TOP > 人物を探す > クロックス・アルヴァラード

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1958年 まで合計3映画作品)

1958年

獣人ゴリラ男

  • 1958年5月9日(金)
  • 出演(Carlo Robles 役)

メキシコ製フランケンシュタインものともいうべき怪奇映画。加えてレスリングのスリルがとり入れられている。フェルナンド・メンデスとアルハンドロ・ベルビスキの原作・脚色をメンデス自身が監督、ヴィクトル・エレラが撮影した。音楽はフェデリコ・ルイス。主演は共にレスラー出身のクロックス・アルヴァラードと、ウォルフ・ルビンスキ、ヒロインには「雷雲」のコルンバ・ドミンゲスが扮している。その他カルロス・リケルメ、アルトゥーロ・マルチネス、エデュアルド・アルカラス等が助演。製作はアルマンド・エスピノザ。

監督
フェルナンド・メンデス
出演キャスト
コルンバ・ドミンゲス クロックス・アルヴァラード ウォルフ・ルビンスキ カルロス・リケルメ
1955年

熱情のしぶき

  • 1955年10月31日(月)
  • 出演(Antonio 役)

「雷雲」のエミリオ・フェルナンデスとネフタリ・ベルトランが脚本を書きエミリオ・フェルナンデスが監督、「野女ヤスカラ」のアレックス・フィリップスが撮影、同じくアントニオ・ディアス・コンデが音楽を担当した。主なる出演者はロッサナ・ポデスタ、クロックス・アルヴァラード、アルマンド・シルベストレなど。

監督
エミリオ・フェルナンデス
出演キャスト
ロッサナ・ポデスタ クロックス・アルヴァラード アルマンド・シルベストレ
1956年

偉大なる野獣

  • 1956年4月27日(金)
  • 出演(David 役)

この映画はメキシコのレスラー達を扱ったもので、監督のチャーノ・ウルエータはアマチュアのレスラーをしたことがある。ダヴィッドを演じるクロックス・アルヴァラードは前ヨーロッパ・チャンピオンで、後俳優に転向し「情熱のしぶき」ではロッサーナ・ポデスタの相手役を勤めている。カルロスを演じるウォルフ・ルビンスキもプロ・レス出身。ミロスラヴァはメキシコの人気女優である。

監督
チャーノ・ウルエータ
出演キャスト
ミロスラヴァ クロックス・アルヴァラード ウォルフ・ルビンスキ ホセ・エリアス・モレノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クロックス・アルヴァラード