映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャクリーン・ウェルズ

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1938年 まで合計10映画作品)

1938年

街道巡羅隊

  • 1938年公開
  • 出演(Jane_Brady 役)

「奥さんは嘘つき」のロバート・ペイジと「御夫婦円満哲学」「麗人野球団」のジャクリーン・ウェルズが主演する映画で、活劇映画の監督として名のあるランバート・ヒルヤーが書卸し、ロバート・E・ケントとスチュアート・アンソニーが協力脚色し、「地に潜るギャング」「空のギャング」のC・C・コールマン・ジュニアが監督に当り、「クレイグの妻」のルシエン・バラードが撮影したものである。

監督
C・C・コールマン・ジュニア
出演キャスト
ロバート・ペイジ ジャクリーン・ウェルズ ロバート・ミドルマス アーサー・ロフト

魔空電波

  • 1938年公開
  • 出演(Barbara_Fisk 役)

「月光の曲」「女難アパート」のチャールズ・ファーレルと「赤道直下」「街道巡羅隊」のジャクリーン・ウェルズが主演する映画で、マイケル・L・シモンズが書卸した脚本により「街道巡羅隊」のC・C・コールマン・ジュニアが監督、同じくルシエン・バラードが撮影した。助演俳優は「新婚道中記」のアレクザンダー・ダーシー「海賊(1938)」のヒュー・サザーン、「麦秋」ノアディスン・リチャーズ、ジェイソン・ロバーズその他の面々である。

監督
C・C・コールマン・ジュニア
出演キャスト
チャールズ・ファーレル ジャクリーン・ウェルズ ヒュー・サザーン アレクサンダー・ダーシー
1937年

ある父の横顔

  • 1937年公開
  • 出演(Ann_McIntyre 役)

ハロルド・シューメイトが書き下ろした原作を、「河床の毒蛾」に協力したフレッド・ニブロ・ジュニアとグレイス・ネヴィル及び「悪魔の影」を共作したリー・ローブと、シューメイトの四人が共同脚色。欧州映画界で活躍していたジョン・ブラームが、渡米第一回作品として監督に当たる。主演は「相寄る魂」「白衣の騎士」のオットー・クルーガー、「若草物語(1933)」「空飛ぶ音楽」のダグラス・モンゴメリー、「麗人野球団」のジャクリーン・ウェルズ。共演は「結婚気象台」のナナ・ブライアント、「麗人野球団」のジーン・モーガン、マーク・ローレンス、スタンリー・フィールズ等である。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
オットー・クルーガー ダグラス・モンゴメリー ジャクリーン・ウェルズ サーストン・ホール

御夫婦円満哲学

  • 1937年公開
  • 出演(Betty 役)

「クレイグの妻」「ステラ・ダラス(1937)」のジョン・ボールズが「都会の雷鳴」のルリ・デステ及び「狂恋」「透明光線」のフランセス・ドレイクを相手に主演する映画で、エヴァリー・ストラコッシュ作の大衆小説を「奴隷船」「ガルシアの伝令」のグラディス・レーマンと「化石の森」のデルマー・デイヴスが協力脚色し、「都会の雷鳴」「ルムバ」のマリオン・ガーリングが監督し、「海の魂」「第七天国(1937)」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「ハイディ」「紅薔薇行進曲」のヘレン・ウェストリー、「新婚道中記」のアレクザンダー・ダーシー、アルバート・デッカー、フランクリン・バングボーン、ジャクリーン・ウェルズ等である。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ジョン・ボールズ ルリー・デステ フランセス・ドレイク ヘレン・ウェストリー

麗人野球団

  • 1937年公開
  • 出演(Ann_Casey 役)

「空のギャング」のチャールズ・クィグリーと「黒猫」のジャクリーン・ウェルズが主演する映画で、アルバート・デモンドが書卸し、「透明光線」「女ドラキュラ」のランバート・ヒルヤーが脚色監督したもの。助演者は「空のギャング」のリタ・ヘイワース、パトリシア・ファー、ジョージ・マッケイ、ジーン・モーガン等で、撮影は「世紀の逃亡者」のルシエン・バラードの担当。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ジャクリーン・ウェルズ チャールズ・クィグリー リタ・ヘイワース ジョン・ガローデット
1936年

極楽浪人天国

  • 1936年公開
  • 出演(Princess_Arline(sa an Adult) 役)

