TOP > 人物を探す > ジャン・ヤトヴ

年代別 映画作品( 1939年 ~ 2014年 まで合計8映画作品)

1963年

スパイ対スパイ

  • 1963年5月17日(金)
  • 音楽

「自殺への契約書」のジャック・ロベールと「女猫」のジャック・レミーのオリジナル・ストーリーを「やるか、くたばるか」のジョルジュ・ロートネルが脚色し、ロートネルが監督したコミック・サスペンス。撮影は「素晴らしい風船旅行」のモーリス・フェルー、音楽は「自殺への契約書」のジャン・ヤトヴ。出演者は「草の上の昼食」のポール・ムーリッス、「熱風」のエルガ・アンデルセン、新人ガイア・ジェルマーニ、モーリス・ビローなど。

監督
ジョルジュ・ロートネル
出演キャスト
ポール・ムーリッス モーリス・ビロー ガイア・ジェルマーニ エルガ・アンデルセン
1961年

並木道

  • 1961年3月11日(土)
  • 音楽

「自殺への契約書」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督した、思春期の少年の目を通してパリの庶民を描いたドラマ。ロベール・サバチエの原作をデュヴィヴィエとルネ・バルジャヴェルが共同で脚色した。撮影は「ナポレオーン」のロジェ・ドルモワ、音楽をジャン・ヤトヴが担当。出演は「大人は判ってくれない」のジャン・ピエール・レオー、「甘い生活」のマガリ・ノエル、「艶ほくろ」のピエール・モンディ、ジャック・デュビーら。製作リュシアン・ビアール。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
ジャン=ピエール・レオ モニーク・ブリエンヌ マガリ・ノエル ピエール・モンディ
1959年

自殺への契約書

  • 1959年10月27日(火)
  • 音楽

『火薬に火を』を書いたジャック・ロベールの小説の映画化。脚色は原作者とジュリアン・デュヴィヴィエがあたり、監督は「私の体に悪魔がいる」のデュヴィヴィエ。撮影は「夜の騎士道」のロベール・ルフェーヴル、音楽はジャン・ヤトヴが担当。出演は「奥様にご用心」のダニエル・ダリュー、「レ・ミゼラブル」のベルナール・ブリエ、セルジュ・レジアニ、「死刑台のエレベーター」のリノ・ヴァンチュラ、他にポール・フランクール、ノエル・ロックヴェール等。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
ダニエル・ダリュー ベルナール・ブリエ セルジュ・レジアニ ポール・フランクール

ビキニの裸女

  • 1959年12月13日(日)
  • 音楽

宝探しをめぐって大学生と燈台守の娘の恋を描いたメロドラマ。S・ペッシュの脚本をウィリー・ロジェルが監督した。撮影はミシェル・ロッカ、音楽をジャン・ヤトヴとM・ビアンチが担当した。出演は「バベット戦争へ行く」のブリジット・バルドー、ジャン・フランソワ・カルベ、ハワード・ヴェルノン、レイモン・コルディ等。製作ウィリー・ロジェル。

監督
ウィリー・ロジェル
出演キャスト
ブリジット・バルドー ジャン・フランソワ・カルベ ハワード・ヴェルノン エスパニタ・コルテス
1958年

夜の放蕩者

  • 1958年8月30日(土)
  • 音楽

夜のパリの暗黒面に巣くうミリュウの世界と、それに対決する警察側の活動を、ジャン・ギャバン扮する警部を中心に描いた、いわゆるフィルム・ノワール作品のひとつ。「火薬に火」のシナリオも手がけている暗黒物作家ジャック・ロベールの原作を「赤い灯をつけるな」のジル・グランジェが監督した。脚色はロベールと、「赤い灯をつけるな」のミシェル・オーディアール、グランジェの共同で、台詞はオーディアールが担当している。撮影は「ヘッドライト」のルイ・パージュ。音楽はジャン・ヤトヴ。「殺人鬼に罠をかけろ」のギャバンに、「忘れ得ぬ慕情」のダニエル・ダリュー、「出口なき犯行」のドイツ出身ナジャ・ティラーが顔を合せ、他に「赤い灯をつけるな」のポール・フランクールや、ロベール・マニュエル、ヘイゼル・スコット等が出演する。製作ポール・ジョリー。

監督
ジル・グランジェ
出演キャスト
ジャン・ギャバン ダニエル・ダリュー ナジャ・ティラー ヘイゼル・スコット
2014年

のんき大将 脱線の巻 完全版

  • 2014年4月26日(土)
  • 音楽

ジャック・タチの長編監督デビュー作「のんき大将 脱線の巻」に17分もの未公開シーンを追加した完全版。原作・監督・脚本・主演はジャック・タチ。共演はギイ・ドコンブル、ポール・フランクール、メーン・ヴァレー、サンタ・レーリほか。2014年4月12日より、東京・渋谷 シアター・イメージ・フォーラムにて開催された「ジャック・タチ映画祭」にて上映。

監督
ジャック・タチ
出演キャスト
ジャック・タチ ギイ・ドゥコンブル ポール・フランクール サンタ・レッリ
1949年

のんき大将 脱線の巻

  • 1949年12月31日(土)
  • 音楽

「乙女の星」で幽霊の役を勤めたジャック・タチが原作、監督、主演する喜劇で、脚本はタチがアンリ・マルケ及び「奥様は唄に首ったけ」「バラ色の人生」のルネ・ウェレルと協力執筆し、撮影はジャック・メルカントン、装置は「バラ色の人生」のルネ・ムーラエールがそれぞれ担当し、音楽はジャン・ヤトヴが作曲した。助演者はギイ・ドコンブル、ポール・フランクール、メーン・ヴァレー、サンタ・レーリその他。フレッド・オラン製作の一九四八年作品である。

監督
ジャック・タチ
出演キャスト
ジャック・タチ ギイ・ドゥコンブル ポール・フランクール サンタ・レッリ
1939年

グレエ対X

  • 1939年
  • 音楽

アルフレッド・グラニョンとピエール・モードリュの二人が協力した脚本並びに監督になる探偵映画で、グレエ探偵を主人公とした映画は今迄にもいくつか作られている。グレエ探偵は例によってモーリス・ラグルネで、その他、ジャンヌ・エルブラン、ピエール・ステファン、シャルル・ルモンティエ、シャルロット・リゼエ、ドゥーメル(南仏気質の探偵)、ロジェ・ルグリ(探偵小説愛読者)、及び新人のジャクリーヌ・サン・ピエールとルネ・ピアの二女優が出演している。撮影はビュジャールその他、音楽はジャン・ヤトヴである。

監督
アルフレッド・グラニョン ピエール・モードリュ
出演キャスト
モーリス・ラグルネ ジャンヌ・エルブラン Pierre Stephen シャルル・ルモンティエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャン・ヤトヴ