映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・ケリン

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1981年 まで合計12映画作品)

1981年

恋のジーンズ大作戦 巨人の女に手を出すな

  • 1981年12月19日(土)公開
  • 出演(Sam 役)

家の事情で突然ファッション界に転職することになった若い大学教授の恋とそれをめぐる騒動を描くラブコメディ。製作はマイケル・ロベル、監督、脚本はアンドリュー・バーグマン、撮影はジェームズ・A・コントナー、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はアラン・ハイム、美術はポール・イーズが各々担当。出演はライアン・オニール、ジャック・ウォーデン、マリアンジェラ・メラート、リチャード・キールなど。

監督
アンドリュー・バーグマン
出演キャスト
ライアン・オニール ジャック・ウォーデン マリアンジェラ・メラート リチャード・キール
1978年

ミッドナイト・エクスプレス

  • 1978年10月21日(土)公開
  • 出演(Mr._Hayes 役)

緊迫した国際情勢の中で、祖国からも見放され、異国の独房で絶望的な日々を送ることになる青年が、遂には脱獄を遂行するまでを実話を基に描く。製作総指揮は「ザ・ディープ」のピーター・グーバー、製作は「ダウンタウン物語」のデイビッド・パットナムとアラン・マーシャル、監督は「ダウンタウン物語」でトリオを組んだアラン・パーカー。ビリー・ヘイズの体験を基にした彼とウィリアム・ホッファーの原作をオリバー・ストーンが脚色。撮影はマイケル・セラシン、音楽はジオルジオ・モロデール、編集はジェリー・ハムブリング、美術はエバン・ハーキュレス、衣裳はミレナ・カノネロ、製作デザインはジョフリー・カークランドが各々担当。出演はTV「ルーツ」の新人ブラッド・デイビス、ランディ・クェイド、ボー・ホプキンス、ジョン・ハート、ポール・スミス、マイク・ケリン、ノーバート・ワイザー、アイリーン・ミラクル、パオロ・ボナチェック、マイケル・エンサイン、フランコ・ディオジェーネなど。

監督
アラン・パーカー
出演キャスト
ブラッド・デイヴィス ランディ・クエイド ボー・ホプキンス ジョン・ハート
1976年

グリニッチ・ビレッジの青春

  • 1976年6月26日(土)公開
  • 出演(Pop 役)

グリニッチ・ビレッジを根城に演劇、文学などを志す青年たちの喜怒哀楽を描く青春映画。製作はポール・マザースキーとトニー・レイ、監督・脚本は「ハリーとトント」のポール・マザースキー、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はビル・コンティ、編集はリチャード・ハルシー、衣裳デザインはアルバート・ウォルスキーが各々担当。出演はレニー・ベイカー、シェリー・ウィンタース、エレン・グリーン、ロイス・スミス、クリストファー・ウォーケン、ドリ・ブレナー、アントニオ・ファージス、ルー・ジャコビ、マイク・ケリンなど。

監督
ポール・マザースキー
出演キャスト
レニー・ベイカー シェリー・ウィンタース エレン・グリーン ロイス・スミス
1974年

フリービーとビーン 大乱戦

  • 1974年12月21日(土)公開
  • 出演(Lt.Rosen 役)

サンフランシスコを舞台に、ズッコケ刑事二人組の活躍を描くアクション・コメディ。製作総指揮はフロイド・マトラックス、製作・監督は「…you…」のリチャード・ラッシュ、脚色はロバート・カウフマン、原作はフロイド・マトラックス、撮影はラズロ・コバックス、音楽はドミニク・フロンティア、編集フレドリック・スタインカンプなど。出演アラン・アーキン、ジェームズ・カーン、ロレッタ・スイット、ジャック・クラシェン、マイク・ケリン、リンダ・マーシュ、バレリー・ハーバーなど。

監督
リチャード・ラッシュ
出演キャスト
アラン・アーキン ジェームズ・カーン ロレッタ・スイット ジャック・クラシェン
1970年

暴動

  • 1970年2月7日(土)公開
  • 出演(Bugsy 役)

州立刑務所内に起った暴動を描くアクション編。監督はテレビ界出身のバズ・クリーク。フランク・エッリの原作を「野のユリ」のジェームズ・ポーが脚色。撮影は、ロバート・ハウザー、音楽は「ローズマリーの赤ちゃん」のクリストファー・コメダ、美術はポール・シルバート、編集をエドウィン・H・ブライアントが担当。製作は「ローズマリーの赤ちゃん」のウィリアム・キャッスル、ドナ・ホロウェイ。出演は「」のジム・ブラウン、「俺たちに明日はない」のジーン・ハックマン。その他、マイク・ケリン、ベン・カラザース、ジェラルド・オローリン、ビル・ウォーカー、それに実際の刑務所長のフランク・アイマンなど。テクニカラー、ビスタサイズ。1968年作品。

