TOP > 映画監督・俳優を探す > コンラート・ファイト

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1951年 まで合計40映画作品)

1932年

黒騎士(1932)

  • 1932年
  • 出演(Hansgeorg von Hochberg 役)

「会議は踊る」「最後の中隊」のコンラート・ファイトと「眠れよ我が子」のマディ・クリスチャンスが主演する映画で、「少年探偵団」のゲルハルト・ランプレヒトが監督に当ったもの。原作はレオ・レンツの小説で、「銀嶺征服」のクルト・J・ブラウンとフィリップ・ロタール・マイリングが脚色に協力し、撮影には「女人禁制」「ガソリン・ボーイ三人組」のフランツ・プラナーが当った。助演者は「踊る奥様」のヴォルフ・アルバッハ・レティーー、新進のウルスラ・グラブレイ、「会議は踊る」のオット・ワルブルク、「ジーグフリード」のベルンハルト・ゲツケ、「罪と罰(1923)」のグレゴリー・クマラという堂々たる顔ぶれである。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
コンラート・ファイト マディ・クリスチャンス ヴォルフ・アルバッハ・レティー ベルンハルト・ゲツケ

南欧横断列車510

  • 1932年
  • 出演(Zurta 役)

ウォルター・フォードが監督に当った映画で、原作クリフォード・グレイ、脚色シドニー・ギリアット、撮影ギュンター・クランプ。主なる出演者は「最後の一兵まで」のエスター・ロールストン、「会議は踊る」のコンラート・ファイト、サイレント時代に活躍したヒュー・ウィリアムズ、「アトランチック」のドナルド・カルスロップ、英映画界の人気チームのハロルド・ハス及びジョーン・バリー、ゴードン・ハーカー、フランク・ヴォスパー等である。

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
エスター・ロールストン コンラート・ファイト ヒュー・ウィリアムズ ドナルド・カルスロップ
1931年

会議は踊る

  • 1931年
  • 出演(Metternich 役)

オペレッタ、音楽劇の演出家として聞えているエリック・シャレルが招聘されたエリッヒ・ポマー・プロダクションの処女作品で、シャレルが監督し、「嘆きの天使」「予審」のロベルト・リープマンが「ワルツの夢」「東洋の秘密」の時と同じくノルベルト・ファルクと協力して脚本を書卸し、「ガソリン・ボーイ三人組」「女王様御命令」のウェルナー・R・ハイマンが作曲し、「愛国者」「ハンガリア狂想曲」のカールホフマンが撮影に当った者。主なる主演者は「ガソリン・ボーイ三人組」のリリアン・ハーヴェイ、「女王様御命令」「愛国者」のヴィリー・フリッチ、「旅愁」「最後の中隊」のコンラット・ファイトを始め、「ハンガリア狂想曲」「白魔」のリル・ダゴファー、「O・F氏のトランク」のアルフレッド・アベル、「泣き笑ひの人生」のオットー・ヴァルブルグ、「女王様御命令」のパウル・ヘルビガー、「予審」のユリウス・ファルケンシュタイン等である。無声。

監督
エリック・シャレル
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ ヴィリー・フリッチ オットー・ヴァルブルグ コンラート・ファイト

旅愁(1931)

  • 1931年
  • 出演(Colonel Sevigne 役)

「最後の中隊」と同じくコンラート・ファイトが主演し、監督も同映画のクルト・ベルンハルトである。原作はフランスの小説家クロード・ファレルの筆になるもので「最後の人」「サンライズ」のカール・マイヤーが脚色し、撮影台本は「最後の中隊」のハインツ・ゴールドベルクが書いた。撮影は「白魔」「月世界の女」のクルト・クーラントで、助演者はウインナ出の新女優トルーデ・フォン・モロー、「二重結婚」「メトロポリス」のハインリヒ・ゲオルゲ、「西部戦線一九一八年」のハンス・ヨアヒム・メービス、フリーダ・リヒャルトその他である。(無声)

監督
クルト・ベルンハルト
出演キャスト
ハインリヒ・ゲオルゲ コンラート・ファイト トルーデ・フォン・モロー Friedl Haerlin
1930年

最後の中隊

  • 1930年
  • 出演(Captain Burk 役)

「六十八番の花嫁」「最後の演技」と同じくコンラート・ファイト氏が主演するもので、ヴィルヘルム、コステルリッツ両氏の草案によってリュドヴィック・フォン・ヴォール氏が台本を作り、新進のクルト・ベルンハルト氏が監督、「プラーグの大学生(1926)」のギュンター・クランプ氏が撮影に当たったヨーエ・マイ・プロダクションである。カリン・エヴァンス嬢、ハインリヒ・グレトラー氏、フィリップ・マニング氏、フェルディナンド・アスパー氏、フェルディナンド・ハルト氏等である。我が国に輸入された発声版は英語版である。

