映画-Movie Walker > 人物を探す > バーバラ・ハリス

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1989年 まで合計7映画作品)

1989年

ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ

  • 1989年4月1日(土)公開
  • 出演(Fanny_Eubanks 役)

南仏コート・ダジュールを舞台に、天才サギ師2人の縄張り争いにからんだ恋のかけひきを描く。「寝室ものがたり」(64)のリメイク版で、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・ハーシュホーン、製作はバーナード・ウィリアムス、監督は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のフランク・オズ、脚本は「殺したい女」のデール・ローナーとオリジナル版ライターのスタンリー・シャピロとポール・ヘニング、撮影は「ブロードキャスト・ニュース」のミハエル・バルハウス、音楽は「ラ・バンバ」のマイルス・グッドマンが担当。出演は「大災難P・T・A」のスティーヴ・マーティン、「ハーフムーン・ストリート」のマイケル・ケイン、グレン・ヘドリーほか。

監督
フランク・オズ
出演キャスト
スティーヴ・マーティン マイケル・ケイン グレン・ヘドリー アントン・ロジャース
1985年

或る上院議員の私生活

  • 1985年5月25日(土)公開
  • 出演(Ellie 役)

若手政治家ジョー・タイナンの姿を通して、職場と家庭での男の苦悩を描く。製作はマーティン・ブレグマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはルイス・A・ストローラー、監督は「忍冬の花のように」のジェリー・シャッツバーグ、脚本は主演者でもあるアラン・アルダ、撮影はアダム・ホレンダー、音楽はビル・コンティ、編集はイヴァン・ロットマン、美術はデイヴィッド・チャップマンが担当。出演はアラン・アルダ、バーバラ・ハリスなど。日本版字幕は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

監督
ジェリー・シャッツバーグ
出演キャスト
アラン・アルダ バーバラ・ハリス メリル・ストリープ リップ・トーン
1980年

ブルックリン物語

  • 1980年1月19日(土)公開
  • 出演(Trixie_Lane 役)

ニューヨークの下町ブルックリンを舞台に、それぞれ独立した2つの愛のエピソード<ダイナマイト・パンチ><バクスター・レビュー/1933>を1つの映画にまとめて描く。製作総指揮はマーティン・スターガー、製作・監督は「ラッキー・レディ」のスタンリー・ドーネン、脚本はラリー・ゲルバートとシェルドン・ケラー、撮影はブルース・サーティーズとチャールズ・ロシャー、音楽はラルフ・バーンズ、美術はジャック・フィスク、振付は「キャバレー」のマイケル・キッドが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、トリッシュ・ヴァン・デヴァー、レッド・バトンズ、バリー・ボストウィック、アート・カーニー、イーライ・ウォラック、ハリー・ハムリン、レベッカ・ヨーク、アン・ラインキングング、バーバラ・ハリスなど。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、スタンダード。1978年作品。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
ジョージ・C・スコット トリッシュ・ヴァン・デヴァー レッド・バトンズ バリー・ボストウィック
1976年

ヒッチコックのファミリー・プロット

  • 1976年8月28日(土)公開
  • 出演(Blanche 役)

監督生活50年を迎えるアルフレッド・ヒッチコック監督の53作目の作品で、手数料目当てに資産家の遺産相続人を捜す若い男女と、ダイヤモンドを狙う誘拐犯の男女、の2組が織りなすサスペンス映画。監督は「フレンジー」のアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・リーマン、原作はビクター・カニング、撮影はレナード・J・サウス、美術はヘンリー・バムステッド、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、衣裳デザインはイーディス・ヘッド、編集はJ・テリー・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はカレン・ブラック、ブルース・ダーン、バーバラ・ハリス、ウィリアム・ディベイン、エド・ローター、キャスリーン・ネスビット、キャサリン・ヘルモンドなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
カレン・ブラック ブルース・ダーン バーバラ・ハリス ウィリアム・ディヴェイン

ナッシュビル

  • 1976年4月3日(土)公開
  • 出演(Albuquerque 役)

アメリカで最も保守的な町といわれ、一方ではカントリー&ウエスタンのメッカとして有名なテネシー州の首都ナッシュビルに集まった24人の5日間の行動を通してアメリカの素顔を描く。製作・監督は「ボウイ&キーチ」のロバート・アルトマン、脚本はジョーン・テュークスベリー、撮影はポール・ローマン、音楽編集・監修はリチャード・バスキン、編集はシド・レヴィンとデニス・ヒルが各々担当。出演はデイヴィッド・アーキン、バーバラ・バクスレイ、ネッド・ビーティ、カレン・ブラック、ロニー・ブレイクリー、ティモシー・ブラウン、キース・キャラダイン、ジェラルディン・チャップリン、ロバート・ドキ、シェリー・デュヴァル、アレン・ガーフィールド、ヘンリー・ギブソン、スコット・グレン、ジェフ・ゴールドブラム、バーバラ・ハリス、デイヴィッド・ヘイワード、マイケル・マーフィー、アラン・ニコルズ、デイヴィッド・ピール、クリスティナ・レインズ、バート・レムゼン、リリー・トムリン、グエン・ウェルズ、キーナン・ウィンなど。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
デイヴィッド・アーキン バーバラ・バクスレイ ネッド・ビーティ カレン・ブラック
1973年

おかしな関係 絶体絶命

  • 1973年3月31日(土)公開
  • 出演(Terry_Kozlenko 役)

男尊女卑を信奉するやもめ暮らしの人気漫画家が、こともあろうに子連れ女と恋に落ちる“おかしな”関係を描く。製作はダニー・アーノルド、監督はメルヴィル・シェイヴェルソン、原案・脚色はシェーベルソンとダニー・アーノルド、撮影はチャールズ・ウィーラー、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。出演はジャック・レモン、バーバラ・ハリス、ジェイソン・ロバーズ、リサ・エイルバッチャー、ライザ・ゲリツェン、ムーシー・ドライアー、ハーブ・エーデルマンなど。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ジャック・レモン バーバラ・ハリス ジェイソン・ロバーズ リサ・エイルバッチャー
1972年

おかしなホテル

  • 1972年3月4日(土)公開
  • 出演(Muriel_Tate 役)

プラザ・ホテルの一室で起こる3つのドラマからなるオムニバス。製作はハワード・W・コッチ、監督は「二人の天使」のアーサー・ヒラー。脚本はニール・サイモン、撮影はジャック・マータ、音楽はモーリス・ジャール、編集はフランク・ブラクトが各々担当。ウォルター・マッソーが3役を兼ね、彼をめぐる3人の中年女には、モーリン・スティプルトン、バーバラ・ハリス、リー・グラントが扮している。

監督
アーサー・ヒラー
出演キャスト
ウォルター・マッソー モーリン・スティプルトン バーバラ・ハリス リー・グラント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バーバラ・ハリス