TOP > 映画監督・俳優を探す > ティナ・ラッタンツィ

年代別 映画作品( 1937年 ~ 1961年 まで合計4映画作品)

1961年

百の顔を持つ騎士

  • 1961年5月5日(金)
  • 出演

日本初登場のピーノ・メルカンティが監督した歴史冒険活劇。ルイジ・エマニュエルとセルジオ・ソリーマの書いた物語をルイジ・エマニュエルとセルジオ・ソリーマ、ピエロ・ピエロッティの三人が脚色。撮影はカルロ・ベレルロ。音楽をミケーレ・コゾリが受けもっている。出演するのは「甘い生活」のレックス・バーカー、新人リアナ・オルフェイ、リヴィオ・ロレンツォン、アニー・アルベルティなど。製作チタヌス・ファルネジーナ。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
ピーノ・メルカンティ
出演キャスト
レックス・バーカー リアナ・オルフェイ リヴィオ・ロレンツォン アニー・アルベルティ
1952年

アンナ(1952)

  • 1952年
  • 出演(Andrea's mother 役)

「にがい米」のシルヴァーナ・マンガーノ、ラフ・ヴァローネ、ヴィットリオ・ガスマンのトリオを再現する一九五一年作メロドラマ。「空は紅い」のジュゼッペ・ベルト、ディーノ・リージ、イーヴォ・ペリッリ「ヨーロッパ一九五一年」、フランコ・ブルザーティ、ロドルフォ・ソネゴの五人が共同で執筆した脚本を「ポー河の水車小屋」のアルベルト・ラットゥアーダが監督した。撮影は「にがい米」のオテロ・マルテリ、音楽は「人間魚雷」のニーノ・ロータの担当。前記三名を助けて出演するのは、「快楽」のガビ・モルレ、ジャック・デュメニルの両フランス俳優、マンガノの実妹パトリツィア・マンガノ及びナターシャ・マンガノなどである。

監督
アルベルト・ラットゥアーダ
出演キャスト
シルヴァーナ・マンガーノ ラフ・ヴァローネ ヴィットリオ・ガスマン ガビ・モルレ
1953年

純愛(1952)

  • 1953年10月24日(土)
  • 出演(Elvira de Marchi 役)

ステノ・モニチェッリが書き卸した恋愛メロドラマを、イーヴォ・ペリッリ、リアナ・フェッリ、ガスパーレ・カタルド、グイド・ブリニョーネの四人が共同脚色にあたり、グイド・ブリニョーネが監督した一九五一年作品。撮影はマリオ・アルベルテッリ、音楽はアルマンド・フラーニャとサルヴァトーレ・カルディッロの担当。「ポー河の水車小屋」のカルラ・デル・ポッジョが主演し、新進ガブリエレ・フェルゼッティ、米国男優フランク・ラティモア、カルレット・スポジート、ティナ・ラッタンツィらが共演する。

監督
グイド・ブリニョーネ
出演キャスト
カルラ・デル・ポッジョ ガブリエレ・フェルゼッティ フランク・ラティモア カルレット・スポジート
1937年

嗤う仮面

  • 1937年
  • 出演(Duchess 役)

アレッサンドロ・ステファニの原作を、総指揮者B・ネグロニがステファニ自身と協力脚色し、フェルディナンド・ロッジォリが監督に当たった映画。主演者はネリオ・ベルネルディと「母なる大地」「征空大艦隊」のレダ・グロリアとの二人で、これを助けてミミー・アルミエル、エンツォー・ビリオッティ、イタリア映画界古参のオレステ・ビランチア、ロモロ・コスタ、ティナ・ラッタンツィ、等が主演している。撮影はオテロ・マルテリの担任。

監督
フェルディナンド・ロッジォリ
出演キャスト
ネリオ・ベルナルディ レダ・グロリア ミミー・アルミエル エンツォー・ビリオッティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ティナ・ラッタンツィ

ムービーウォーカー 上へ戻る