映画-Movie Walker > 人物を探す > ティア・カレル

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2014年 まで合計11映画作品)

2014年

沈黙のSHINGEKI 進撃

  • 2014年10月11日(土)公開
  • 出演(リアン 役)

ラスヴェガスの裏社会と戦う男たちの姿を描くアクション。監督は、「DEATH AND CREMATION」のジャスティン・スティール。出演は、ドラマ『CSI:科学捜査班』のジョージ・イーズ、「アバター」のスティーヴン・ラング、「暴走特急」のスティーヴン・セガール、「スナッチ」のヴィニー・ジョーンズ。

監督
ジャスティン・スティール
出演キャスト
ジョージ・イーズ スティーブン・ラング スティーブン・セガール ビニー・ジョーンズ
2003年

リロ&スティッチ

  • 2003年3月8日(土)公開
  • 出演(Nani 役)

宇宙からやって来た逃亡者を主人公にしたユニークなディズニー・アニメが登場。ハワイを舞台に、暴れん坊エイリアンと少女の心温まる交流をつづる感動ファンタジーだ。

監督
ディーン・デュボア クリス・サンダース
出演キャスト
デイヴィ・チェイス ティア・カレル ヴィング・レイムス デイヴィッド・オグデン・スティアーズ
1998年

バッドマックス

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 出演(Diane Norwood 役)

マフィアの連合軍と彼らを追う捜査官男女の死闘を描いたアクション。監督は「デストラクション 制御不能」のシドニー・J・フューリー。脚本はロバート・ジョフィリオンとジェームズ・H・スチュワート。撮影はデイヴィッド・フランコ。音楽はブラハム・ウィンガー。出演は「ハードジャッカー」のトーマス・イアン・グリフィス、「同居人」のティア・カレルとドナルド・サザーランド、「クリフハンガー」のジョン・リスゴーほか。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
トーマス・イアン・グリフィス ティア・カレル ドナルド・サザーランド ジョン・リスゴー

同居人 背中の微かな笑い声

  • 1998年2月7日(土)公開
  • 出演(Christina D'Amelio 役)

やり手の初老のビジネスマンの家に才能を見込まれて同居することになった青年の恐るべき正体とその目的を描いたスリラー。監督は『ウィスパーズ』(V)などテレビ映画を手掛けるカナダ出身のダグラス・ジャクソン。脚本はケヴィン・ベルンハルト。撮影はロドニー・ギブソンズ。音楽はアラン・リーヴス。出演は「コピーキャット」はウィリアム・マクナマラ、「評決のとき」のドナルド・サザーランド、「薔薇の素顔」のレスリー・アン・ウォーレンほか。テレビ映画として製作されたが、日本では劇場公開された。

監督
ダグラス・ジャクソン
出演キャスト
ドナルド・サザーランド ウィリアム・マクナマラ レスリー・アン・ウォーレン クリスチャン・テシャー
1994年

トゥルーライズ

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 出演(Juno 役)

妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を、アクションとユーモア豊かに描いたスパイアクション・コメディ。1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ、アクションシーンの見せ場はたっぷり。フランス映画『La Totale』に目を付けたシュワルツェネッガーがキャメロンに企画を持ち込み、彼の監督・製作・脚本で実現。共同製作は「T2」でも監督と組んだステファニー・オースティン。撮影は「ハード・ターゲット」のラッセル・カーペンター、音楽は「T1」「T2」に続き、監督とは3作目のブラッド・フィーデル、美術は14本の「007」シリーズに参加し、「エイリアン2」に続いて監督とは2作目のピーター・ラモント。「アビス」以降、キャメロン作品に参加しているジョン・ブルーノがSFXスーパーバイザーを務め、特殊視覚効果はキャメロンが設立したデジタル・ドメイン社が担当。名コメディエンヌぶりを発揮した「マイ・ガール2」のジェイミー・リー・カーティスほか、「ライジング・サン」のティア・カレル、「コーンヘッズ」のトム・アーノルド、「トゥームストーン」のビル・パクストンらが共演。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ジェイミー・リー・カーティス トム・アーノルド ビル・パクストン

アリッサ・ミラノ 言いだせなくて

  • 1994年2月26日(土)公開
  • 出演(Adrien 役)

女子寮に忍び込むために女装した男子学生が、片思いの女生徒の親友となって巻き起こす騒動を描いた、キャンパス版「トッツィー」ともいうべき学園ラブ・コメディ。監督・脚本はジミー・ゼイリンガー。製作はジェフリー・R・ニューマン、撮影は「スタンド・バイ・ミー」のトーマス・デル・ルース、音楽は「ロングタイム・コンパニオン」のゲレッグ・デベルス。美術はJ・ケイリー・スティールがそれぞれ担当。主演は「コマンドー」でデビューし、音楽活動を経たのち、TVや舞台で活躍するアリッサ・ミラノ。「ハートブレイク・タウン」では娼婦役にも挑戦するなど、近年は大人の女優への脱皮を図っている彼女本来の可愛らしさが生かされた作品で、そのファッションの数々も見もの。相手役は「バーニーズ あぶない!?ウィークエンド」『タイムアクセル12:01』(V)のジョナサン・シルヴァーマン。「花嫁のパパ」のジョージ・ニューバーン、「ライジング・サン」のティア・カレル、「氷の微笑」のレイラニ・サレルらが共演。

