映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリーン・キー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1928年 まで合計15映画作品)

1928年

浮気は御法度

  • 1928年
  • 出演(Ethel_Dixon 役)

「沈黙(1926)」「昨日への道」出演のヴェラ・レイノルズ嬢と「駆落相手違ひ」等出演のハリソン・フォード氏との主演する映画で、W・スコット・ダーリング氏の原作、脚色により「奥様お耳拝借」「グリフィスの婚礼屋」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督した。助演者として「監獄行列車」等出演のジョン・パトリック氏を始めとしてサリー・ランド嬢、キャスリーン・キイ嬢、等が出演する。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ハリソン・フォード ジョン・パトリック サリー・ランド
1927年

ギブソン大手柄

  • 1927年
  • 出演(Emily_Decker 役)

「沈黙の騎手」「無敵ギブソン」「命の安売り」等と同じくフート・ギブスン氏主演西部劇で同じくリン・F・レイノルズ氏が監督したもので、台本もレイノルズ氏が執筆した。相手役はキャスリーン・キイ嬢が勤め、スリム・サマーヴィル氏、ウィーラー・オークマン氏、クラーク・コムストック氏等が共演している。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
フート・ギブスン キャスリーン・キー ニック・コグレイ クラーク・コムストック
1926年

ベン・ハー(1926)

  • 1926年
  • 出演(Tirzah 役)

「椿姫(1927)」「悪魔の踊子」等と同じくフレッド・ニブロ氏の監督作品で、ルー・ウォレス将軍の小説を映画化した大作品である。ジューン・メイシス女史が映画向きに書き直したものからケイリー・ウィルソン氏が脚色し、それに基づいて更にウィルスン氏がベス・メレディス女史と協力して撮影台本を作成した。主役ベン・ハーに扮するのは「海軍士官候補生(1925)」「紅百合」等主演のラモン・ノヴァロ氏で、「裁かれる魂」のフランシス・X・ブッシュマン氏、「昼閑夫人」のメイ・マカヴォイ嬢、「曠原の烽火」のベティー・ブロンソン嬢、「ソレルとその子」のカーメル・マイアース嬢、「燃ゆる戦線」のキャスリーン・キイ嬢、その他多くの知名の人々が出演した。映画中の最も呼び物たる戦車競争の場面はリーヴス・イースン氏が特に監督した。ちなみにこの映画は、最初メシス女史の脚色、チャールズ・ブレビン氏の監督、ジョージ・ウォルシュ氏の主演で制作される予定であった所、中途にしてここに示した顔触れに変更されたものである。

監督
フレッド・ニブロ リーヴス・イースン
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ フランシス・X・ブッシュマン メイ・マカヴォイ クレア・マクドウェル

足で蹴る恋

  • 1926年
  • 出演(Louise 役)

ティファニー社映画で我が国に輸入された最初の作品である。A・P・ヤンガーの書き下ろした台本に基づき、リチャード・ソープが監督した学生スポーツ劇。出演は「我れ若し王者なりせば」のマーセリン・デイ、新進のチャールズ・デラニー、「喧嘩友達」のエドナ・マーフィ、その他デュエイン・トンプソン、キャスリーン・キーなどが出演している。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
マーセリン・デイ チャールズ・デラニー ジェームズ・ハリソン デュエイン・トンプソン
1925年

海軍士官候補生(1925)

  • 1925年
  • 出演(Rita 役)

「アラブ」「愛人の誓」等と同じくラモン・ノヴァロ氏主演映画で、ケーリー・ウィルソン氏が執筆した物語をマツグルウ・ウイリス氏が脚色し「廻り会う迄」「画家の妻」「島の娘」等と同じくクリスティー・キャバンヌ氏が監督したものである。相手役は「愛の黒眼鏡」出演のハリエット・ハモンド嬢で、ウェズリー・バリー君、クロフォード・ケント氏、マーガレット・セドン嬢、キャスリーン・キイ嬢、ウィリアム・ボイド氏等が助演している。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ハリエット・ハモンド ウェズリー・バリー クロフォード・ケント

