映画-Movie Walker > 人物を探す > フランカ・ベットーヤ

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1963年 まで合計3映画作品)

1963年

怒れ!バイキング

  • 1963年8月3日(土)
  • 出演(Patricia 役)

監督はジュゼッペ・ヴァリ、撮影は「危険なデイト」のマルコ・スカルペリ。音楽はロベルト・ニコロージが担当している。出演者は「バイキングの復讐」のアメリカ俳優キャメロン・ミッチェルが悪役に廻わり、「剣闘士の反逆」のエットレ・マンニ、「熱い手」のフランカ・ベットーヤ、それに新スター、ジュヌヴィエーヴ・グラなどが出演している。

監督
ジュゼッペ・ヴァリ
出演キャスト
エットレ・マンニ ジュヌヴィエーヴ・グラ キャメロン・ミッチェル フランカ・ベットーヤ
1960年

熱い手

  • 1960年5月17日(火)
  • 出演(Christiane 役)

八月のパリに暮す人間達が織りなす皮肉なドラマを描くもの。俳優兼脚本家として著名なジェラール・ウーリーの第一回監督作品。彼自身と「忘れえぬ慕情」のジャン・シャルル・タケラ、「今晩おひま?」のジャン・クロード・ピションが脚本を書き、ウーリーとピションが台詞を書いた。撮影はアンドレ・ビラール。出演は「今晩おひま?」のジャック・シャリエ、新人マーシャ・メリル、「わらの男」のフランカ・ベットーヤのほか、ポーレット・デュボー、アルフレ・アダンら。製作レオン・カネル。

監督
ジェラール・ウーリー
出演キャスト
ジャック・シャリエ マーシャ・メリル フランカ・ベットーヤ ポーレット・デュボー
1959年

わらの男

  • 1959年11月3日(火)
  • 出演(Rita 役)

「街は自衛する」「鉄道員」のピエトロ・ジェルミ監督作。三人家族のある機械熟練工の生活をめぐって、妻子の留守中に起った夫と別の女との関係を中心に、現代イタリア小市民家庭の物語が描かれる。ピエトロ・ジェルミとアルフレード・ジャンネッティの共同になる原案を、ピエトロ・ジェルミ、アルフレード・ジャンネッティ、レオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディの四人が共同で脚本化している。撮影は「鉄道員」のレオニダ・バルボーニ。音楽をカルロ・ルスティケリが担当している。出演者は「鉄道員」のキャスト、ピエトロ・ジェルミ自身をはじめ、ルイザ・デラ・ノーチェ、エドアルド・ネヴォラ少年、サーロ・ウルツィ等。それに新しくフランカ・ベットーヤが主要な役を演じて登場する。製作フランコ・クリスタルディ。

監督
ピエトロ・ジェルミ
出演キャスト
ピエトロ・ジェルミ ルイザ・デラ・ノーチェ フランカ・ベットーヤ エドアルド・ネヴォラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランカ・ベットーヤ