映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ハイド

年代別 映画作品( 1978年 ~ 1994年 まで合計9映画作品)

1994年

白銀に燃えて

  • 1994年6月11日(土)公開
  • 監督

厳寒のカナダと北部を舞台に、犬ぞりによる過酷なクロスカントリー・レースに挑戦した少年と犬たちの姿を、実話に基づいて描いた感動作。実際に真冬のミネソタ州にロケーション撮影を敢行し、大自然の中で繰り広げられる、ダイナミックな映像が大きな魅力となっている。また、ディズニー映画の伝統にのっとり(ウォルト・ディズニー自身が熱狂的な鉄道マニアだった)、懐かしの蒸気機関車の姿がふんだんにカメラに収められている。アルフレッド・ヒッチコック監督との名コンビで「裏窓」「泥棒成金」「知りすぎていた男」などを手掛けたジョン・マイケル・ヘイズが、ビング・クロスビーらに依頼されて71年に書いたオリジナル脚本に、「暴走機関車」のドルジェ・ミリセヴィックと「めぐり逢えたら」のジェフ・アーチが手を入れて完成させた。監督はTV界で活躍し、これが初の劇場用映画となるチャールズ・ハイドが当たった。製作は「愛は静けさの中に」「月の輝く夜に」のパトリック・パーマーと、ロバート・シュワルツの共同。撮影はウィリアム・ウェイジス、音楽はジョエル・マクニーリーが担当。主演は俳優ジョン・アスティンの実弟、マッケンジー・アスティン。共演は「隣人」「摩天楼を夢みて」のケヴィン・スペイシー、「M★A★S★H(マッシュ)」のデイヴィッド・オグデン・スティアーズ、「ルームメイト」のジョージ・ガーデスら。

監督
チャールズ・ハイド
出演キャスト
マッケンジー・アスティン ケヴィン・スペイシー デイヴィッド・オグデン・スティアーズ オーガスト・シェレンバーグ
1992年

ストーリービル 秘められた街

  • 1992年11月21日(土)公開
  • 出演(Abe_Choate 役)

ニューオリンズを舞台に、殺人事件に巻き込まれた名門出の青年の姿を描く。監督・脚本はTVシリーズ「ツイン・ピークス」のマーク・フロスト。本作が劇場用映画第1作となる。製作は、エドワード・R・プレスマンと、デイヴィッド・ロウ、撮影はロン・ガルシア、編集はB・J・シアーズ、衣裳はルイーズ・フログレイ、音楽はカーター・バーウェルがそれぞれ担当。

監督
マーク・フロスト
出演キャスト
ジェームズ・スペイダー ジョアン・ウォーリー・キルマー ジェイソン・ロバーズ シャーロット・ルイス
1990年

ミディアン

  • 1990年5月19日(土)公開
  • 出演(Eigerman 役)

禁断の秘密都市“ミディアン”に足を踏み入れた青年が直面する恐怖を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロス、製作はガブリエラ・マーティネリ。クライヴ・バーカーの原作『死都伝説』を、自ら監督・脚本。撮影はロビン・ヴィジョン、音楽はダニー・エルフマンが担当。出演はクレイグ・シェーファー。デイヴィッド・クローネンバーグほか。

監督
クライヴ・バーカー
出演キャスト
クレイグ・シェファー アン・ボビー デイヴィッド・クローネンバーグ チャールズ・ハイド
1988年

ザ・コップ

  • 1988年12月24日(土)公開
  • 出演(Whitey_Haines 役)

犯罪の底辺を探り、圧力に屈せず犯人を挙げるある警察官の執念の捜査を描く。エグゼクティブ・プロデューサーはトーマス・コールマンとマイケル・ローゼンブラット、ジェームズ・エルロイの小説『血ぬられた月』の映画化で製作・監督・脚本はジェームズ・B・ハリス、共同製作・主演は「サルバドル 遥かなる日々」のジェームズ・ウッズ、撮影はスティーヴ・デュービン、音楽はミシェル・コロンビエが担当。出演はほかにレスリー・アン・ウォーレン、チャールズ・ダーニングら。

監督
ジェームズ・B・ハリス
出演キャスト
ジェームズ・ウッズ レスリー・アン・ウォーレン チャールズ・ダーニング チャールズ・ハイド

スクエアダンス

  • 1988年1月9日(土)公開
  • 製作総指揮

多感な10代の少女の悩みを通じて家族の絆を描く。製作・監督はダニエル・ペトリー、エグゼクティブ・プロデューサーはチャールズ・ハイドとジェーン・アレクサンダー、原作・脚本はアラン・ハインズ、撮影はヤセク・ラスカス、音楽はブルース・ブロートン、編集はブルース・グリーン、美術はジャン・スコットが担当。出演はウィノーナ・ライダー、ロブ・ロウほか。