愛人の誓

  • 1925年
  • 出演(Sherin 役)

エドワード・フィッジェラルドが現代訳したオマアル・カイヤムのルバイヤッドを 映画化したもので、グラス・ウォークの発明者たるフェルディナンド・P・アール氏が脚色し監督したもので、波斯の背景はほとんど全部氏がデザインした絵画によった。昨夏発売されたが制作されたのは45年前である。主役は「紅百合」「ビレニーの情火」等出演のラモン・ノヴァロ氏が演じキャスリーン・キイ嬢、フレデリックウォード氏、エドウィン・スティーヴンス氏、ヘドウィック・ライヒャー嬢、スニッツ・エドワーズ氏等が助演している。尚比映画はミルトン・シルス氏が編集した。

監督
フェルディナンド・P・アール
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ キャスリーン・キー フレデリック・ウォード エドウィン・スティーヴンス
1924年

シー・ホーク(1924)

  • 1924年
  • 出演(Andalusian_Slave_Girl 役)

「スカラムーシュ」の原作者なるイギリスの小説家ラファエル・サバティニ氏の小説を、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等を監督したフランク・ロイド氏が監督したもの主役は「魔界の髑髏島」「善悪の境」等出演のミルトン・シルス氏「怒涛の彼方へ」「海賊アップルジャック」出演のエニッド・ベネット嬢で、その他にもウォーレス・ビアリー氏、ロイド・ヒューズ氏マーク・マクダーモット氏等良く知られた人々が出ている。十六世紀イギリスの物語で、大掛りな海戦で呼物である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ミルトン・シルス エニッド・ベネット ロイド・ヒューズ ウォーレス・マクドナルド

奇跡の薔薇

  • 1924年
  • 出演(Madonna 役)

メーベル・ワグナルス女史作の「千年の薔薇の木」を映画化したもので、「嘘八百の世界」「地獄花」等と同じくジョージ・D・ベイカー氏が脚色監督した。先に上映されたアラ・ナジモヴァ婦人主演の「奇跡の薔薇」も一九一八年のベイカー氏監督作品である。主役は「美人懸賞」「幸運の風」等出演のヴァイオラダナ嬢で相手役は「快走百万哩」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が勤め「三人の女」等出演のルー・コディ氏を始めマージョリー・ドウ嬢、フランク・カリアー氏、エドワード・コネリー氏、ジョージ・シーグマン氏等が助演している。

監督
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ モント・ブルー マージョリー・ドゥ ルー・コディ
1923年

離婚歓迎

  • 1923年
  • 出演(Yvette _the_Governoss 役)

「売られ行く魂」に続くルパート・ヒューズ氏の作品で、氏の原作、脚色及び監督になったものである。主役は「女房征服」のヘレン・チャドウィック嬢「ボー・ブラムメル」のカーメル・マイアース嬢「売られ行く魂」のルー・コディ氏「走馬燈」のジョージ・ウォルシュ氏等。原名のレノとは米国中で離婚の最も簡単に行える町の名である。

監督
ルパート・ヒューズ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ルー・コディ ジョージ・ウォルシュ カーメル・マイヤース

大丈夫ケリガン

  • 1923年
  • 出演(Neenah 役)

大正活映が輸入を中止して以来見ることを得なかったヴァイタグラフ映画の松竹輸入第一回提供映画である。ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の小説を、グレアム・ベイカー氏が脚色し、「北方の名花」「汚れぬ花」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督としたもの主役は「幌馬車(1923)」のウォーレン・ケリガン氏、「汚れぬ花」のアリス・カルホーン嬢で、その他ワンダ・ホウリー嬢、デュポン嬢、パット・カマリー氏、キャスリーン・キイ嬢、バートラムグラスピー氏等のオール・スター・キャストである。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
J・ウォーレン・ケリガン アリス・カルホーン ワンダ・ホウリー ミス・デュポン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリーン・キー