映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ヴィンソン

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1951年 まで合計13映画作品)

1951年

風車の秘密

  • 1951年2月14日(水)
  • 出演(Helena_Draque 役)

ダシール・ハメット原作『影なき男』のシリーズの1。キャプラ映画のライターとして知られるロバート・リスキンと、ドワイト・テイラーの脚本を、「夢のひととき」のリチャード・ソオプが監督した1944年作品。製作はロバートの兄弟である「幽霊紐育を歩く」のエヴェレット・リスキン、撮影は「ゴールデン・ボーイ」のカール・フロイント、音楽はデイヴィッド・スネル。「彼と人魚」のウィリアム・パウエル、「一ダースなら安くなる」のマーナ・ローイに名犬アスタという常連の他、「剃刀の刄」のルシル・ワトソン、「サンマー・ホリデイ」のグロリア・デ・ヘヴン、「扉の蔭の秘密」のアン・リヴェア、「若草の頃」のハリー・ダヴェンポート、ヘレン・ヴィンソン、レオン・エイムス、ドナルド・ミーク、エドワード・ブロフィー、ロイド・コリガンらが助演する。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル マーナ・ローイ ルシル・ワトソン グロリア・デ・ヘヴン
1936年

五つ児王国

  • 1936年
  • 出演(Gloria_Sheridan 役)

「五ツ児誕生」の続編で、五つ児を始めジーン・ハーショルト、スリム・サマ・ヴィル、ドロシー・ピーターソン、ジョン・クェーレン等が再び出演し、「東への道」のロチェル・ハドソン、「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「丘の彼方へ」のロバート・ケント及びアラン・ダインハート、「二国旗の下に」のJ・エドワード・ブロムバーグ、「生活への道」のキャサリン・アレクサンダー「愛と光」のセーラ・ヘイドン等も出演する。原作はブルース・ゴールドで、「五ツ児誕生」「ロマンス乾杯」のソニア・レヴィーンが「テンプルの灯台守」「同福の神」に協力したグラディス・レーマン、サム・ヘルマンと共同脚色し、「愉快なリズム」「当り屋勘太」のノーマン・タウログが監督にあたり「五ツ児誕生」のダニエル・B・クラークが撮影した。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ジーン・ハーショルト ロチェル・ハドソン ヘレン・ヴィンソン
1935年

結婚の夜(1935)

  • 1935年
  • 出演(Dora 役)

「麦秋」「南風」のキング・ヴィダーが監督に当たったサミュエル・ゴールドウィン作品で、「ベンガルの槍騎兵」「久遠の誓い」のゲイリー・クーパーと「女優ナナ」「復活(1934)」のアンナ・ステンが主演するもの。原作は「令女学」その他を監督したエドウィン・H・ノッフが書き下ろし、「今日限りの命」のエディス・フィッツジェラルドが脚色に任じた。助演者は「その夜の真心」「海を嫌う船長」のヘレン・ヴィンソン「相寄る魂」「空軍の覇者」のラルフ・ベラミー、「世界は動く」「彼女の家出」のシグ・ルーマン、エスター・デール、レオニード・スネゴフ、エリノア、ウェッセルヘツト等で、キャメラは「復活(1934)」「女優ナナ」のグレッグ・トーランドが受け持った。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー アンナ・ステン ヘレン・ヴィンソン ラルフ・ベラミー
1934年

その夜の真心

  • 1934年
  • 出演(Margaret 役)

「一日だけの淑女」「或る夜の出来事」に次ぐフランク・キャプラ作品で、マーク・ヘリンジャー作の大衆小説を素材として、右二映画と同じくロバート・リスキン脚色、キャプラ監督、ジョゼフ・ウォーカー撮影になったもの。主演は「四十二番街」「宿命の窓」のワーナー・バクスターと「白衣の騎士」「宿命の窓」のマーナ・ローイで、「或る夜の出来事」「特急二十世紀」のウォルター・コノリー、「力と栄光」「笑う巨人」のヘレン・ヴィンソン、「ベンガルの槍騎兵」のダグラス・ダンブリル「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、「競馬天国」のクラレンス・ミューズ等が助演する。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ワーナー・バクスター マーナ・ローイ ウォルター・コノリー ヘレン・ヴィンソン

白い友情

  • 1934年
  • 出演(Claire 役)

