーストナショナル映画である。相手役にはドロシー・ギッシュ嬢、タイロン・パワー氏というお歴々が出演しているのも、バーセルメス氏の勢力がうかがわれる。海洋大活劇として素晴らしいものであるという。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
リチャード・バーセルメス タイロン・パワー ドロシー・ギッシュ パット・ハーティガン
1922年

我が友悪魔よ

  • 1922年当年公開
  • 出演(Jacques_Rameau 役)

ジョージ・オーネット原作の小説「ラモー博士」“Dr.Ramenuをポール・H・スローンが脚色し、ハリー・ミラードが監督した社会劇で、「半時間」「戦争?滅亡?」等出演のチャールズ・リッチマン及び「嵐を衝いて」等出演のバーバラ・キャッスルトンの古顔に、新進のペギー・ショウが共演する。宗教的色彩の強い映画である。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
チャールズ・リッチマン バニー・グローアー ウィリアム・トゥーカー アドルフ・ミラー
1919年

黒環

  • 1919年当年公開
  • 出演(Jeff_Pollard 役)

パテーを去ったクレイトン・ヘール氏がウァールド社で作って活劇の1つで対手はヴァージニア・ヴァリ嬢である。

監督
フランク・ライヘル
出演キャスト
クレイトン・ヘール ヴァージニア・ヴァリ Jack Drumier Walter Horton
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アドルフ・ミラー