TOP > 映画監督・俳優を探す > アルド・デ・ベネデッティ

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1961年 まで合計4映画作品)

1961年

忘れな草(1959)

  • 1961年6月10日(土)
  • 脚本

“帰れソレントへ”の作曲者として有名なデ・クルティスの民謡“忘れな草”をテーマにした音楽映画。ギナ・ファルケンベルクとアルド・デ・ベネデッティの共同脚本を「黄色い恐怖」のアルトゥール・マリア・ラーベナルトが監督。撮影はオスカー・シュニルヒ、音楽をウィリー・マテスが担当。出演は世界的テナー歌手フェルッチョ・タリアヴィーニ、「鮫と小魚」のザビーネ・ベートマン、マッシモ・ジュリアーニ少年、エリッヒ・ヴィンら。製作エルウィン・ギット。

監督
アルトゥール・マリア・ラーベナルト
出演キャスト
ザビーネ・ベートマン フェルッチョ・タリアヴィーニ マッシモ・ジュリアーニ エリッヒ・ヴィン
1956年

水田地帯

  • 1956年10月26日(金)
  • 脚色

北伊ポー河流域の稲作地帯を舞台に、出稼ぎ女の様々な生態を通して愛の葛藤を描く異色篇である。アルド・デ・ベネデッティの脚色から新人ラファエロ・マタラッツォが監督。撮影は「侵略者」のルチアーノ・トラザッティ、音楽は「失われた大陸」のフランチェスコ・ラヴァニーノ。主演は「赤い砦」の新人エルザ・マルティネッリ、「アンリエットの巴里祭」のミシェル・オークレール、他にフォルコ・ルリ、リック・バッタリア、ヴィヴィ・ジョイなど。

監督
ラファエロ・マタラッツォ
出演キャスト
エルザ・マルティネッリ ミシェル・オークレール フォルコ・ルリ リック・バッタリア
1932年

殿方は嘘吐き

  • 1932年
  • 原作

イタリア映画界での古参の一人たるマリオ・カメリーニが監督した映画で、アルド・デ・ベネデッティと監督カメリーニが共同執筆した原作をマリオ・ソルダーティが脚色したもの。撮影は「鋼鉄」のマシーモ・テルツァーノとドメニコ・スカラの担任。主演者は新進のリア・フランカとヴィットリオ・デ・シーカで、チェサーレ・ゾペッティ、アルド・モスキーノ、マリアモンテサーノ等が助演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
リア・フランカ ヴィットリオ・デ・シーカ チェサーレ・ゾペッティ アルド・モスキーノ
1927年

ガリバルジ

  • 1927年
  • 監督

イタリア統一の殊勲者として史上に名高い愛国の英雄ガリバルジの伝記を映画がしたもので、アルド・デ・ベネデッティ氏が監督し、ガルバルヂにはグイド・グラジオシが扮し、その妻アニタには「ポンペイ最後の日(1926)」「メッサリナ」出演のリナ・デ・リゲロ夫人が扮している。脚色者撮影者等は不明。(無声)

監督
アルド・デ・ベネデッティ
出演キャスト
グイド・グラジオシ リナ・デ・リゲロ

アルド・デ・ベネデッティの関連人物

マリア・モンテサーノ  Gemma Schirato  Anna d'Adiria  Pia Lotti  アルド・モスキーノ 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アルド・デ・ベネデッティ

ムービーウォーカー 上へ戻る