監督
クルト・ベルンハルト
出演キャスト
コンラート・ファイト アーウィン・カルサー エルゼ・ヘラー カリン・エヴァンス
1929年

六十八番の花嫁

  • 1929年
  • 出演(Dick Ashton 役)

「最後の演技」「笑う男」のコンラット・ファイト氏が主演する映画でピーター・ボルト氏の原作から「パンドラの箱」「死の銀嶺」のラディスラウス・ヴァホダ氏が脚色し、「美はしの人生」「ポンペイ最後の日(1926)」のカルミネ・ガローネ氏が監督したもの。主演者を助けて「マッターホン」のクリフォード・マクラグレン氏、エルガ・ブリンク嬢、グレーテ・ベルガー夫人その他が出演している。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
エルガ・ブリンク コンラート・ファイト クリフォード・マクラグレン グレーテ・ベルガー
1928年

笑う男

  • 1928年
  • 出演(Gwynplai 役)

フランス文豪ヴィクトル・ユーゴーの長編名作「笑う男」の映画化で、「支那の鸚鵡」「言論の自由」等を脚色したJ・クラブ・アレキサンダー氏が映画改作並びに撮影台本作成を行い、「支那の鸚鵡」「猫とカナリヤ」と同じくポール・レニ氏が監督した。主役は「ある男の過去」「芸術と手術」等出演のコンラート・ファイト氏と「君が為め命捧げん」「オペラの怪人(1925)」等出演のメアリー・フィルビン嬢との2人で、これを助けて「罪の街」出演のオルガ・バクラノヴァ嬢、最近物故したジョージ・シーグマン氏、サム・ド・グラッス氏、チェザーレ・グラヴィナ氏、スチュアート・ホームズ氏、等が出演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
メアリー・フィルビン コンラート・ファイト Julius Molnar Jr. オルガ・バクラノヴァ
1927年

我れ若し王者なりせば

  • 1927年
  • 出演(Louis_XI 役)

15世紀のフランス詩人フランソワ・ヴイロンのロマンチックな生涯を映画化したもので、パウル・ベルン氏が脚色し、「風薫る島」「女性の敵」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した。主役は「海の野獣」「ボー・ブラムメル」等出演のジョン・バリモア氏が演じ相手女優は「株屋町の突実男」出演のマーセリン・デイ嬢が抜擢されて勤め、「芸術家気質」「カリガリ博士」等出演のコンラッド・ファイト氏、「第四の戒律」出演のヘンリイ・ヴイクター氏が共演するほか、ローソン・バット氏、ルシイー・ボーモン嬢、マック・スウエイン氏、スリム・サマーヴィル氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア コンラート・ファイト マーセリン・デイ ローソン・バット

最後の演技

  • 1927年
  • 出演(Erick_the_Great 役)

「笑う男」「ある男の過去」と同じくコンラッド・ファイト氏が主演した映画で、ジェームズ・アシュモーア・クリールマン氏が原作並びに撮影台本を書いたものを「ブロードウェイ(1929)」「ラスト・モーメント」のポール・フェヨス氏が監督したもので、俳優としては主演者のほかに「愛の巷」のメアリー・フィリビン嬢、「ブロードウェイ(1929)」のレスリー・フェルントン氏、「夢の港」のフレッド・マッケイ氏、グスタフ・パルトス氏、ウィリアム・ターナー氏、アンダース・ランドルフ氏その他が出演している。キャメラは「ブロードウェイ(1929)」「最後の警告」のハル・モーア氏が担当である。

監督
パウル・フェヨス
出演キャスト
コンラート・ファイト メアリー・フィルビン レスリー・フェントン フレッド・マッケイ

ある男の過去

  • 1927年
  • 出演(Dr._Paul_La_Roche 役)

ドイツに於いて「カリガリ博士」「裏町の怪老窟」「芸術と手術」等に出演した名優コンラート・ファイトのユニヴァーサル入社第1回主演映画で、エメリッヒ・フェルデス作の舞台劇「免状」をポール・コーナーが映画的に改作し、更にエミール・フォルストが脚色し、「燃ゆる砂」「干潮」等と同じくジョージ・メルフォードが監督したもの。相手女優は「モヒカン族の最後(1920)」「高原の霸者」等出演のバーバラ・ベッドフォードで、アーサー・エドモンド・カリュー、アイアン・キース、ジョージ・シーグマン等が助演する。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
コンラート・ファイト バーバラ・ベッドフォード アーサー・エドモンド・カリュー アイアン・キース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > コンラート・ファイト

ムービーウォーカー 上へ戻る