映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニオ・チファリエロ

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1963年 まで合計4映画作品)

1963年

殿方ごろし

  • 1963年12月7日(土)公開
  • 出演(Nicolino 役)

数年前の「パンと恋と夢」のシリーズ三作目。エットーレ・マリア・マルガドンナ、マルセロ・ジロージ、ディーノ・リージ、ヴィンセンツォ・タラリコの原案から「パンと恋と夢」のエットーレ・マリア・マルガドンナがシナリオを執筆、「ローマの恋」のディーノ・リージが演出、撮影をジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽を「パンと恋と夢」のアレッサンドロ・チコニーニがそれぞれ担当した。出演者は、「求むハズ」のヴィットリオ・デ・シーカ、「エル・シド」のソフィア・ローレン「裸のマヤ」のレア・パドヴァーニ、「青い海岸」のアントニオ・チファリエロ、他にジョーカ・ベレッティ、マリオ・カロテヌート等。

監督
ディーノ・リージ
出演キャスト
ソフィア・ローレン ヴィットリオ・デ・シーカ レア・パドヴァーニ アントニオ・チファリエロ

地の果ての恋

  • 1963年9月15日(日)公開
  • 出演(Walter 役)

「大夜襲」のG・M・スコテーゼが監督した恋愛物。撮影はウンベルト・ペルッチイ、音楽をアルマンド・トロバヨーリと、各々イタリアのタレントが担当している。出演者は「青い海岸」のアントニオ・チファリエロ、「前進か死か」のファウスト・トッツィ「そこを動くな」のドミニク・ウィルムス、エグレ・マルティン、ニーノ・ペルセロなどのイタリア、アルゼンチン俳優が共演している。製作はアンジェロ・ファチェンナとG・M・スコテーゼの二人。フェラニアカラー・トータルスコープ。

監督
ジュゼッペ・スコテーゼ
出演キャスト
アントニオ・チファリエロ ドミニク・ウィルムス ファウスト・トッツィ エグレ・マルティン
1962年

青い海岸

  • 1962年6月19日(火)公開
  • 出演(Giao 役)

オッタヴィオ・アレッシ、ウーゴ・グエッラ、ヴィットリオ・サラ、ロドルフォ・ソネゴ四人の共同からなる原案・脚本により「アマゾンの女王」のヴィットリオ・サラが演出。撮影はアルベルト・アルベルティーニ、音楽はロベルト・ニコロージが担当。出演者は「危険なデイト」のエルザ・マルティネッリ、「キング・オブ・キングス」のリタ・ガム、アルベルト・ソルディ、「ロベレ将軍」のジョヴァンナ・ラリ、ジョルジュ・マルシャルなど。ジョヴァンニ・ジュルゴラ製作。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
ヴィットリオ・サラ
出演キャスト
アルベルト・ソルディ ジョヴァンナ・ラリ アントニオ・チファリエロ エルザ・マルティネッリ
1955年

ナポリの饗宴

  • 1955年6月1日(水)公開
  • 出演(Armando 役)

「ヨーロッパ一九五一年」(出演)のエットーレ・ジャンニーニが原作・脚色・監督に当った色彩ミュージカル1954年作品。脚色はジャンニーニとジュゼッペ・マロッタおよびレミジオ・デル・グロッソの三人が協力した。パテカラー(プリントはテクニカラー)の撮影は「肉体の誘惑」のピエロ・ポルタルーピ、音楽はラファエーレ・ジェルヴァジョである。出演者は「ドン・カミロ頑張る」のパオロ・ストッパ、新進女優ソフィア・ローレン、「鷲の谷」のナディア・グレイ、「かすかな希望」のマリア・フィオーレ、「嘆きのテレーズ」のマリア・ピア・カジリオ、「恐怖の報酬」のフォルコ・ルリ、「ホフマン物語」のレオニード・マシーン(本作品の振付も担当)ほか舞踊団や歌手も多く出演している。この作品は1954年カンヌ国際映画祭で国際大賞を受賞した。

監督
エットーレ・ジャンニーニ
出演キャスト
パオロ・ストッパ クレリア・マタニア グリエルモ・バルナーボ Galeazzo Benti
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニオ・チファリエロ