映画-Movie Walker > 人物を探す > デール・フラー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1934年 まで合計21映画作品)

1934年

特急二十世紀

  • 1934年公開
  • 出演(Sadie 役)

「トパーズ(1933)」「夜間飛行」のジョン・バリモアが主演する映画で「犯罪都市(1931)」「国際盗賊ホテル」を合作したチャールズ・マッカーサーとベン・ヘクトとがチャールズ・ミルホランドの協力を得て書卸した戯曲に基き、マクアーサー、ヘクトが映画用に脚色したものを「暗黒街の顔役(1932)」「今日限りの命」のハワード・ホークスが監督、「青空天国」「十三日の殺人」のジョー・オーガストが撮影した。バリモアの対手役は「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロムバードを始めとして「青空天国」「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「ある日曜日の午後」「或る夜の出来事」のロスコー・カーンス、「ケンネル殺人事件」のエチエンヌ・ジラルドオ、ラルフ・フォーブス、デール・フラー、等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・バリモア キャロル・ロンバード ウォルター・コノリー ロスコー・カーンス

復活(1934)

  • 1934年公開
  • 出演(Botchkova 役)

「恋の凱歌」「クリスチナ女王」につぐルーベン・マムーリアンの監督作品で、レオ・トルストイの名著を映画化したもの。脚色には「力と栄光」のプレストン・スタージェス、「雨」のマクスウェル・アンダーソン、「花嫁は泣きました」のレナーデ・プラキンスの3人が協力して参興した。主演者は「女優ナナ」のアンナ・ステンと「明日無き抱擁」「生活の設計」のフレドリック・マーチとの2人で、「恋のページェント」のサム・ジャッフェ、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、英国の舞台女優ジェーン・バクスター、それからジェシー・ラルフ、エセル・グリフィス、グウェンドリン・ローガン、等が助演している。撮影は「ローマ太平記」「仮面の男(1933)」と同じくグレッグ・トーランドの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
アンナ・ステン フレドリック・マーチ ジェーン・バクスター C・オーブリー・スミス
1932年

愛に叛く者

  • 1932年公開
  • 出演(Maid 役)

「ロマンス」「インスピレーション」と同じくクラレス・ブラウンが監督作品。ストーリーは「チャンプ(1931)」「秘密の6」のフランセス・マリオンが組み立てたもので「チャンプ」「運命の兄弟」のレオナルド・プラスキンスがシナリオ化し、「パリの魔人」「ニュー・ムーン」のオリバー・T・マーシュがクランクした。出演者の顔ぶれは「陽気なママさん」「惨劇の波止場」のマリー・ドレッスラー、「乗合馬車」「海底二千尺」のリチャード・クロムウェル、「あけぼの」「パリの魔人」のジーン・ハーショルト、「大西洋横断」のパーネル・プラット、バーバラ・ケントなどである。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
マリー・ドレッスラー リチャード・クロムウェル ジーン・ハーショルト マーナ・ローイ
1930年

オフィスワイフ

  • 1930年公開
  • 出演(Miss Andrews 役)

「海の巨人(1930)」「シンギング・フール」をものしたロイド・ベーコン作の小説にもとづいて「ショウ・ボート(1929)」「嵐に咲く花」のチャールズ・ケニヨンが脚色して台詞をつけたもの。主演者は「大親分」「恋の大分水嶺」のドロシー・マッケールと「不死鳥」「恋多き女」のリュイス・ルイス・ストーンで、「アパートの殺人」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド、「悪魔の日曜日」のホバート・ボスウォース、「命を賭ける男(1930)」のブルックス・ヴェネディクト、ウォルター・メリル、ジョーン・ブロンデル等が助演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ルイス・ストーン ホバート・ボスウォース ブランシュ・フレデリシ
1929年

ダイヤモンド事件

  • 1929年公開
  • 出演(Lotta 役)

「悪魔の曲馬団」「妖怪屋敷」に次ぐベンジャミン・クリステンセン氏監督の怪奇劇で右記二映画の脚色者リチャード・ビー氏が原作脚色したもの。主演者は「妖怪屋敷」「怪我騒動」のチェスター・コンクリン氏、「高速度娘ジャズの巻」「浮気天国」のルイズ・ファゼンダ嬢で「妖怪屋敷」のセルマ・トッド嬢を始め、ウィリアム・V・モング氏、ジェームズ・フォード氏、デール・フラー嬢等が助演している。キャメラは「ウィリー・リバー」のアーネスト・ホーラー氏と「妖怪屋敷」のソル・ポリート氏が担任している。

