TOP > 映画監督・俳優を探す > ヴィクトリア・ショウ

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1973年 まで合計4映画作品)

1973年

ウエストワールド

  • 1973年12月15日(土)
  • 出演(Medieval_Queen 役)

“デロス”と名づけられた未来のレジャーランドで起きたロボットの叛乱を描くSF映画。製作はポール・N・ラザラス三世、監督・脚本は作家でこれが監督第一作になるマイクル・クライトン。撮影はジーン・ポリト、音楽はブレッド・カーリン、編集はデビッド・ブレザートンが各々担当。出演はユル・ブリンナー、リチャード・ベンジャミン、ジェームズ・ブロリン、ノーマン・バートルド、アラン・オッペンハイマー、ビクトリア・ショーなど。日本語版監修は清水俊二。

監督
マイケル・クライトン
出演キャスト
ユル・ブリンナー リチャード・ベンジャミン ジェームズ・ブローリン ノーマン・バートルド
1966年

アルバレス・ケリー

  • 1966年11月12日(土)
  • 出演(Charity_Warwick 役)

フランクリン・コーエンのオリジナル・ストーリーを、彼とエリオット・アーノルドが脚色、「蜃気楼」のエドワード・ドミトリクが監督した南北戦争を背景としたアクション篇。撮影は「目かくし」のジョー・マクドナルド、音楽はジョニー・グリーン、主題歌はブラザース・フォアが歌っている。出演はウィリアム・ホールデン、リチャード・ウィドマークのほかに、「逃亡地帯」のジャニス・ルール、「愛情物語」のヴィクトリア・ショウなど。製作はソル・C・シーゲル。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
ウィリアム・ホールデン リチャード・ウィドマーク ジャニス・ルール パトリック・オニール
1959年

グランド・キャニオンの対決

  • 1959年12月25日(金)
  • 出演(Janice 役)

グランド・キャニオンの断崖に発生した謎の殺人事件を追求するハイウェイ・パトロールの活躍を描いたアクション・ドラマ。ベン・マークソンとナット・スウェンソンのオリジナル・ストーリーをリチャード・コリンズとスウェンソンが共同で脚色、「殺し屋ネルソン」のドン・シーゲルが監督した。撮影は「コルドラへの道」のバーネット・ガフィ、音楽をダニエル・アムヒシートロフが担当。出演は「マラカイボ」のコーネル・ワイルド、「愛情物語」のヴィクトリア・ショウ、ほかにミッキー・ショーネシー、エドガー・ブキャナン、ライアン・ガリックなど。製作ケンドリック・スウィート。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
コーネル・ワイルド ヴィクトリア・ショウ ミッキー・ショーネシー ライアン・ガリック
1956年

愛情物語(1955)

  • 1956年
  • 出演(Chiquita 役)

1930年から20年間にわたり甘美な演奏で全米を風靡した音楽家エディ・デューチンを主人公とした映画で、デューチンと親交のあったレオ・カッチャーがオリジナル・ストオリイを執筆し、サム・テイラーが脚色し、「ショーボート」「悲恋の王女エリザベス」のジョージ・シドニーが監督、「野郎どもと女たち」のハリー・ストラドリングが撮影、音楽は「ピクニック」のモリス・ストロフが担当している。なお、この映画の中のピアノ演奏は名手カルメン・キャヴァレロが吹き込んでいる。主演は「長い灰色の線」のタイロン・パワー、「ピクニック」のキム・ノヴァク、新人ヴィクトリア・ショウなど。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
タイロン・パワー キム・ノヴァク ジェームズ・ホイットモア ヴィクトリア・ショウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ヴィクトリア・ショウ

ムービーウォーカー 上へ戻る