TOP > 映画監督・俳優を探す > レイモン・ルーロー

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1960年 まで合計8映画作品)

1960年

悪銭

  • 1960年3月12日(土)
  • 出演(Williams 役)

密輸ダイヤをめぐるギャング団の争いを描いたアクションドラマ。脚本・監督は「聖バンサン」のモーリス・クロシュ。撮影はロジェ・フェルー。音楽をジャック・ダタンとジャン・ポール・マンジョンが担当。出演は「ナポレオン」のジャン・クロード・パスカル、「南十字星の下」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、他にレイモン・ルーロー、パスカル・ロベール、ロジェ・アナンら。製作リュシアン・ヴィテ。

監督
モーリス・クロシュ
出演キャスト
ジャン・クロード・パスカル エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ レイモン・ルーロー パスカル・ロベール
1958年

サレムの魔女

  • 1958年10月23日(木)
  • 監督、出演(Danforth 役)

「セールスマンの死」の劇作家アーサー・ミラーの原作戯曲「るつぼ」を、「賭はなされた」でシナリオを書いているジャン・ポール・サルトルが脚色、仏演劇界の重鎮レイモン・ルーローが監督した作品。ルウローは一九五四年にこの原作をマルセル・エーメの訳によって、パリのサラ・ベルナール座で上演、成功をおさめている。十七世紀のアメリカ・マサチューセッツのサレムに実際に起った事件に材をとった魔女狩りの物語。撮影監督は「恋多き女」のクロード・ルノワール。音楽はハンス・アイスラー。主演するのは仏舞台初演の際に同じ役をつとめた「人間と狼」のイヴ・モンタンと、「悪魔のような女」のシモーヌ・シニョレ。その他に「悲しみよこんにちは」のミレーヌ・ドモンジョ、「殺人鬼に罠をかけろ」のジャン・ドビュクールとアルフレ・アダン、アレクサンドル・アストリュック監督の「女の一生」に出ている新人パスカル・プティ、「スパイ」のピエール・ラルケ、監督のルウロー自身、「居酒屋(1956)」のシャンタル・ゴッジ等が出演する。製作シャルル・ボルドリー。

監督
レイモン・ルーロー
出演キャスト
イヴ・モンタン シモーヌ・シニョレ ミレーヌ・ドモンジョ レイモン・ルーロー
1949年

間諜都市

  • 1949年12月
  • 出演(Georges Masse 役)

「パリのランデブー」「犯罪の辻」の製作者だったアンドレ・ユヌベルが一九四八年に「狂気商売」を初監督してからの第二回作品で、脚本と台詞はミシェル・オーディアールが執筆し、撮影はマルセル・カデック、音楽はジャン・マリオンがそれぞれ担当している。主演は「偽れる装い」「最初の舞踏会」のレイモン・ルーロー、「美女と野獣」「女ざかり」のミラ・パレリー、「最初の舞踏会」「小さな河」「狂気商売」のガビ・シルヴィアの外、「海の牙」のヨー・デスト、アンリ・ナッシェ、ベルナール・ラジャリジュが助演している。

監督
アンドレ・ユヌベル
出演キャスト
レイモン・ルーロー ガビ・シルヴィア ミラ・パレリー ベルナール・ラジャリジュ
1945年

偽れる装い

  • 1945年
  • 出演(Phillippe Clarence 役)

「アントワンとアントワーヌ」で名をあげた新人ジャック・ベッケルが監督した映画で、彼自らモーリス・オーベルジュおよびモーリス・グリッフと協力して脚本を書きおろし、オーベルジュが台詞を書いた。撮影はニコラ・エイエ、装置はマックス・ドゥーイ・音楽はジャン・ジャック・グリュネンワルドである。主演は「みどりの園」のレイモン・ルーローと新人ミシュリーヌ・プレールで、「六人の最後の者」のジャン・シュヴリエ「旅路の果て」のガブリエル・ドルジア、ジャンヌ・フュジェ・ジル、フランソワーズ・リュガーニュ、クリスチアーヌ・バリー、ロジーヌ・リュゲエ等が助演する一九四五年作品である。

