TOP > 人物を探す > ヒルデ・ワグナー

年代別 映画作品( 1937年 ~ 1959年 まで合計2映画作品)

1959年

プリンセス・シシー

  • 1959年6月3日(水)
  • 出演(Baron Wulffen 役)

「わたしの可愛い人」のロミー・シュナイダーを主演に、戦前「別れの曲」のシナリオを書いているエルンスト・マリシュカが監督・脚本を担当した作品。十九世紀のババリアの王女とオーストリアの王子のロマンスが描かれる。撮影はヘルベルト・ガイヤー、音楽はアントン・プロフェスが受けもっている。他に出演するのは、カール・ハインツ・ベーム、ロミー・シュナイダーの母であるマグダ・シュナイダー、グスタフ・クヌート、ウッター・フランツ、フィルマ・デギッシャー、エリッヒ・ニコービッツ、ペーター・ベック、ヨゼフ・マインラート、フランツ・ベーハイム等。製作カール・エーリッヒ。

監督
エルンスト・マリシュカ
出演キャスト
ロミー・シュナイダー カール・ハインツ・ベーム マグダ・シュナイダー グスタフ・クヌート
1937年

人生の馬鹿

  • 1937年
  • 出演(Nina von Baldass 役)

「たそがれの維納」「女ひとり」のパウラ・ヴェセリーと「夢見る唇」「郷愁」のルドルフ・フォルスターが主演する映画。原作はマリアンネ・フォン・アーンゲルン作の小説で、これをエルヴィン・ヘスが脚色し、「卒業試験(1933)」「題名のない映画(1935)」のカール・フレーリッヒが監督製作したもので、撮影には「たそがれの維納」「未完成交響楽(1933)」のフランツ・プラナーが、音楽には「白馬旅館」の作曲者として名あるラルフ・ベナッキーが、それぞれ当たっている。助演俳優はヒルデ・ワグナー、グスタフ・ヴァルダウ、グレトル・タイマー、ハンス・オルデン、エゴン・フォン・ヨルダン等舞台人が多く、「早春(1936)」に出演したジョルジュ・ブーランジェも特別出演している。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
パウラ・ヴェセリー ルドルフ・フォルスター ヒルデ・ワグナー グスタフ・ヴァルダウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヒルデ・ワグナー

ムービーウォーカー 上へ戻る