映画-Movie Walker > 人物を探す > ビヴァリー・ベイン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1924年 まで合計4映画作品)

1924年

子を忘れし母

  • 1924年当年公開
  • 出演(Carol_Pelham 役)

ワーナー兄弟社の新監督ミラード・ウェッブ氏の第1回監督作品でオーウェン・デイヴィス氏作の舞台劇から自ら脚色した。主役は「父を呼ぶ声」「奔流恋をのせて」等出演のモント・ブルー氏と「十番目の女」出演のビヴァリー・ベイン嬢で、マーガレット・リヴィングストン嬢、ジョン・ローシュ氏、ウィラード・ルイス氏、アーサー・ホイト氏等の良い顔振れの助演になる家庭劇である。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
モント・ブルー ビヴァリー・ベイン マーガレット・リヴィングストン アーサー・ホイト

十番目の女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Willa_Brookes 役)

米国の閨秀作家ハリエット・T・コムストック女史の同じ名の小説からジュリエン・ジョセフソン氏が脚色し、新進のジェームズ・フラッド氏が監督した映画である。主役のジューン・マーロウ嬢は最近ウォーナー社のスターになった新進の女優で、これは第2回目の主演映画であうr.相手のビヴァリー・ベイン嬢はかつてメトロ映画で夫君フランシス・ブッシュマン氏の相手をたびたびした。映画界へ復帰し、これが嬢のウォーナ社へ入っての第2回作品。その他「盲目の誓」「船に打ち乗り海原目指して」等出演のレイモンド・マッキー氏や、新進のジョン・ローシュ氏、老練アレック・B・フランシス氏等が共演している。十人の女の中の九人までは平凡な生活を送るが、これは十番目の、即ち珍しい経験をした女のお話である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ジョン・ローシュ ビヴァリー・ベイン ジューン・マーロウ レイモンド・マッキー
1923年

新妻の秘密

  • 1923年当年公開
  • 出演(Denise_Varley 役)

かつてメトロのスターであったフランシス・ブッシュマンとベヴァリー・ベインの御夫婦が、永い間映画界に遠ざかっていた後、久振りで作った映画で、アメリカではブッシュマン夫婦とローランド・ボットムリー氏、ジタ・モールトン嬢の四人でこの映画をもって連鎖劇の巡業をして歩いたものである。劇中妻が他の男と関係のあることを知った男の苦脳の場を実演で見せ連鎖劇の珍らしいアメリカでは大当たりを取った。この映画はデレク・ヴェーン氏の小説を、ドロシー・ファーナム嬢が脚色し、古く「亭主入用」「讃美歌と鼻唄」等を監督したローレンス・ウィンドム氏が監督の任に当つたもの。

監督
ローレンス・ウィンドム
出演キャスト
フランシス・X・ブッシュマン ビヴァリー・ベイン Frankie Dvans ローランド・ボットムリー
1918年

哀れな金持男

  • 1918年当年公開
  • 出演(Arizona_Brown 役)

エレイン・スターンの原作を、「紐育の丑満時」「ブカナンの妻」などを監督したチャールズ・ブレイビンが監督したもので、フランシス・X・ブッシュマンと、夫人のビヴァリー・ベインの共演。「女は知らず」のスチュアート・ホームズが悪役を演じている。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
フランシス・X・ブッシュマン ビヴァリー・ベイン スチュアート・ホームズ Sally Crute
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビヴァリー・ベイン