映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・デラシー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1955年 まで合計21映画作品)

1927年

肉体の道

  • 1927年
  • 出演(Little_August 役)

エミール・ヤニングス氏のパラマウント入社第1回主演映画で、ラヨス・ビロ氏とジユールス・ファースマン氏とが執筆した物語をファースマン氏が脚色し、「決死隊」に続いてヴイクター・フレミング氏が監督したものである。ヤニングス氏を助けて「第四の戒律」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のベル・ベネット嬢を始め、「無花果の葉」「奥様お耳拝借」等出演のフイリス・ヘイヴァー嬢、ドナルド・キース氏、フレッド・コーラー氏、フイリップ・ドウ・ラシー君等が出演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
エミール・ヤニングス ベル・ベネット フィリス・ヘイヴァー ドナルド・キース

気楽トンボの風来坊

  • 1927年
  • 出演(Jimmy_Parker 役)

ジェームズ・グリースン氏、リチャード・テーバー氏合作の舞台喜劇を映画化したもので、フイリップ・クライン氏が脚色し、「男見るべからず」「恋は異なもの」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「青鷲」「3悪人」「海底の銀宝」等出演のジョージ・オブライエン氏で、「栄光」「歓楽の宮殿」等出演のエドモンド・ロウ氏、「待てば海路の日和とか」「新婚第一年」等出演のカスリン・ピリイ嬢を始め、小ダグラス・フエアヴァンクス氏、ディオン・エリス嬢、シリル・チヤドウイツク氏、フイリップ・デラシー君等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン エドモンド・ロウ ダグラス・フェアバンクス・ジュニア キャサリン・ペリー

思い出(1927)

  • 1927年
  • 出演(Heir_Apparent 役)

ウィルヘルム・マイヤーフェルスター氏作の小説『カール・ハインリヒ』に基づき、既に戯曲としてもAlt Heidelbergとして人口に膾炙している物語を映画化したものである。脚色したのは「裏切者」「楽園に帰る(1928)」のハンス・クレーリーー氏。それを「陽気なパリつ子」「山の王者」と同じくエルンスト・ルビッチ氏が監督した。主役カール・ハインリヒに扮するのは「シンガポール」「ベン・ハー(1926)」のラモン・ノヴァロ氏で、ケティーは「夜明け前」「娘弁護士」のノーマ・シアラー嬢が勤めるが、そのほかに「男女の戦」「嵐に咲く花」のジーン・ハーショルト氏、エドガー・ノートン氏、トティス・ハーラン氏、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、フィリップ・デラシー君、等も出演している。キャメラは「ドラモンド大尉」「春爛漫」のジョン・J・メスコール氏が担任した。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ノーマ・シアラー ジーン・ハーショルト グスタフ・フォン・セイファーティッツ

アンナ・カレーニナ(1927)

  • 1927年
  • 出演(Serezha_Anna's_Child 役)

「肉体と悪魔」に次ぐグレタ・ガルボとジョン・ギルバートとの共演映画でロシア文豪トルストイの代表作「アンナ・カレーニナ」から「コサック(1928)」「熱砂の舞」のフランセス・マリオンが脚本を手がける。監督は「パリ」「三人の踊子」のエドモンド・グールディング。共演はジョージ・フォーセット氏、エミリー・フィッツローイ、プランドン・ハースト、フィリップ・デラシー等。撮影は「世界に次ぐ」のウィリアム・ダニエルス。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
グレタ・ガルボ ジョン・ギルバート ジョージ・フォーセット エミリー・フィッツローイ
1925年

愛人の誓

  • 1925年
  • 出演(His_Son 役)

エドワード・フィッジェラルドが現代訳したオマアル・カイヤムのルバイヤッドを 映画化したもので、グラス・ウォークの発明者たるフェルディナンド・P・アール氏が脚色し監督したもので、波斯の背景はほとんど全部氏がデザインした絵画によった。昨夏発売されたが制作されたのは45年前である。主役は「紅百合」「ビレニーの情火」等出演のラモン・ノヴァロ氏が演じキャスリーン・キイ嬢、フレデリックウォード氏、エドウィン・スティーヴンス氏、ヘドウィック・ライヒャー嬢、スニッツ・エドワーズ氏等が助演している。尚比映画はミルトン・シルス氏が編集した。

監督
フェルディナンド・P・アール
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ キャスリーン・キー フレデリック・ウォード エドウィン・スティーヴンス
1924年

