映画-Movie Walker > 人物を探す > アンリ=ジャック・ユエ

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1968年 まで合計4映画作品)

1968年

小さな兵隊

  • 1968年12月31日公開
  • 出演(Jacques 役)

ジャン・リュック・ゴダールの監督・脚本・台詞になるアルジェリア戦争時代の青春を描いたもので、「勝手にしやがれ」に次ぐ彼の長篇第二作。撮影はヌーヴェル・ヴァーグ派の名手ラウール・クタール、音楽はモーリス・ルルーが担当した。出演は、これが第一作だったアンナ・カリーナ。演劇畑より、この作品で初めて映画に主演し、その後「何がなんでも首ったけ」で人気を得たミシェル・シュボール。ほかに吉田喜重監督の「さらば夏の光」にも顔をみせているポール・ボーベなど。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
ミシェル・シュボール アンナ・カリーナ Henri Jacques Huet ポール・ボーベ
1964年

O・S・S・117

  • 1964年12月5日公開
  • 出演(Renotte 役)

ジャン・ブリュースの原作『O・S・S・117コルシカに行く』をアンドレ・ユヌベル、ピエール・フーコー、レイモン・ボレル、リシャール・カロン、パトリス・ロンダールが共同で脚色、「城塞の決斗」のアンドレ・ユヌベルが演出したアクション・ドラマ。撮影はダニエル・ディオ、音楽は「地下室のメロディー」のミシェル・マーニュが担当した。出演は「惨殺!」のカーウィン・マシューズ、「史上最大の作戦」のイリーナ・デミック、ほかにナディア・サンデル、ジャック・アルダンなど。製作はポール・カデアック。黒白・メトロスコープ、一九六四年作品。

監督
アンドレ・ユヌベル
出演キャスト
カーウィン・マシューズ ナディア・サンデル イリーナ・デミック Henri Jacques Huet
1960年

勝手にしやがれ(1959)

  • 1960年3月26日公開
  • 出演(Antonio Berrutti 役)

「大人は判ってくれない」のフランソワ・トリュフォーのオリジナル・シナリオを映画評論家出身のジャン・リュック・ゴダールが監督し、「いとこ同志」のクロード・シャブロルが監修した。撮影はラウール・クタール、音楽をマルシャル・ソラールが担当。出演は「悲しみよこんにちは」のジーン・セバーグ、「危険な曲り角」のジャン・ポール・ベルモンド。製作ジョルジュ・ド・ボールガール。日本初公開1960年3月26日(配給:新外映)。デジタルリマスター版2016年7月23日公開(配給:オンリー・ハーツ)。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
ジーン・セバーグ ジャン・ポール・ベルモンド ダニエル・ブーランジェ ジャン=ピエール・メルヴィル

悪銭

  • 1960年3月12日公開
  • 出演(Interpol 役)

密輸ダイヤをめぐるギャング団の争いを描いたアクションドラマ。脚本・監督は「聖バンサン」のモーリス・クロシュ。撮影はロジェ・フェルー。音楽をジャック・ダタンとジャン・ポール・マンジョンが担当。出演は「ナポレオン」のジャン・クロード・パスカル、「南十字星の下」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、他にレイモン・ルーロー、パスカル・ロベール、ロジェ・アナンら。製作リュシアン・ヴィテ。

監督
モーリス・クロシュ
出演キャスト
ジャン・クロード・パスカル エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ レイモン・ルーロー パスカル・ロベール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンリ=ジャック・ユエ