映画-Movie Walker > 人物を探す > ダニエル・ゴーベール

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1972年 まで合計7映画作品)

1972年

白銀の冒険

  • 1972年2月19日(土)公開
  • 出演(Monica_Scotti 役)

グルノーブル・オリンピックのアルペン・スキー2冠王、ジャン・クロード・キリーが主演するドロボー映画。製作はエドワード・リシェン、監督は「ウェスタン・ロック ザカライヤ」のジョージ・イングランド、脚本はケン・コルブとジェフリー・ブルーム、撮影はガボール・ポガニー、音楽はジャック・ルーシェ、編集はゲイリー・グリッファンが各々担当。出演はキリーのほか、「あしやからの飛行」のダニエル・ゴベール、クリフ・ポッツ、レリオ・ルタッツィ、「冒険者(1970)」のデリア・ボッカルド、ヴィットリオ・デ・シーカなど。

監督
ジョージ・イングランド
出演キャスト
ジャン・クロード・キリー ダニエル・ゴーベール クリフ・ポッツ ヴィットリオ・デ・シーカ
1970年

地下組織

  • 1970年6月13日(土)公開
  • 出演(Yvonne 役)

特命を受けて潜入したアメリカの諜報員と、フランスの反ナチ抵抗組織“マキ”隊員の活躍を描いた作品。製作は「インディアン狩り」の名トリオのジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴン、監督は「ブルー・マイアミ」のアーサー・ネーデル。脚本はロン・ビショップ、撮影は「野生のエルザ」のケン・タルボット、音楽は「ユリシーズ」のスタンリー・マイヤーズ、美術はフランク・ホワイト、特殊効果はノビー・クラークがそれぞれ担当。出演は「ブルーライト作戦」のロバート・グーレ、「炎」のダニエル・ゴベール、「パットン大戦車軍団」のローレンス・ドブキン、「アラベスク」のカール・ドゥーリング、「レマゲン鉄橋」のヨアヒム・ハンセン。他にアレクサンダー・ペレグ、ジョージ・プラウダなど。デラックスカラー、ワイドスコープ。1979年作品。

監督
アーサー・ネーデル
出演キャスト
ロバート・グーレ ダニエル・ゴーベール ローレンス・ドブキン カール・ドゥーリング
1969年

炎(1969)

  • 1969年11月公開
  • 出演(Marguerite 役)

文豪デュマの『椿姫』を現代にアレンジし、女の性(さが)の哀しさと激しさを描いた作品。監督は「女と女」のラドリー・メッガーで製作も兼任。アレクサンドル・デュマの原作を脚色化したのは新人ミシェル・デ・フォレスト。撮影は「バンボーレ」のエンニオ・グァルニエリ、音楽は「イタリア式奇蹟」のピエロ・ピッチオーニ、衣裳をイタリアの有名なデザイナー、メイヤーが担当。出演は「未青年」のダニエル・ゴーベール、「恋人たちの世界」のニーノ・カステルヌオーボ、「アンクル・トム」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、「奇襲戦隊」のフィリップ・フォルケ、「危険な恋人」のロベルト・ビサッコ、「華麗なる殺人」のマッシモ・セラートなど。

監督
ラドリー・メッガー
出演キャスト
ダニエル・ゴーベール ニーノ・カステルヌオーボ エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ フィリップ・フォルケ
1968年

未青年

  • 1968年11月2日(土)公開
  • 出演(Emmanuelle 役)

ベルトラン・ポワロデルペシュの原作を、彼自身とピエール・グラニエ・ドフェールが脚色しピエール・グラニエ・ドフェールが監督した青春もの。撮影はアンドレアス・ヴァインディング、音楽は「気狂いピエロ」のアントワーヌ・デュアメルが担当している。出演は、「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ペラン、「パーマー危機脱出」の、新星エヴァ・レンツィ、ダニエル・ゴーベール、イヴ・ルニエールなど。

監督
ピエール・グラニエ・ドフェール
出演キャスト
ジャック・ペラン エヴァ・レンツィ ダニエル・ゴーベール イヴ・ルニエール
1965年

女と男のある限り

  • 1965年3月6日(土)公開
  • 出演(French Girt 役)

ヘルベルト・ライネッカーの脚本を「アフリカの星」のアルフレッド・ワイデンマンが監督した恋愛映画。撮影はゲオルク・ブルックバウエル、音楽はチャーリー・ニーセンが担当した。出演は「モンパルナスの灯」のリリー・パルマー、「三文オペラ」のヒルデガード・クネフ、「青い波紋」のダリア・ラヴィ、「危険な関係」のアレクサンドラ・スチュワルト、「あしやからの飛行」のダニエル・ゴーベールなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
リリー・パルマー ヒルデガード・クネフ ダリア・ラヴィ アレクサンドラ・スチュワルト
1964年

あしやからの飛行

  • 1964年3月28日(土)公開
  • 出演(Leila 役)

「折れた矢」のエリオット・アーノルドのベスト・セラーを、彼と「隊長ブーリバ」のウォルド・ソルトが脚本を執筆、「八十日間世界一周」のマイケル・アンダーソンが監督したヒューマニズム博愛ドラマ。撮影は「ペペ」のジョー・マクドナルド、「地上より永遠に」でアカデミー賞を受賞したバーネット・ガフィの共同担当、音楽はフランク・コーデルが担当した。特撮、美術は日本人の手によるもの。出演者は「太陽の帝王」のユル・ブリンナー、ジョージ・チャキリス、「西部開拓史」のリチャード・ウィドマーク、「インターン」のスージー・パーカー、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイト、他にダニエル・ゴーベール、滝瑛子、杉山光宏など。

監督
マイケル・アンダーソン
出演キャスト
ユル・ブリンナー リチャード・ウィドマーク ジョージ・チャキリス スージー・パーカー
1961年

広場(1960)

  • 1961年7月27日(木)公開
  • 出演(Dan 役)

「危険な曲り角」につぐマルセル・カルネ監督作。原作はアメリカ作家ハル・エルソンの『トム・ボーイ』、カルネとアンリ・フランソワ・レイが脚色した。撮影は「サレムの魔女」のクロード・ルノワール。音楽担当はミシェル・ルグランとフランシス・ルマルク。出演するのは新人ダニエル・ゴーベール、モーリス・カファレリ、「危険な曲り角」のローラン・ルザッフル、コンスタンタン・アンドリュー、ジャン・ルイ・ブラ、ドミニク・ジュドンヌなど。

監督
マルセル・カルネ
出演キャスト
ダニエル・ゴーベール モーリス・カファレリ コンスタンタン・アンドリュー ジャン・ルイ・ブラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダニエル・ゴーベール