映画-Movie Walker > 人物を探す > ヒュー・オコネル

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1948年 まで合計8映画作品)

1948年

ラッキー・パートナー

  • 1948年3月公開
  • 出演(Niagara_Cleak 役)

「心の旅路」「失はれた地平線」のロナルド・コールマンと「恋愛手帳」「恋の十日間」のジンジャー・ロジャースが主演する映画で、フランスの俳優劇作家サッシャ・ギドリーのストーリーを「ガス燈」のジョン・ヴァン・ドルーテンが「追憶(1941)」のアラン・スコットと協力脚色し「雨」「西部戦線異常なし」のルイス・マイルストーン「恋愛手帳」のロバート・デ・グラスが撮影監督、「疑惑の影」のディミトリ・ティオムキンが音楽を担当した。助演者は「恋の十日間」のスプリング・バイントン「いちごブロンド」のジャック・カーソン、「海を渡る唄」のハリー・ダヴェンポート、セシリア・ロフタス等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ロナルド・コールマン ジンジャー・ロジャース スプリング・バイントン ジャック・カーソン
1937年

或る女(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Virgil_Whitaker 役)

「札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスと「暗黒街の弾痕」「高圧線」のヘンリー・フォンダが主演。「晩春」「台風」と同じくエドモンド・グールディングが原作・脚色・監督。撮影は「青春の抗議」「Gガン」のアーネスト・ホーラー。助演者は「沙漠の朝」のイアン・ハンター、「緑の灯」のアニタ・ルイズを始め、「進め騎兵隊」のドナルド・クリスプ、「お人好しの仙女」のヒュー・オコネル、「生活への道」のキャサリン・アレクサンダー、メアリー・フィリップス等。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ヘンリー・フォンダ イアン・ハンター アニタ・ルイズ

典型紳士読本

  • 1937年当年公開
  • 出演(Hotel_Clerk 役)

「進め龍騎兵」「緑の灯」のエロール・フリンが主演する映画で、「或る夜の出来事」の原作者サミュエル・ホプキンス・アダムス作の小説を「山の法律」のノーマン・ライリー・レインと「作家と御婦人」のローレンス・ライリーとが更にブルウスター・モース及びフリッツ・ファンケルシュタインと協力脚色し、「山の法律」「進め龍騎兵」のマイケル・カーティスが監督に当り、「野性の叫び(1935)」「小公子」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「特種漁り」「コリーン」のジョーン・ブロンデルを筆頭に、「コリーン」のヒュウ・ハーバート、「誘拐団」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「化石の森」のディック・ロバーツ、「ボビーの凱歌」のメイ・ロブスン、「作家と御婦人」のアレン・ジェンキンスその他多数である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
エロール・フリン ジョーン・ブロンデル ヒュー・ハーバート エドワード・エヴァレット・ホートン
1935年

ダイヤモンド(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Horsley 役)

アメリカの紀伊国屋文左衛門とも言うべきダイヤモンド・ジム・ブレディーの数奇な生涯を映画化したもので、主役には「地下街」「蛍の光」のエドワード・アーノルドが選ばれて扮する。原作は伝記に基づいたパーカー・モレル作の小説で、「旋律の殺人」と同じくハリー・クロークとドリス・マロイが共同改作し、「お人好しの仙女」「復活(1934)」のプレストン・スタージェスが台本を作り、「ミシシッピ」「唄へ!踊れ!」のエドワード・サザーランドが監督に当たり、「地下街」「白蛾」のジョージ・ロビンソンが撮影した。音楽は現在米国作曲家中の異才と称されるファーディナンド・ゴローフェが「フランケンシュタインの花嫁」のフランツ・ワックスマンと協力して編曲している。助演者は「俺は善人だ」のジーン・アーサー、「ドン・ファン」のビニー・バーンズ、「お人好しの仙女」のシーザー・ロメロ、「コンチネンタル」のエリック・ブローア、「キャバレエの鍵穴」のヒュー・オコネル、ジョージ・シドニー、ロバート・マクウェード等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
エドワード・アーノルド ジーン・アーサー ビニー・バーンズ セザール・ロメロ
1933年