監督
バズ・クリーク
出演キャスト
ジム・ブラウン ジーン・ハックマン ベン・カラザース マイク・ケリン
1968年

絞殺魔

  • 1968年12月17日(火)公開
  • 出演(Julian_Soshnick 役)

ジェロルド・フランクのノンフィクション「ボストンの絞殺魔」を「ベケット」のエドワード・アンハルトが脚色、「ドリトル先生不思議な旅」のリチャード・フライシャーが監督した。撮影は「キャメロット」のリチャード・H・クラインが担当し、音楽は使われていない。出演は「おれの女に手を出すな」のトニー・カーティス、「合併結婚」のヘンリー・フォンダ、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディほか。製作は演劇人で映画はこれが初めてのロバート・フライア。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
トニー・カーティス ヘンリー・フォンダ ジョージ・ケネディ マイク・ケリン

ある戦慄

  • 1968年5月25日(土)公開
  • 出演(Harry_Purvis 役)

ニコラス・E・ベアの脚本を「わかれ道(1963)」のラリー・ピアースが監督した異色サスペンス。ニューヨーク・ロケを行い、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はテリー・ナイトが担当した。出演は舞台・TVで活躍している新人トニー・ムサンテ、舞台出身でTV『ルート66』のマーティン・シーン、同じく舞台出身でTV『コンバット』のボー・ブリッジス、同じくTVのロバート・バナード、エド・マクマホン、舞台出身でTV『ルート66』のダイアナ・ヴァン・ダー・プリス、新人ドナ・ミルズとTVのビクター・アーノルド、「ローマで起った奇妙な出来事」のジャック・ギルフォードと、「足ながおじさん」のセルマ・リッター、TV『コンバット』『ローハイド』のマイク・ケリンと「金魚鉢の中の恋」のジャン・スターリング、「結婚泥棒」のゲイリー・メリルと新人ロバート・フィールド、「野良犬の罠」のブロック・ピーターズ、舞台・TVで活躍しているルビー・ディーほか。製作は新人モンロー・サクソンとエドワード・メドー。

監督
ラリー・ピアース
出演キャスト
トニー・ムサンテ マーティン・シーン ボー・ブリッジス ロバート・バナード
1967年

夜の誘惑(1967)

  • 1967年当年公開
  • 出演(Kalielle 役)

ハミルトン・モールスのストーリーをジェームズ・リーが脚色、TV界のロン・ウィンストンが監督した作品で、プロ・ゴルファーの世界を描いたもの。撮影はロイヤル・グリグス、音楽は「冷血」のクインシー・ジョーンズが担当した。出演は「動く標的」のロバート・ワグナー、「ラブド・ワン」のアンジャネット・カマー、「トニー・ローム殺しの追跡」ジル・セント・ジョン、「ボー・ジェスト(1966)」のガイ・ストックウェルほか。製作はディック・バーグ。

監督
ロン・ウィンストン
出演キャスト
ロバート・ワグナー アンジャネット・カマー ジル・セント・ジョン ガイ・ストックウェル
1965年

ガンファイトへの招待

  • 1965年2月11日(木)公開
  • 出演(Tom 役)

ハル・グッドマン、ラリー・クレキンの共同原作、アルビン・サピンスレイの翻案から、「街中の拳銃に狙われる男」のリチャード・ウィルソンが、夫人のエリザベス・ウィルソンと共同で脚色監督した西部劇。撮影はジョー・マクドナルド、音楽はデイヴィッド・ラクシンが担当した。出演は「荒野の七人」のユル・ブリンナー、「史上最大の作戦」のジョージ・シーガル、ジャニス・ルール、「荒野の七人」のブラッド・デクスターほか。

監督
リチャード・ウィルソン
出演キャスト
ユル・ブリンナー ジャニス・ルール ブラッド・デクスター アルフレッド・ライダー
1964年

底抜け右向け!左

  • 1964年6月27日(土)公開
  • 出演(Sgt.McVey 役)

ジェームズ・B・アラダイスの原作をフレッド・F・フィンクルホフが脚色・製作、「底抜け艦隊」のハル・ウォーカーが演出した軍隊喜劇。撮影はスチュアート・トンプソン、音楽はジョセフ・J・リリーが担当した。出演は「底抜けオットあぶない」のジェリー・ルイス、「テキサスの四人」のディーン・マーティン、「女房は生きていた」のポリー・バーゲン、「突撃隊」のマイク・カラン、ほかにジーン・ルース、アンジェラ・グリーンなど。

監督
ハル・ウォーカー
出演キャスト
ディーン・マーティン ジェリー・ルイス マイク・ケリン Jimmy Dundee
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・ケリン