「極楽槍騎兵」「玩具の国」と同じくスタン・ローレルとオリヴァー・ハーディー組が主演する映画で、マイケル・ウィリアム・ボルフ作の喜劇から「極楽槍騎兵」のジェームズ・W・ホーンと「玩具の国」のチャールズ・バディー・ロジャースが共同監督に当たり、「極楽槍騎兵」「玩具の国」のアート・ロイドがフランシス・コービーと共同撮影している。助演者は「征空重爆撃」のアントニオ・モレノ「黒猫」のジャクリン・ウォルズ、「極楽槍騎兵」のジェームズ・フィンレイソン、メイ・ブッシュ等である。

監督
ジェームズ・W・ホーン チャールズ・バディー・ロジャース
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー アントニオ・モレノ ジャクリーン・ウェルズ
1935年

コロナアド

  • 1935年公開
  • 出演(Barbara_Forrest 役)

「薔薇はなぜ紅い」「学生怪死事件」に端役を勤めた新人ジョニー・ダウンスが主役を演じる映画で、新進ベティー・バーゲス、「めりけん音頭」「迷優ナポレオン」のジャック・ヘイリーが共演する。監督は「珍芸騒動」「南瓜大当たり」のノーマン・Z・マクロードで、原作はドン・ハートマンとブライアン・フッカーの共作、脚色はハートマンと「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーとが協力した。助演の面々は、「恋と胃袋」のレオン・エロール「東への道」のアンディー・ディヴァイン、「歓呼の夜」のアリス・ホワイト、「オペラ・ハット」のジェームズン・トーマスおよびエディー・デューチンと彼の管弦団である。撮影は「珍芸騒動」のギルバート・ウォーレントンンの担任。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ジョニー・ダウンス バティー・バーゲス ジャック・ヘイリー アンディ・デヴァイン
1934年

黒猫

  • 1934年9月13日公開
  • 出演(Joan_Alison 役)

「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフと「モルグ街の殺人」「恐怖の夜」のベラ・ルゴシが共演する怪奇劇で、美術監督から昇進したエドガー・G・ウルマーが第1回作品として監督にあたった者である。エドガー・アラン・ポーの名作からヒントを得て監督者ウルマーがピーター・ルーリックと共同して書き下ろした脚本であるから原作とは甚だ相違がある。助演者は「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「国境隊」のジャクソン・ウェルズ、「土曜日の大観衆」のルシル・ランド、「最後の一人まで(1933)」のエゴン・ブレッチャー、「戦線の嵐」のハリー・コーディング等で、撮影は「摩天楼の悲劇」のジョン・J・メスコールが担当している。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
ボリス・カーロフ ベラ・ルゴシ デイヴィッド・マナース ジャクリーン・ウェルズ
1933年

ヒョットコ夫妻

  • 1933年公開
  • 出演(Mary_Sheridan 役)

「百万円貰ったら」で夫婦役を勤めたW・C・フィールズとアリソン・スキップワースが主演する喜劇で、パ社脚本部に籍を置いているフランシス・マーティンが処女監督作品としてものした映画である。原作はルパート・ヒューズが書き下ろし、「彼女の用心棒」を脚色したウォルター・デレオンと共同して脚色にあたった。助演者は「坊やはお休み」のベビィ・レロイを始め「渦巻く妖術」のクリフォード・ジョーンズ、「犯罪都市(1931)」のクラレンス・ウィルソン、「ママはパパが好き」のジョージ・バービア、ジャクリーン・ウェルズ、バートン・マクレーン等でカメラは「最後の一人まで(1933)」「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担当している。

監督
フランシス・マーティン
出演キャスト
W・C・フィールズ アリソン・スキップワース ベビー・ルロイ ジャクリーン・ウェルズ
1925年

自動車恋愛

  • 1925年公開
  • 出演(Jeanette_Comet 役)

エドナ・フェーバー女史の原作に基づきジューン・メイシス女史が脚色し、「夜の馬鹿」「灯消えぬ」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「恋の荒野」「自由結婚」等主演のコリーヌ・グリフィス嬢で対手役は「ダルシー」「騒擾の巷」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、ワード・クレーン氏を始め、ジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏、エディス・チャプマン嬢等が助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
コリーヌ・グリフィス ジャック・マルホール ワード・クレーン キャロル・ナイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャクリーン・ウェルズ