映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・レニー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1946年 まで合計11映画作品)

1946年

情熱の航路

  • 1946年8月
  • 出演(Frank_Mcintyre 役)

「ステラ・ダラス(1925)」の原作者オリーヴ・ヒギンス・プラウティの小説から「海賊ブラッド」「流行の女王」その他ワーナー・ブラザース脚本陣にあって活躍しているケイシー・ロビンソンが脚色し、「姉妹」その他同社の台詞監督だったアーヴィング・ラパーが演出に転じて監督に当たっている。撮影は古くから同じくワーナー・ブラザースにあって活躍しているソル・ポリート、プロデューサーは「ラインの監視」と同様ハル・B・ウォリスである。主演は「ラインの監視」のベティ・デイヴィスと「カサブランカ」のポール・ヘンリード。これに「カサブランカ」「幽霊ニューヨークを歩く」のクロオレインズ、「噫初恋」「この三人」等のボニタ・グランヴィル、「淑女と拳骨」に出演した作者兼講演家兼女優のイルカ・チェイス、英国劇壇に著名な女優グラディス・クーパー、「ラインの監視」の新進子役ジアニス・ウイルスンが助演するほか、ジョン・ローダー、リイ・パトリック、フランクリン・パングボーンその他が出演している。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ポール・ヘンリード クロード・レインズ ボニタ・グランヴィル
1931年

禁断の華

  • 1931年
  • 出演(Dick_Ives 役)

「壁の中の声」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、エディス・フィッツジェラルド及びロバート・E・ホプキンス両人の合作になるストーリーから「激流恋をのせて」「ハリウッド盛衰記」のハーヴェイ・シュウが脚色し「悪魔スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のアーチー・L・メイヨがメガフォンをとり、「海の巨人(1930)」「氷原の彼方」のロバート・カールが撮影を担任した。助演者は「狼火」のジェームズ・レニー、「近代エロ双紙」のジョーン・ブロンデル、チャールズ・バターウォーズ、「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、ナタリー・ムーアヘッド等々。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジェームズ・レニー チャールズ・バターウォース ジョーン・ブロンデル
1930年

狼火

  • 1930年
  • 出演(David_Howard 役)

「棘の園」「暁の偵察」に次ぐリチャード・バーセルメス主演映画で、レニアー及びヴァージニア・スティーヴ・バートレット合作の小説を「棘の園」「愛の曳綱」と同じくブラッドリー・キングが脚色し、フランク・ロイドが監督した。助演者は「摩天楼の巨人」「その前夜」のメアリー・アスター、「クラック将軍」「特種記事」のマリアン・ニクソン、数年ぶりで映画出演するジェームズ・レニー、「西部の星影(1930)」のフレッド・コーラー、ロバート・エディソン、バーバラ・ベッドフォード、アーサー・ストーン等である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジェームズ・レニー メアリー・アスター マリアン・ニクソン

峻峰の争闘

  • 1930年
  • 出演(Dick_Johnson 役)

ニューヨークの演出家として有名なデイヴィッド・ベラスコ原作の舞台劇を「恋の花園」「摩天楼の巨人」のウォルデマー・ヤングが脚色し台詞を書き「恋の花園」「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロンが監督したもので出演者は舞台でその名を知られたアン・ハーディングをはじめとし「狼火」のジェームズ・レニー、ハリー・バニスター、ベン・ヘンドリックス・ジュニア「我が心の歌(1930)」のファーレル・マクドナルド、「黄金の世界へ」のジョージ・クーパー、ジョニー・ウォーカー、リチャード・カーライル、アーサー・ストーン、アーサー・ハウスマン、等の面々である。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
アン・ハーディング ジェームズ・レニー ハリー・バニスター ベン・ヘンドリックス・ジュニア
1924年

アルゼンチン情話

  • 1924年
  • 出演(Philip_Sears 役)

ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス原作の小説をジョン・ラッセルが脚本化し、ジェラルド・C・ダフィーが脚色したものを「兵営に咲く花」「焔の女」等と同じくアラン・ドワンが監督。主役は「天国の罪人」「戦友の妻」のビービー・ダニエルスで、「焔の女」のリカルド・コルテスと「琴線の響」のジェームズ・レニーが助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ジェームズ・レニー Mario Majeroni
1923年

滅亡への道

  • 1923年
  • 出演(Lloyd_Maitland 役)

1923年に出版されたアーサー・トレイン氏原作の小説に基づき、「放埒娘」「8度目の妻」等と同じくモント・M・カッタージョン氏の脚色、サム・ウッド氏の監督で作られたもので、主役は「激闘の天地」「刺激を追う女」等主演のビービー・ダニエルス嬢、新進の花形ドロシー・マッケール嬢、ジーグフェルド・フォーリスから映画界に入ったばかりのメアリー・イートン嬢の3人で、相手役にはドロシー・ギッシュ嬢の夫君ジェームズ・フォーセット氏、ヘール・ハミルトン氏、マーロン・ハミルトン氏等の腕利きが出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ドロシー・マッケール ジェームズ・レニー ジョージ・フォーセット

琴線の響

  • 1923年
  • 出演(Jimmie_Harrison 役)

カーティス・ベントン氏の原作を「激浪の一船」「イソベル」等と同じくエドウィン・カリュー氏が監督したもので氏の第一回ファースト・ナショナル映画である。主役はドロシー・ギッシュ嬢の御亭主ジェームズ・レニー氏と「女性の悩み」「人の世の姿」等出演のドロシー・マッケール嬢である。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ジェームズ・レニー サム・ハーディ アンダース・ランドルフ ドロシー・マッケール
1922年

塵中の花

  • 1922年
  • 出演(Rashley_Allerton 役)

ベイジル・キング氏の小説からチャールズ・ケニヨン氏が脚色し、「盲目の愛」「人生の闘争」等同様ローランド・V・リー氏が監督したゴールドウィン映画で、主役は「背中を掻いて頂戴」で喜ばして呉れたヘレン・チャドウィック嬢である。相手役はジェームズ・レニー氏。其他「マイ・ボーイ」「小公子」等で最近妙腕を見せたクロード・ギリングウォーター氏や、「妻を疑うなかれ」等のエドワード・ピール氏等が共演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ジェームズ・レニー クロード・ギリングウォーター Mona Kingsley
1921年

星の屑

  • 1921年
  • 出演(Thomas_Clemens 役)

『ユーモレスク』『血涙に咽ぶ人々』等と同じくファニー・ハーストの原作で、「生の炎」「危険なる処女時代」等を監督したホバート・ヘンリーの監督になり、主役はホープ・ハンプトンで、対手にはドロシー・ギッシュの御亭で「亭主改造」にも出たジェームズ・レニーが出演する。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
Edna Ross ホープ・ハンプトン Thomas Maguire メアリー・フォイ
1920年

亭主改造

  • 1920年
  • 出演(Jack_Valentine 役)

ドロシー・エリザベス・カーターの原作および脚色を、悲劇女優として有名なリリアン・ギッシュが監督し、その妹で「鉄火のネル」「感化院の娘」「ブーツ」そのほかの独得の喜劇に好評を博したドロシー・ギッシュが主演する。相手は舞台から映画に入ったばかりのジェームズ・レニーである。

監督
リリアン・ギッシュ
出演キャスト
ドロシー・ギッシュ ジェームズ・レニー マリー・バーク Downing Clarke
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・レニー