TOP > 人物を探す > ルネ・ムーラエール

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2014年 まで合計14映画作品)

1949年

のんき大将 脱線の巻

  • 1949年12月31日(土)
  • セット

「乙女の星」で幽霊の役を勤めたジャック・タチが原作、監督、主演する喜劇で、脚本はタチがアンリ・マルケ及び「奥様は唄に首ったけ」「バラ色の人生」のルネ・ウェレルと協力執筆し、撮影はジャック・メルカントン、装置は「バラ色の人生」のルネ・ムーラエールがそれぞれ担当し、音楽はジャン・ヤトヴが作曲した。助演者はギイ・ドコンブル、ポール・フランクール、メーン・ヴァレー、サンタ・レーリその他。フレッド・オラン製作の一九四八年作品である。

監督
ジャック・タチ
出演キャスト
ジャック・タチ ギイ・ドゥコンブル ポール・フランクール サンタ・レッリ

バラ色の人生(1948)

  • 1949年10月
  • セット

新人監督ジャン・フォーレエの作品で「奥様は唄に首ったけ」のルネ・ウェレルが脚本を書きおろし、「北ホテル」「大いなる幻影」のアンリ・ジャンソンが台詞を書いた。撮影は「幻の馬」のルイ・パージュが指揮し、音楽は「奥様は唄に首ったけ」のジョルジュ・ヴァン・パリスが作曲した。出演は「乙女の星」「最初の舞踏会」のフランソワ・ペリエ「永遠の争い」「乙女の星」のルイ・サルーをはじめ「敗北者」にも出演するコレット・リシャール、シモーヌ・ヴァレール、ギュスターヴ・ガレー等で、ジャック・メルシエ、フランソワ・パトリス、セルジュ・エムリックも活躍している。

監督
ジャン・フォーレエ
出演キャスト
フランソワ・ペリエ ルイ・サルー コレット・リシャール シモーヌ・ヴァレール
1950年

火の接吻

  • 1950年11月3日(金)
  • 美術

脚本家から最近監督に進出したアンドレ・カイヤットの一九四九年作品。カイヤット書卸しのストーリーを「霧の波止場」「悪魔が夜来る」「高原の情熱」のジャック・プレヴェールが脚色し台詞も執筆。出演者は「情婦マノン」のセルジュ・レジアニと「密会」のアヌーク・エーメを恋人役に、「霧の波止場」「高原の情熱」のピエール・ブラッスール、「バラ色の人生」のルイ・サルー、「大いなる幻影」のマルセル・ダリオ、シャンソン歌手として有名だったマリアンヌ・オスワルド等が主要な役柄を演じる。撮影はアンリ・アルカン。音楽は「モロッコ守備隊」のジョゼフ・コスマ。

監督
アンドレ・カイヤット
出演キャスト
ピエール・ブラッスール マルセル・ダリオ セルジュ・レジアニ ルイ・サルー
1948年

奥様は唄に首ったけ

  • 1948年7月
  • 美術

シャンソンで人気のあるルイス・マリアノが主演する音楽喜劇で、警抜なナンセンスを以て鳴るカミがストーリーを書き、ルネ・ウェレルが脚色、ジル・グランジェが監督した一九四六年度作品、マリアノをめぐって、「あらし(1939)」のジュリアン・カレット、我国には初めてのアルレット・メリー、ジャクリーヌ・ロマン、ロッイヴェール及びマルセル・ドレートルが出演している。音楽はシャンソン作家として著名なジョルジュ・ヴァン・パリスが作曲している。

監督
ジル・グランジェ
出演キャスト
ルイス・マリアノ ジュリアン・カレット ロッイヴェール アルレット・メリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ルネ・ムーラエール