「輝ける百合」「クレオパトラ(1934)」のクローデット・コルベールが主演するウォルター・ウェンジャー作品で、「林檎の頬」「独裁大統領」のグレゴリー・ラ・カヴァが監督に当たったもの。原作はフィリス・ボトム作の小説で「ブルースを唄う女」「恋のセレナーデ」のリン・スターリングが監督ラ・カヴァと協力して脚色した。主役コルベールを助けて「キャラバン」「心の痛手」のシャルル・ボワイエ、「ミシシッピ」「若草物語(1933)」のジョーン・ベネット、「世界一の金持ち娘」「南海の漁火」のジョエル・マクリー、「その夜の真心」のヘレン・ヴィンソン、エスター・デール、サミュエル・S・ハインズらが出演している。撮影は「三日姫君」「路傍」のレオン・シャムロイの担任。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
クローデット・コルベール シャルル・ボワイエ ジョエル・マクリー ジョーン・ベネット

海を嫌う船長

  • 1934年
  • 出演(Janet Grayson 役)

「犯罪都市(1931)」「雨」「風来坊」のルイス・マイルストーンが監督した作品で「火の翼」の脚色者で大衆作家のウォーレス・スミスが自作の小説を自ら脚色したもの。出演者の主なるものは「肉弾鬼中隊(1934)」のヴィクター・マクラグレン、「クリスチナ女王」「街の伊達男」のジョン・ギルバート、「その夜の真心」のヘレン・ヴィンソン、「銀鼠流線型」のアリスン・スキップワース、舞台から映画入りしたフレッド・キーティング、「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「不思議の国のアリス(1933)」のレオン・エロール、「彼女の用心棒」のウィン・ギブソン、「雨」のウォルター・カトレット、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル等である。撮影は「ますらを」「青空天国」のジョセフ・オーガストの担当である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ジョン・ギルバート アリソン・スキップワース ウィン・ギブソン

ある女の一生

  • 1934年
  • 出演(Laura_Shadwell 役)

「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アン・ハーディング ジョン・ボールズ ヘレン・ヴィンソン ベティ・ファーネス

力と栄光

  • 1934年6月14日(木)
  • 出演(Eve 役)

「ブダペストの動物園」「女性暴君」と同じくラスキー・プロ作品で、「紳士酒場」の原作者プレストン・スタージェスが特に執筆した映画脚色により「第一年」「国境の狼」のウィリアム・K・ハワードが監督にあたり、「懐かしの谷」「チャンドウ」のジェームズ・ハウが撮影したもの。主役は「ヤング・アメリカ」「金髪乱れて」のスペンサー・トレイシーで、かつてファースト・ナショナルのスターたりしコリーン・ムーア、「ケンネル殺人事件」「散り行く花」のラルフ・モーガン、「笑う巨人」「深夜の紳士」のヘレン・ヴィンソン、「ヒョットコ夫婦」のクリフォード・ジョーンズ、「嵐の国のテス(1932)」のサラ・パッデン、子役ビリー・オブライエン、カレン・ジョンストン等助演。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
スペンサー・トレイシー コリーン・ムーア ラルフ・モーガン ヘレン・ヴィンソン
1933年

笑う巨人

  • 1933年
  • 出演(Polly_Cass 役)

「虎鮫」「二秒間」のエドワード・G・ロビンソンが主演する喜劇で、「拳闘のキャグネー」「腕の男」のロイ・デル・ルースが監督したもの。原作はロバート・ロードが書き下ろし、「拳闘のキャグネー」と同じくロードとウィルソン・ミズナーが共同脚色した。カメラは「母」「つばさの天使」のシド・ヒコックスが受け待った。助演者は「火の翼」のメアリー・アスター、「仮面の米国」のヘレン・ヴィンソン、「快走艇」のケネス・トムソン、「恐怖の甲板」のシャーリー・グレイ、「街の風景」のラッセル・ホプトン、「暁の耕地」のバートン・チャーチル、「女探偵長」のドナルド・ディラウェイ等である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン メアリー・アスター ヘレン・ヴィンソン ケネス・トンプソン

深夜の紳士

  • 1933年
  • 出演(Iris_Whitney 役)

「六月十三日の夜」「上海特急」のクライヴ・ブルックと「舗道」「紐育の仇討ち」のジョージ・ラフトが共演する映画で、E・フィリップス・オッペンハイムの原作を「暗黒街の顔役(1932)」「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが、レスリー・チャータリスと共同脚色し、「419号室の女」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、シオドア・スパークールが撮影したもの。助演者は「笑う巨人」「仮面の米国」のヘレン・ヴィンソン、「恋の凱歌」「夜毎来る女」のアリソン・スキップワース、「暴風の処女」「鷲と鷹(1933)」のサー・ガイ・スタンディング、アラン・モーブレイ、フェルディナンド・ゴットシャルク等である。

監督
アレクサンダー・ホール ジョージ・サムンズ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ジョージ・ラフト ヘレン・ヴィンソン アリソン・スキップワース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ヴィンソン