映画-Movie Walker > 人物を探す > バーナード・マッコンヴィル

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1928年 まで合計16映画作品)

1928年

浮気天国(1928)

  • 1928年当年公開
  • 原作

「トロイ情史」のセットを利用して製作されたバーレズクで、バーナード・マッコンヴィル氏が特に書き下ろした物語をハワード・J・グリーン氏が脚色し、「古着屋クーガン」「アラビヤ三人盗賊」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。主役は「与太空中旅行」「喧嘩友達」のチャーリ・ムレー氏が勤め、「凸凹サーカスの巻」「男見るべからず」のルイズ・ファゼンダ嬢と「ネバダ男」「抜き足さし足」のセルマ・トッド嬢とが共演し、ジョー・ボノーモ氏、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、スペック・オドンネル君等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
チャーリー・マレイ ルイズ・ファゼンダ セルマ・トッド ジョー・ボノーモ

ホィップ

  • 1928年当年公開
  • 脚色

「巨人の天地」「蒼空の覇者」著のミルトン・シルス氏作品を監督したチャールズ・ブレイビン氏の監督作品で、セシル・ローレー氏、ヘンリー・ハミルトン氏合作の古い舞台劇をバーナード・マッコンヴィル氏とJ・T・キャンベル氏が脚色した。主演者は「煩悩」「男装狂」のドロシー・マッケール嬢、「ボー・ジェスト(1927)」のラルフ・フォーブス氏、「踊子気質」「舷々相摩す」のローウェル・シャーマン氏、「女賊怪賊」「ウィーンの狂乱」のアンナ・Q・ニルソン嬢で、マーク・マクダーモット氏、アルバート・グラン氏等が助演する。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ラルフ・フォーブス アンナ・Q・ニルソン ローウェル・シャーマン
1926年

噴火山

  • 1926年当年公開
  • 脚色

「娘十八運動狂」「お転婆スーザン」等と同じくビービー・ダニエルス嬢の主演映画で監督は「轟く天地」「西部の星影(1925)」のウィリアム・K・ハワード氏。ローレンス・エーア氏作の舞台劇「マルティニク」に基づいてバーナード・マッコンヴィル氏が脚色した。ダニエルス嬢の相手役は「駅馬車(1925)」「眠らぬ街」等出演のリカルド・コルテス氏が勤め、ウォーレス・ビアリー氏、アーサー・エドモンド・カリュー氏、デール・フラー嬢、ブランドン・ハースト氏、スニッツ・エドワーヅ氏等が助演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ウォーレス・ビアリー アーサー・エドモンド・カリュー
1925年

三人娘

  • 1925年当年公開
  • 脚色

ハロルド・モンタニー氏の原作をバーナード・マッコンヴィル氏が脚色し「帰り来し男」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので「戦禍」「アイアン・ホース」等出演のマッジ・ベラミー嬢と「恐怖の家」「夢と現実」等出演のエセル・クレイトン嬢とが主演し「漂白の踊り子」等出演のフリーマン・ウッド氏「躍る若者」等出演のロバート・ケイン氏及びキャサリン・ペリー嬢、チャールズ・ファーレル氏等が助演している。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
マッジ・ベラミー エセル・クレイトン チャールズ・ファーレル フリーマン・ウッド
1924年

離婚禁制

  • 1924年当年公開
  • 原作

「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ロバート・エリス エリノア・フェアー ウィニフレッド・ブライソン

ゲイティーの踊子

  • 1924年当年公開
  • 脚本

英国の閨秀作家I・A・R・ワイリー女史の原作の小説「相続者」The Inshiritors をバーナード・マッコンヴィル氏が書き改め、フランク・ベレスフォード氏が撮影台本を作り「大颶風」「人類の心」等と同じくキング・バゴット氏が監督した。主役は「巴里の薔薇」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のメアリー・フィルビン嬢で、相手はウィリアム・ヘインズ氏、ジョセフ・J・ダウリング氏、グレイス・ダーモンド嬢、フリーマン・ウッド氏等である。ロンドンの有名なゲイティー座を取り入れたロマンスである。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
メアリー・フィルビン ジョセフ・J・ダウリング ウィリアム・ヘインズ グレイス・ダーモンド

怒濤万里

  • 1924年当年公開
  • 脚本

「氷原の雄叫」「歓楽地獄(1923)」に続くレジナルド・バーカー氏の監督作品で、原作はサラァ・P・マックリーン・グリーン女子の小説「コッド岬の人々」“Cape Cod Folks”これをバーナード・マッコンヴィル氏とJ・G・ホークス氏が書き改め、A・P・ヤンガー氏が脚色したもので、主役は「氷原の雄叫び」に出演し、現在メトロ・ゴールドウィンの花形たるフランス生まれのルネ・アドレー嬢、「嫉妬の創痕」「結婚とは」等に出演した老巧フランクキーナン氏、「アラビアの酋長」「暁の光」当出演のバーバラ・ベッドフォード嬢、「恋の関門」「舞踏士国」当出演のロバート・フレイザー氏等である。ニュー・イングランドの海岸を背景にした海上劇である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
バーバラ・ベッドフォード フランク・キーナン ルネ・アドレー ロバート・フレイザー
1923年

地獄の穴

  • 1923年当年公開
  • 脚色

ジョージ・スカーボロウの原作、バーナード・マッコンヴィルの脚色で、「死線突破」「或る愚者有りき」等と同じくエメット・J・フリンが監督したもの。主役は「速達郵便」等主演のチャールズ・ジョーンズ、「死線突破」等出演のモーリス・フリン、及び「良人の危険時代」その他青島映画でお馴染みのルース・クリフォードの3人である。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ ルース・クリフォード モーリス・フリン キャスリーン・キー
1922年

或る愚者有りき

  • 1922年当年公開
  • 脚本

キプリングの詩「ヴァムパイヤー」からヒントを得てポーター・エマースン・ブラウンが書き下ろした舞台劇に基づき、バーナード・マッコンヴィルが脚色、エメット・J・フリンが監督した映画で、かつてセダ・バラ主演で作られた事があるが、今度は新進女優エステル・テイラー主演。「世界の喝采」「ゼンダ城の虜(1922)」等出演のルイス・ストーンが共演。その他アイリーン・リッチ、マーロン・ハミルトン、マージョリー・ドウ、ウォーレス・マクドナルド等花形揃いの布陣である。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
エステル・テイラー ルイス・ストーン アイリーン・リッチ ミュリエル・フランセス・ダナ

金持の親類

  • 1922年当年公開
  • 脚本

エドワード・E・キッダーの舞台劇に題材を採り、バーナード・マッコンヴィルが脚色し、「ジュビロー」「俺あジムさ」などと同じくクラレンス・G・バッジャーの監督でウィル・ロジャースの主演によって作られたもの。シルヴィア・ブリーマーとモリー・マローンとが相手役である。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ウィル・ロジャース シルヴィア・ブリーマー ウォーレス・マクドナルド モリー・マローン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バーナード・マッコンヴィル