TOP > 映画監督・俳優を探す > エリカ・レンベルグ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1964年 まで合計4映画作品)

1964年

港の売春街

  • 1964年12月8日(火)
  • 出演(Wanda 役)

ドナルド・フォードと、デレク・フォードの脚本をロバート・ハートフォード・デイヴィスが製作・演出した風俗ドラマ。撮影は「性の敵」のピーター・ニューブルック、音楽はロバート・リチャードが担当した。出演はヒーザー・シアーズ、バーナード・リー、コリン・キャンベル、ジョン・ボニー、フランシスカ・アニスほか。

監督
ロバート・ハートフォード・デイヴィス
出演キャスト
ヒーザー・シアーズ バーナード・リー エリカ・レンベルグ ジョン・ボニー
1961年

殺人鬼登場

  • 1961年2月25日(土)
  • 出演(Elissa 役)

サーカスを舞台に、性格異常の整形外科医を主人公にした怪奇ドラマである。新人ジョージ・バクストの書きおろしシナリオによって編集者出身でこの作品が三本目の監督作品にあたるシドニー・ヘイヤーズが演出を担当した。サーカス場面は英国一流のビリー・スマート・サーカスで撮影されキャメラを受けもったのはダグラス・スローカム。音楽をフランス・ライゼンステインとミューア・マシーソンが書いている。主題歌「星を求めて」をマーク・アンソニーが作曲し、ゲイリー・ミルスが歌っている。出演するのは「嵐の中の青春」のアントン・ディフリング、「恋人たちの森」のエリカ・レンベルグ、「ナポリ湾」のイヴォンヌ・モンロア、ジェーン・ヒルトンなど。製作はジュリアン・ウィントルとレスリー・パーキンの共同。

監督
シドニー・ヘイヤーズ
出演キャスト
アントン・ディフリング エリカ・レンベルグ イヴォンヌ・モンロア ジェーン・ヒルトン

恋人たちの森

  • 1961年3月9日(木)
  • 出演(Herta 役)

フランスの劇作家フランソワ・ド・キュレールの戯曲『非情の地』(23)の映画化。脚色は「空と海の間に」のジャック・レミー、作家のルネ・アルディの共同。(台詞は劇作家のアルベール・ユッソン)「青い女馬」のクロード・オータン・ララが監督した。撮影はジャック・ナトー、音楽はルネ・クロエレック。出演は「狂った夜」のローラン・テルズィエフ、新人エリカ・レンベルグのほか、フランソワーズ・ロゼー、ゲルト・フレーベ、ホルスト・フランクら。製作レイ・ヴァンチュラ。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ローラン・テルズィエフ エリカ・レンベルグ フランソワーズ・ロゼー ホルスト・フランク
1958年

オーロラの彼方に

  • 1958年
  • 出演(Laila 役)

秘境ラップランドにくり展げられる愛の物語。監督は日本では初めてのロルフ・フスベルク、J・A・フリースの原作を脚色したのはアドルフ・シュッツとロルフ・フスベルク。撮影はカール・ベルティル・ビクトルソン、音楽は「天使なんかあるものか」のラルス・エリク・ラルソンが担当。製作はロルフ・フスベルク。出演は「アフリカの星」のヨアヒム・ハンセン、「殺人鬼登場」のエリカ・レンベルグ、その他スウェーデン映画界から、ビルイェル・マルムステーン、エドウィン・アドルフソンが参加。

監督
ロルフ・フスベルク
出演キャスト
エリカ・レンベルグ ヨアヒム・ハンセン ビルイェル・マルムステーン エドウィン・アドルフソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エリカ・レンベルグ

ムービーウォーカー 上へ戻る