監督
ジミー・ゼイリンガー
出演キャスト
ジョナサン・シルヴァーマン アリッサ・ミラノ ジョージ・ニューバーン ティア・カレル

銃弾の微笑

  • 1994年1月29日(土)公開
  • 出演(Janet 役)

″クイック(早撃ち)″と異名をとるヒット・ウーマンと、麻薬組織の金を横領した会計士の逃避行をめぐって展開される、ひねりの効いたサスペンス・アクション。監督は新鋭リック・キング。製作はデイヴィッド・ランカスター、脚本はフレデリック・ベイリー、撮影はギザ・シンコヴィックス、音楽はロバート・スプレイベリーが担当。ヒロインには「ミステリー・デイト」の新星、テリー・ポロ。彼女の相手役を演じるのは「トラスト・ミー」「愛・アマチュア」でハル・ハートリー監督作品の″顔″となったマーティン・ドノヴァン。共演は「トゥルーライズ」のティア・カレル、「ホワイトハンター ブラックハート」「バーチャル・ウォーズ」のジェフ・フェイヒー、「マニアックコップ3」のロバート・ダヴィほか。

監督
リック・キング
出演キャスト
テリー・ポロ マーティン・ドノヴァン ティア・カレル ジェフ・フェイヒー
1993年

ライジング・サン(1993)

  • 1993年11月6日(土)公開
  • 出演(Jingo Asakuma 役)

日米経済摩擦を背景に、複雑な殺人事件の謎に挑む2人の刑事の活躍を描くサスペンス・ミステリー。内容がジャパン・バッシングであるとして、全米公開時には日系人団体から上映反対の抗議運動が起こって話題を呼んだ。監督は「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」のフィリップ・カウフマンで、製作は実子ピーター・カウフマン。「ジュラシック・パーク」のマイケル・クライトンの小説を、原作者と監督、アップル社のコンサルタント出身で「ジュラシック・パーク」のスーパーバイザーを務めたマイケル・バックスの3人で脚色。撮影は「ドク・ハリウッド」のマイケル・チャップマン(カメオ出演も)、音楽は本作が初の海外映画となる、「乱」の武満徹が担当し、演奏は岩城宏之指揮の東京コンサーツ。SFXはILMが手がけている。出演はエグゼクティヴ・プロデューサーも兼ねる、「ザ・スタンド」のショーン・コネリーと「ハードプレイ」のウェズリー・スナイプス。「レザボア・ドッグス」のハーヴェイ・カイテル、「ホッファ」のケヴィン・アンダーソン、「ロボコップ3」のマコ、「ラストエンペラー」のケイリー・ヒロユキ・タガワらが脇を固めている。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
ショーン・コネリー ウェズリー・スナイプス ハーヴェイ・カイテル ケリー・ヒロユキ・タガワ
1992年

ウェインズ・ワールド

  • 1992年11月7日(土)公開
  • 出演(Cassandra 役)

NBCテレビの人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』の寸劇コーナーの映画化。ヘビメタ少年2人組が、自分たちがホストをつとめるTV番組を大人たちの策略から守るため、珍作戦をめぐらすコメディ。監督はペネロープ・スフィーリス、製作は『サタデー・ナイト・ライヴ』の発案者で「サボテン・ブラザース」のローン・マイケルズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・W・コッチJr.、脚本・キャラクター創造はマイク・マイヤーズ、共同脚本はボニー・ターナーとテリー・ターナー、撮影はテオ・ヴァン・デ・サンデ、音楽はJ・ピーター・ロビンソンが担当。

監督
ペネロープ・スフィーリス
出演キャスト
マイク・マイヤーズ ダナ・カーヴィ ロブ・ロウ ティア・カレル

ハーレーダビッドソン&マルボロマン

  • 1992年1月18日(土)公開
  • 出演(Kimiko 役)

ハーレーダビッドソンとマルボロマン。アメリカに欠かせないこの2つのシンボルを名に持つ2人のヒーローの友情と戦いを描いたアクション映画。監督は「ダリル」のサイモン・ウィンサー。製作はジェレ・ヘンショウ、脚本は俳優としての顔も持つドン・マイケル・ポール、撮影は「ハンター」のデイヴィッド・エグビー、音楽は「イントルーダー 怒りの翼」のバジル・ポールドゥリスが担当。

監督
サイモン・ウィンサー
出演キャスト
ミッキー・ローク ドン・ジョンソン チェルシー・フィールド トム・サイズモア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ティア・カレル