監督
ベンジャミン・クリステンセン
出演キャスト
ルイズ・ファゼンダ チェスター・コンクリン セルマ・トッド ウィリアム・V・モング
1928年

アルプスの悲劇

  • 1928年公開
  • 出演(Mitzi's_Mother 役)

かつてエリッヒ・フォン・シュトロハイムが製作した「結婚行進曲」の一部で、未だ世に発表されずにいた部分を生かすため新しくパラマウント社が編集の手を加えたもの。従って脚色、監督、出演のシュトロハイムをはじめ、フェイ・レイ、ザス・ピッツ、マシュー・ベッツ、ジョージ・フォーセット、モード・ジョージ、ジョージ・ニコルズ、デール・フラーその他及び撮影のハル・モーア、すべて前記「結婚行進曲」のスタッフ・キャストである。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
出演キャスト
エリッヒ・フォン・シュトロハイム フェイ・レイ ザス・ピッツ マシュー・ベッツ

結婚行進曲(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Mitzi's_Mother 役)

エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏がその初期の作品「アルプス颪」「愚なる妻」と同じく原作監督主演した作品で、脚色にあたって「戦艦くろかね号」「男子起たば」のハリー・カー氏と共同しているとはいえ全編フォン・シュトロハイム氏の創意によって製作されたもの。助演者は氏が抜擢したフェイ・レイ嬢(「空行かば」「罪の街」出演)を筆頭に「グリード」のザス・ピッツ嬢、「悪魔の合鍵」のモード・ジョージ嬢、「熱血拳闘手」のマシュー・ベッツ氏、「燃え立つ戦線」のジョージ・フォーセット氏、「幸運の風」のジョージ・ニコルズ氏及びデール・フラー嬢、チェザーレ・グラヴィナ氏等の特異な芸風の俳優を網羅している。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
出演キャスト
エリッヒ・フォン・シュトロハイム フェイ・レイ ザス・ピッツ マシュー・ベッツ

コサック(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Ulitka 役)

「ビッグパレイド」「見世物」と同じくジョン・ギルバート氏とルネ・アドレー嬢との共演映画でロシア文豪トルストイ翁の筆になった原作を「好いて好かれて」「真紅の文字」等のフランセス・マリオン女史が脚色し撮影教本を書き「大飛行艦隊」「海洋児クーガン」のジョージ・ヒル氏が監督した。助演者としては「シンガポール」のアーネス・トレンス氏、「暗黒街の女(1928)」のメアリー・アルデン嬢、デール・フラー嬢、ジョセフィン・ポリオ嬢その他が出ている。カメラは「バレンシア」「黒い鳥」と同じくパーシー・ヒルバーン氏が担任。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー アーネスト・トーレンス デール・フラー

ファジル

  • 1928年公開
  • 出演(Zouroya 役)

「バタイユ」の劇化をしたフランスの劇作家ピエール・フロンデー氏の原作を、フィリップ・クライン氏が潤色し、シートン・I・ミラー氏が台本を書いたもので、「無花果の葉」「雲晴れて愛は輝く」等と同じくハワード・ホークス氏の監督作品である。主役は「第七天国(1927)」のチャールズ・ファーレル氏、「漂泊い人」「暗の小路」等出演のグレタ・ニッセン嬢、その他メイ・ブッシュ嬢、ジョン・ボールズ氏、ジョセフィン・ボリオ嬢、デール・フラー嬢等が共演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
チャールズ・ファーレル グレタ・ニッセン メイ・ブッシュ ヴァディム・ウラニエフ
1926年

キャナディアン

  • 1926年公開
  • 出演(Gertie 役)

W・サマセット・モーム氏作の舞台劇をアーサー・ストリンジャー氏が改作し、ジェー・クラアクソン・ミラー氏が脚色し「珍妙ライオン狩り」「雀」「天空騒動」等と同じくウイリアム・ボーデイン氏が監督したもので、主役は「神ぞ知る」「野球成り金」等主演のトマス・ミーアン氏が演じ、相手女優にはモナ・パルマ嬢(かつてミミ・パルメリ嬢として「鬼気人に迫る」「青春来る」に出演し、最近パラマウント俳優学校を卒業した人)が選ばれ、ウインダム・スタンデイング氏、デール・フラー嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
トーマス・ミーアン モナ・パルマ ウィンダム・スタンディング デール・フラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デール・フラー