監督
ダニエル・ペトリー
出演キャスト
ウィノナ・ライダー ロブ・ロウ ジェイソン・ロバーズ ジェーン・アレキサンダー
1981年

アルタード・ステーツ 未知への挑戦

  • 1981年4月25日(土)公開
  • 出演(Mason_Parrish 役)

1人の若い精神心理学者が自ら実験台となり、人類の記憶の世界をたどって生命誕生の根源を探ろうと試みる姿を描くSF映画。製作総指揮はダニエル・メルニック、製作はハワード・ゴットフリード、監督は「バレンチノ」のケン・ラッセル。パディ・チャイエフスキーの原作を基にシドニー・アーロンが脚色。撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はジョン・コリグリアーノ、編集はエリック・ジェンキンスが各々担当。出演はウィリアム・ハート、ブレア・ブラウン、ボブ・バラバン、チャールズ・ハイド、ティオ・ペングリス、ミゲル・ゴッドローなど。

監督
ケン・ラッセル
出演キャスト
ウィリアム・ハート ブレア・ブラウン ボブ・バラバン チャールズ・ハイド
1979年

続・ある愛の詩

  • 1979年8月25日(土)公開
  • 出演(Simpson 役)

前作で、最愛の女性を・失なったオリバーが、絶望の淵から甦えり、新たに自分の人生を見出す姿を描く。製作はデイヴィッド・V・ピッカー、監督は「愛のファミリー」のジョン・コーティ。エリック・シーガルの原作を基に彼とジョン・コーティが脚色。撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はリー・ホールドリッジが各々担当。出演はライアン・オニール、キャンディス・バーゲン、ニコラ・パジェット、エドワード・ビンズ、ベンソン・フォン、チャールズ・ハイド、ケネス・マクミラン、レイ・ミランドなど。日本語版監修は金田文夫。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1978年作品。

監督
ジョン・コーティ
出演キャスト
ライアン・オニール キャンディス・バーゲン ニコラ・パジェット エドワード・ビンズ
1978年

ドッグ・ソルジャー(1978)

  • 1978年11月23日(木)公開
  • 出演(Eddie_Peace 役)

70年代初頭のベトナム戦争泥沼化をバックに、麻薬ルートに身を挺した戦争屋の行動を通して麻薬汚染層(ドラッグ・ピープル)の実態を描く。製作はハーブ・ジャフェとガブリエル・カッカ、監督は「熱い賭け」のカレル・ライス。ロバート・ストーンの原作を彼とジュディス・ラスコーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽は「サウス・ダコタの戦い」のローレンス・ローゼンタール、編集はジョン・ブルーム、製作デザインはデール・ヘネシーが各々担当。出演は「ザ・ディープ」のニック・ノルディ、「ミスター・グッドバーを探して」のチューズディ・ウェルド、マイケル・モリアーティ、アンソニー・ザーブ、リチャード・メイサー、レイ・シャーキー、ドイル・ストリックランド、チャールズ・ハイド、デイヴィッド・オパトシュ、ジョアキン・マルティネスなど。

監督
カレル・ライス
出演キャスト
ニック・ノルティ チューズデイ・ウェルド マイケル・モリアーティ アンソニー・ザーブ

クワイヤボーイズ

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 出演(Sgt._Nick_Yanov. 役)

みずから『クワイヤボーイズ』(少年聖歌隊)と称するロサンゼルスの警官たちがくりひろげる破天荒な行動を描いたジョセフ・ウォンボーのベストセラー小説(早川書房刊)の映画化。製作総指揮はマーク・デーモンとピエトロ&マリオ・ブレグニ、製作はマーヴ・アデルソンとリー・リッチ、監督は「合衆国最後の日」のロバート・アルドリッチ、脚色はクリストファー・ノッフ、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はフランク・デヴォール、編集はモーリー・ワイントローブ、ウィリアム・マーティン、アーヴィング・ローゼンブラムが各々担当。出演はチャールズ・ダーニング、ペリー・キング、ドン・ストラウド、ティム・マッキンタイアー、ランディー・クエッド、ジェームズ・ウッズ、スティーブン・マクト、チャック・サッチ、ルイス・ゴセット・ジュニア、クライド・クサツ、バート・ヤング、ロバート・ウェーバなど。

監督
ロバート・アルドリッチ
出演キャスト
チャールズ・ダーニング ルイス・ゴセット・ジュニア ペリー・キング クライド・クサツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ハイド