TOP > 人物を探す > パウル・リヒター

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1959年 まで合計6映画作品)

1959年

幼な心

  • 1959年11月7日(土)
  • 出演(Mr. Engel 役)

チロルの有名な音楽家族エンゲル一家を登場させ、一四歳の新人クリスティーネ・カウフマンを主演させて作った愛のドラマ。ヘルマ・コスタ・プルッシャーが脚本を書き、監督はアルフレッド・レーナーがあたっている。撮影はアルフォンス・ベネシュ。音楽担当はフランク・フィリップ。他に出演するのは「題名のない映画(1948)」のハンス・ゼーンカー、ヘルタ・ファイラー、ルチー・エングリッシュ、パウル・リヒター等。映画の中で“ハイジ・ブンバイジ”“食前の歌”などの曲が演奏される。製作アルフレッド・ベネシュ。

監督
アルフレッド・レーナー
出演キャスト
ハンス・ゼーンカー ヘルタ・ファイラー クリスティーネ・カウフマン パウル・リヒター
1927年

紅涙秘帖

  • 1927年
  • 出演(Sabien 役)

「恋は甦る」と同じくグラハム・カッツ氏の監督した作品で、ノエル・カワード氏作の当り狂言を映画化したものである。主役を演ずるのは、ヴィルマ・バンキー嬢の跡を受けてロナルド・コールマン氏の相手役にと選ばれたフランス生れの女優リリー・ダミダ嬢で、「ジーグフリード」「海賊ピエトロ」出演のパウル・リヒター氏、「クリームヒルトの復讐」「化石騎士」のルドルフ・クライン・ロッゲ氏、「紅百合白百合」「蝙蝠」のハリー・リートケ氏等が相手役を務めている。(無声)

監督
グラハム・カッツ
出演キャスト
リリー・ダミダ パウル・リヒター Rosa Richards ルドルフ・クライン・ロッゲ
1926年

赤鼠

  • 1926年
  • 出演(Billy 役)

ルドルフ・マイネルト氏作の小説に基づいてエマヌエル・アルフィエリ博士が台本を書き、ルドルフ・マイネルト氏が監督製作したもので、主役は「海賊ピエトロ」「蠱惑の街」等出演のアウド・エゲデ・ニッセン嬢と「海賊ピエトロ」「ジーグフリード」等出演のパウル・リヒター氏で、チャールズ・ウィル・カイザー氏、マルガレーテ・クップァー嬢、レッセル・オルラ嬢、フリッツ・シピラ氏等が助演する。無声。

監督
ルドルフ・マイネルト
出演キャスト
アウド・エゲデ・ニッセン パウル・リヒター レッセル・オルラ チャールズ・ウィル・カイザー
1924年

海賊ピエトロ

  • 1924年
  • 出演(Pietro Vanini 役)

ウィルヘルム・ヘーゲラー氏作の小説に基き「戦く影」を監督したアルトゥール・ロビソン氏が脚色監督した伝奇談で、主役ピエトロには「ジーグフリード」「ドクトル・マブゼ」等出演のパウル・リヒター氏が扮し、相手役は「蠱惑の街」「マブゼ」等出演のアウド・エゲデ・ニッセン嬢で、「クリームヒルトの復讐」「マブゼ」等出演のルドルフ・クライン・ロッゲ氏も主要な役を演じ、その他、リディア・ポテキナ夫人、ハンス・スツルム氏等が助演する。無声。

監督
アルトゥール・ロビソン
出演キャスト
パウル・リヒター アウド・エゲデ・ニッセン ルドルフ・クライン・ロッゲ Fritz Richard

ニーベルンゲン ジークフリード

  • 1924年
  • 出演(Siegfried 役)

“ニーベルンゲン”(Die Nibelungen)の前編。ドイツ古代の伝説に基き、テア・フォン・ハルボウ女史が脚色し、女史の夫君で「ドクトル・マブゼ」等を監督したフリッツ・ラング氏が監督の任に当り、デクラ・ビオスコープ社が二年をかけて完成された大作。「ジーグフリード」の続篇である「クリームヒルトの復讐」も、同年(1925年)公開されている。「ジーグフリード」の主役は「ドクトル・マブゼ」主演のパウル・リヒター氏で、その他「カラマーゾフ兄弟」「アルゴール」出演のハンナ・ラルフ嬢や、マルガレーテ・シェーン嬢、テオドル・ロース氏等が出演している。無声。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
パウル・リヒター ゲルトルード・アルノルト マルガレーテ・シェーン ハンナ・ラルフ
1922年

ドクトル・マブゼ

  • 1922年
  • 出演(Edgar Hull 役)

1922年度に於けるドイツ映画の最大傑作として名声をほしいままにした表現派的色彩が装飾等に所々表れる映画である。しかし決して表現派映画ではない。「ベルリン絵入新聞」に掲載せられたノルベルト・ジャック氏の小説をテア・フォン・ハルボウが脚色し、名監督として定評あるフリッツ・ラング氏が監督大成したものである。主役はルドルフ・クライン・ロッゲ氏。又「カラマーゾフ兄弟」「世界に鳴る女」「沙漠の掟」主演のベルンハルト・ゲツケ氏と「白痴(1921)」主演のアルフレッド・アベル氏、その他「復讐の血」「巌頭の懺悔」のアウド・エゲデ・ニッセン嬢、「アルゴール」「夜半の晩餐」のハンス・アダルベルト・シュレットウ氏も出演する。撮影は「朝から夜中まで」のカール・ホフマン氏。深刻、凄惨、波乱、催眠術、活劇、色々な事件が織り込まれた探偵劇ともいおうか。(無声、全二篇)

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ルドルフ・クライン・ロッゲ ベルンハルト・ゲツケ アルフレッド・アベル アウド・エゲデ・ニッセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > パウル・リヒター