映画-Movie Walker > 人物を探す > プリモ・ツェリオ

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1963年 まで合計4映画作品)

1963年

ビザンチン大襲撃

  • 1963年5月25日(土)
  • 脚本

パオラ・バルバラとプリモ・ツェリオのストーリーを、ロベルト・ジャンヴィティとアレッサンドロ・フェラウが脚色し、「マチステ」のカルロ・カンポガリアニが監督した古代スペクタクル。撮影はアンジェロ・ベイストロッチ、音楽はカルロ・サヴィーナ。出演者は「カルタゴの大逆襲」のジャック・パランス、「二十歳の恋」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、ガイ・マディソン、カルロ・デ・アンジェロなど。製作はジルベルト・カルボーネ。

監督
カルロ・カンポガリアニ
出演キャスト
ジャック・パランス エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ ガイ・マディソン カルロ・ダンジェロ
1961年

蛮族の逆襲

  • 1961年9月15日(金)
  • 監督、脚本

エミモ・サルヴィのオリジナル・ストーリーをプリモ・ツェリオが監督したスペクタクル史劇。ジンギスカン東方大遠征の余話ともいうべき物語である。シナリオを担当したのはセルジオ・レオーネ、ジュゼッペ・タファレル、サバティーノ・チウフィーニ、アンブロジオ・モルテーニ、ロベルト・ナタール、エミモ・サルヴィ、プリモ・ツェリオの七人。撮影はアダルベルト・アルベルティーニ。音楽を受けもったのはカルロ・イノセンツィ。出演するのは「アマゾンの女王」のエド・フューリー、エレーン・スチュアートなど。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
プリモ・ツェリオ
出演キャスト
エド・フューリー エレーン・スチュアート ロルダーノ・ルピ フリオ・メニコーニ

髑髏砦の血闘

  • 1961年9月1日(金)
  • 監督、脚色

「カルタゴ」の原作者エミリオ・サルガリの小説を映画化した海洋冒険活劇。アルベルト・リベラーティ、フェード・アルノー、プリモ・ツェリオの三人が共同で脚色し、監督に当ったのはプリモ・ツェリオ。撮影に当ったのは「ローマで夜だった」のカルロ・カルリーニ。音楽担当はロマン・ヴラド。出演するのは「百の顔を持つ騎士」のレックス・バーカー、「エロデ大王」のシルヴィア・ロペス、「青春群像」のヴィラ・シレンティ、「蛮族の恐怖」のルチアーノ・マリン、「刑事」のサーロ・ウルツィなど。製作はエルマンノ・ドナーティとルイジ・カルペンティエリ。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
プリモ・ツェリオ
出演キャスト
レックス・バーカー シルヴィア・ロペス ヴィラ・シレンティ ルチアーノ・マリン
1956年

侵略者

  • 1956年7月31日(火)
  • 脚本

製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「第一一九捕虜収容所のクリスマス」のピエトロ・フランシスキ、撮影は「ユリシーズ」のアルド・トンティ、音楽は「ローマの女」のエンツォ・マゼッティ。主演は「河の女」の・ソフィア・ローレン、「ユリシーズ」で活躍したアメリカ俳優アンソニー・クイン、「悪者は地獄へ行け」のアンリ・ヴィダル、「愛の交響楽」のクロード・レーデュなどで、助演はエットレ・マンニ、ギリシャ出身の新進女優イレーネ・パパス。

監督
ピエトロ・フランシスキ
出演キャスト
アンソニー・クイン ソフィア・ローレン アンリ・ヴィダル クロード・レーデュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > プリモ・ツェリオ