ピーターパン(1924)

  • 1924年
  • 出演(Michael 役)

バリー卿の著名な小説で劇化されていよいよ大評判になったピーター・パンを映画化した物である。ウィリス・ゴールドバック氏が脚色し、「パリの暗影」「アラスカン」と同じくハーバート・ブレノン氏が監督したもので、主役ピーター・パンは選ばれたる若き天才女優ベティ・ブロンスン嬢が演じ、「駅馬車(1925)」「北緯36度」等出演のアーネスト・トーレンス氏がフック船長に扮し、その他新進のメアリー・ブライアンアン嬢、エスター・ラルストン嬢等が出演し、又ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢やアンナ・メイ・ウォン嬢等も端役を演ずる。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
ベティー・ブロンソン アーネスト・トーレンス シリル・チャドウィック ヴァージニア・ブラウン・フェアー

極光に踊る女

  • 1924年
  • 出演(Littel_Jim 役)

英国の詩人ロバート・サーヴィス氏の書いた「ユーコンの魔力」という詩に基づき、ウィニフレッド・ダン女史が脚色し、「快男子ソーヤー」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。主役は「海賊アップルジャック」「心なき女性」等出演のハーバラ・ラ・マー嬢、「売られ行く魂」一風雲のゼンダ城一等出演のルウ・コディー氏、「冬来りなば」「消え行く灯」等出演のパーシー・マーモント氏、「クリスチャン」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢等である。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
バーバラ・ラ・マー ルー・コディ メイ・ブッシュ パーシー・マーモント
1923年

離(1923)

  • 1923年
  • 出演(Dicky_Parker 役)

アンドリュー・ベニソンの原作になる家庭劇で、チェスター・ベネットが監督した主役は「氷原の彼方へ」「イソベル」「黄泉の国」その他でおなじみのジェーン・ノヴァック。「快男子ソーヤー」「ローナ・ドゥーン」等主演のジョン・ボワーズの2人で、その他「ロビンソン・クルーソー漂流記」「社交界の怪賊」出演のマーガレット・リヴィングストン、色敵として有名なジョージ・フィッシャー、母親役のエディス・チャップマン等が出演する。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ジョン・ボワーズ ジェームズ・コリガン エディス・チャップマン

ロジタ(1923)

  • 1923年
  • 出演(Rosita's_Brothers 役)

メアリー・ピックフォードが「嵐の国のテス(1922)」に続いて製作した特作映画で、原作はノルベルト・ファルクの手になり、エドワード・ノブロックが脚色し、ドイツに於いて「パッション」「デセプション」等を監督して有名なエルンスト・ルビッチがアメリカに於ける第1回作品である。ピックフォードの対手はフォックス映画でお馴染みのジョージ・ウォルシュで、舞台の名優ホルブルック・ブリンや、「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチなどが重要な役を受け持っている。因みに本映画がパラマウント映画ポーラ・ネグリ主演の「西班牙の踊子」と同じ原作であると誤りを伝えられているがどちらもスペインが背景であり、時代劇であるということの外には、何等の関係もない。前者の女主人公の名はロジタ、主人公はドン・ディエゴ、後者はマリタナとドン・ケーザル・ド・バザンと、名前を見ても全然異なっている。後者の原作はフランスの戯曲家アドルフ・ダンヌリイとペエ・エス・ペエ・デュマのアール合作のオペラ「ドン・ケーザル・ド・パザン」であることは言うまでもない。尚「ロジタ」の美術監督はデンマークの有名な芸術家スヴェンド・ガーダであることを附言する。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ホルブルック・ブリン アイリーン・リッチ ジョージ・ウォルシュ
1922年

人形の家(1922)

  • 1922年
  • 出演(Ivar 役)

ヘンリック・イプセンの近代劇で婦人解放問題に多大の影響を与えたこの「人形の家」はかつてユニヴァーサル社でドロシー・フィッリップスを、パラマウント社でエルシー・ファーガスンを、それぞれ主役として製作されたことがあるが、これはナジモヴァ夫人が第1回独立作品として夫君チャールズ・ブライアント監督の下に製作したもので、相手として「狼の心」などに出演のアラン・ヘール、「八一三」などに出演のウェッジウッド・ノウエルらが出演している。

監督
チャールズ・ブライアント
出演キャスト
アラン・ヘイル アラ・ナジモヴァ ナイジェル・ド・ブルリエ Elinor Oliver
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・デラシー