キャバレエの鍵穴

  • 1933年当年公開
  • 出演(Chuck_Haskins 役)

「バワリイ」に次ぐ20世紀映画社作品でニューヨークデイリー・ミラー紙の記者で醜聞暴露で人気あるウォルター・ウィンチェルが書いた物語を、「一千万ドルの醜聞」「暗夜行路」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが共同脚色し、「お仰いましたわネ」「栄光のハリウッド」のローウェル・シャーマンが監督にあたった。出演者は「米国の暴露」「一千万ドルの醜聞」のコンスタンス・カミングス、エイブ・ライマン・ジャズ管絃団のクルーナーたるラス・コロンボ、舞台からの新人ポール・ケリーが主なるもので、ナイトクラブ女将として悪名を挙げた故テキサス・ガイナンを始め、ブロッサム・シーリー、フランセス・ウィリアムス、エディー・フォイ・ジューニア等のボロードウェイの人気芸人連が助演するほか「妾は天使じゃない」「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフ、「蒼白いまぶた」「コンゴ」のC・ヘンリー・ゴードン、ヒュー・オコネル、ヘレン・ジェローム・エディー等が顔を見せる。カメラは「バワリイ」のバーネー・マルギルで、舞踏振り付けはジャック・ハスケルの担当である。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
コンスタンス・カミングス ラス・コロンボ ポール・ケリー ブロッサム・シーリー
1931年

女秘書の秘密

  • 1931年当年公開
  • 出演(Charlie_Rickenbacker 役)

チャールズ・ブラッケットの原作をドワイト・テイラーが潤色し「喰人島征服」「盗まれた天国」のジョージ・アボットが脚色並びに監督したもので主演者は「陽気な中尉さん」「彼女の名誉」のクローディト・コルベール。助演者はロンドンの喜歌劇役者として名あるジョージ・メタクサ、「手紙」のハーバート・マーシャル。ベティー・ローフォードその他でカメラは「陽気な中尉さん」「彼女の名誉」のジョージ・フォルシーが担任である。

監督
ジョージ・アボット
出演キャスト
クローデット・コルベール ハーバート・マーシャル ジョージ・メタクサ ベティー・ローフォード

小間使(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Kipp 役)

「盗まれた天国」「夜の天使」に次ぐナンシー・キャロル主演映画で「新聞街の殺人」「恋愛四重奏」のモンタ・ベルが監督し、「姫君と武官」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影したもの。原作はグレイス・パーキンスの小説でアデリイド・ヒールブロンが脚色に当たった。助演者は「犯罪都市(1931)」のパット・オブライエン、舞台劇から映画界入りしたジェーン・レイモンド、「陽気な中尉さん」のヒュー・オコネル、「やくざ者(1930)」のジョージ・フォーセット、「女秘書の秘密」で映画初出演した舞台女優のメアリー・ボーランド・「女は真っ平(1931)」のドナルド・ミーク、ナンシー・キャロルの妹テリー・キャロル等。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ナンシー・キャロル パット・オブライエン ジーン・レイモンド ヒュー・オコネル

陽気な中尉さん

  • 1931年当年公開
  • 出演(Orderly 役)

「ラヴ・パレイド」「モンテカルロ」に次ぐエルンスト・ルビッチ監督作品で、レオポールト・ヤコブソン、フェリックス・ドルマン合作の「ワルツの夢」及びハンス・ミュラー作の小説に基づいてエルネスト・ヴァイダとムソン・ラファエルソンが共同して脚色し、「踊り子夫人」「名門芸術」のジョージ・フォルシーが撮影した。作詞及び作曲は「ラヴ・パレイド」と同じくクリフォード・グレイ、オスカー・ストラウスがそれぞれ担当している。主役は「ラヴ・パレイド」「巴里選手」のモーリス・シュヴァリエが演じ、「彼女の名誉」「屠殺者(1930)」のクローデット・コルベール、「彼女の名誉」「女は真っ平(1931)」のチャールズ・ラグルズ、舞台から来たミリアム・ホプキンス、「三太郎大西洋横断」のジョージ・バービア等が助演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ クローデット・コルベール ミリアム・ホプキンス チャールズ・ラグルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヒュー・オコネル