監督
ジャック・ベッケル
出演キャスト
レイモン・ルーロー ミシュリーヌ・プレール ジャン・シュヴリエ ガブリエル・ドルジア
1948年

最初の舞踏会

  • 1948年10月
  • 出演

フランス製ホーム・ドラマで監督は「カルメン(1946)」のクリスチャン・ジャック、シナリオはシャルル・スパーク。

監督
クリスチャン=ジャック
出演キャスト
フェルナン・ルドウ ガビ・シルヴィア マリー・デア レイモン・ルーロー
1938年

美しき争い

  • 1938年
  • 出演(Michel Laffent 役)

「格子なき牢獄」に次いでレオニード・モギーが監督した映画で、再びコリンヌ・リュシェールとアニー・デュコオが顔合せして主演する。「格子なき牢獄」の原案者の一人ジナ・カウスの原案に基き、カウス自ら「格子なき牢獄」のハンス・ウィルヘルムと協力して脚本を執筆したもの。助演はフランス劇壇の大立物ジャック・コポオ、「みどりの園」のレイモン・ルーロー、「望郷(1937)」のマルセル・ダリオ、「格子なき牢獄」のロジェ・デュシェーヌ、劇壇に名あるアルマン・ベルナール、クロード・ドーファン及びレオン・ベリエール、(いずれも「泣き笑い千法札」に出演)「格子なき牢獄」のマルグリット・ピエリー、「赤ちゃん」のポーリーヌ・カルトンその他である。装置は「格子なき牢獄」のジョルジュ・ヴァケヴィッチとコラッソン、台詞はシャルル・ゴムボー、音楽はヴァル・ベルグ、撮影はテッド・パールとバックがそれぞれ担当している。

監督
レオニード・モギー
出演キャスト
コリンヌ・リュシェール アニー・デュコオ レイモン・ルーロー ジャック・コポオ
1935年

みどりの園

  • 1935年
  • 出演(Boris 役)

「乙女の湖」と同じくマルク・アレグレ監督、そしてシモーヌ・シモンとジャン・ピエール・オーモンとが主演する映画であるが、なお「吼えろ!ヴォルガ」のレイモン・ルーローが重要な役を勤めて共演している。脚本と台詞とは「ミモザ館」「地の果てを行く」のシャルル・スパークがジャック・ヴィオと協力して書卸した。助演者は「にんじん」のカトリーヌ・フォントネー、「最後の戦闘機」のローラン・トゥータン、「胡椒娘」のシャルパン、「第2情報部」のピエール・ラルケ、「別れの曲」のリュシエンヌ・ルマルシャン、それから新人のジャン・ルイ・バロー及びモーリス・バケ、タオ・バ、ジャクリーヌ・ミニャック等である。キャメラは「栄光の道」「はだかの女王」のミシェル・ケルベが主として当たり、音楽は「掻払いの一夜」「ル・ミリオン」のジョルジュ・ヴァン・パリスが担任した。

監督
マルク・アレグレ
出演キャスト
シモーヌ・シモン ジャン・ピエール・オーモン レイモン・ルーロー カトリーヌ・フォントネー
1934年

吼えろ!ヴォルガ

  • 1934年
  • 出演(Chaline 役)

フランスのシャルル・フィリップ社がプラーグのA・B・フィルム社と協力して製作した映画で、撮影はA・B撮影所で行われた。監督は「ヴォルガ」「悪魔の寵児」のヴィクトル・トゥールジャンスキーで、脚本は彼がボリス・ド・ファストと共にA・プーシュキンの小説から取材して書き卸したものである。主演者は「プレジャンの舟唄」「巴里の屋根の下」のアルベール・プレジャン、「アジアの嵐」のヴァレリー・インキジノフ、「恋の凱歌」「プリンス・チャーミング」のナタリー・コヴァンコ、「ル・バル(1931)」のダニエル・ダリュー、等の人々で、なお以上を助けて舞台俳優のレイモン・ルーロー、「自由を我等に」のアンリ・マルシャン、ジャック・ベルリオーズ、等が出演している。台詞はジャック・ナタンソンが、音楽は「白魔」のウィリー・シュミット・ゲントナーがそれぞれ受持っている。撮影には「炭坑」「三文オペラ(1931)」のフリッツ・アルノ・ワグナーがヴァクラフ・ヴィッヒと協力して当った。

監督
ヴィクトル・トゥールジャンスキー
出演キャスト
アルベール・プレジャン ヴァレリー・インキジノフ ダニエル・ダリュー レイモン・ルーロー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > レイモン・ルーロー

ムービーウォーカー 上へ戻る