TOP > 映画監督・俳優を探す > モリス・W・ストロフ

年代別 映画作品( 1936年 ~ 2007年 まで合計52映画作品)

1956年

夜の乗合自動車

  • 1956年11月14日(水)
  • 音楽

サミュエル・ホプキンス・アダムスの短篇小説“ナイト・バス”によるミュージカル・ラヴ・ロマンス篇。脚本は故ロバート・リスキンとクロード・ビニョンの共同。製作・監督は「征服者(1955)」ディック・パウエル。撮影は「去り行く男」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽監督はモリス・W・ストロフ、歌曲はジョニー・マーサー及びジーン・ド・ポールの共同担当。主演は「戦略空軍司令」以来のジューン・アリソン、「ミスタア・ロバーツ」で昨年度アカデミー助演男優賞獲得のジャック・レモン。他に「軍法会議(1956)」のチャールズ・ビックフォード、「ラスヴェガスで逢いましょう」のジム・バッカス、「野郎どもと女たち」のスタッビー・ケイなど。

監督
ディック・パウエル
出演キャスト
ジューン・アリソン ジャック・レモン チャールス・ビックフォード ポール・ギルバート

去り行く男

  • 1956年2月25日(土)
  • 指揮

「シェーン」と同様、放浪の男を中心とした西部劇で、ポール・I・ウェルマンの小説をラッセル・ヒューズと「太鼓の響き」のデルマー・デイヴスが共同脚色し、デイヴスが監督した。撮影は「長い灰色の線」のチャールズ・ロートン・ジュニア、作曲は「悪人と美女」のデイヴィッド・ラクシン。主な出演者は、「暴力教室」のグレン・フォード、「四角いジャングル」のアーネスト・ボーグナイン、「波止場」のロッド・スタイガー、新星ヴァレリイ・フレンチとフェリシア・ファーなど。

監督
デルマー・デイヴィス
出演キャスト
グレン・フォード アーネスト・ボーグナイン ロッド・スタイガー ヴァレリイ・フレンチ
1962年

ファニー

  • 1962年3月24日(土)
  • 音楽

マルセル・パニョールの名作戯曲『ファニー』『マリウス』『セザール』3部作の映画化で、製作・監督のジョシュア・ローガンは1956年にブロードウェイで、ミュージカル『ファニー』を上演して高名をはせていた。脚色は「雨の朝巴里に死す」のジュリアス・J・エブスティンが担当し、撮影は「ヴァイキング」の名手ジャック・カーディフ。音楽は「草原の野獣」のモリス・W・ストロフである。出演はレスリー・キャロン、ホルスト・ブッフホルツ、モーリス・シュヴァリエなど。

監督
ジョシュア・ローガン
出演キャスト
レスリー・キャロン モーリス・シュヴァリエ シャルル・ボワイエ ホルスト・ブッフホルツ
1960年

わが恋は終りぬ

  • 1960年10月20日(木)
  • 音楽

19世紀の作曲家フランツ・リストの悲恋を描いたメロ・ドラマ。オスカー・ミラードの脚本を、「白鳥(1956)」のチャールズ・ヴィダーが監督した(ヴィダーはウィーン・ロケ中死亡し、ジョージ・キューカー監督が後をついだ)。撮影は「老人と海」のジェームズ・ウォン・ホウ(パナビジョン・レンズで撮影された)。音楽監修モリス・W・ストロフ(演奏はロス・アンゼルス・フィル)。出演はリストに「私のお医者さま」のダーク・ボガードが扮するほか、新人キャプシーヌ、「反乱」のジュヌビェーヴ・パージュら。製作ウィリアム・ゲーツ。

監督
チャールズ・ヴィダー ジョージ・キューカー
出演キャスト
ダーク・ボガード キャプシーヌ ジュヌヴィエーヴ・パージュ イヴァン・デニ

逢うときはいつも他人

  • 1960年9月17日(土)
  • 音楽監修

「暴力教室」の原作者である新進作家エヴァン・ハンターの『逢う時はいつも他人』の映画化である。製作・監督は「媚薬」のリチャード・クワイン(共同製作カーク・ダグラス)。脚本を原作者自身が書いた。撮影は「お熱いのがお好き」のチャールズ・ラング、音楽はジョージ・ダニング。出演は「悪魔の弟子」のカーク・ダグラス、「真夜中」のキム・ノヴァク、「ハバナの男」のアーニー・コバックスら。

監督
リチャード・クワイン
出演キャスト
カーク・ダグラス キム・ノヴァク アーニー・コバックス バーバラ・ラッシュ
1959年

コルドラへの道

  • 1959年8月20日(木)
  • 音楽

「アレクサンダー大王」のロバート・ロッセンが監督したメキシコ革命を背景とするドラマ。「縛り首の木」のゲイリー・クーパーをはじめ、リタ・ヘイワース、ヴァン・ヘフリン、タブ・ハンターらが顔を合せている。原作はグレンドン・スウォースアウト。アイヴァン・モファットとロバート・ロッセンが脚色にあたり、撮影はバーネット・ガフィ。音楽はモリス・W・ストロフ。製作ウィリアム・ゲーツ。

監督
ロバート・ロッセン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー リタ・ヘイワース ヴァン・ヘフリン リチャード・コンテ
1958年

夜の豹

  • 1958年1月10日(金)
  • 指揮

原作はジョン・オハラの同名小説で、リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートが音楽劇化して大当たりをとったものの映画化である。脚色は「掠奪された七人の花嫁」のドロシイ・キングスレイ、監督は「女ひとり」のジョージ・シドニイ、撮影監督は「白人部隊撃滅」のハロルド・リップスタイン。音楽は「女ひとり」のモリス・W・ストロフが総指揮、舞台でのリチャード・ロジャース=ロレンツ・ハートの作曲・作詞をネルソン・リドルと「ピクニック」のジョージ・ダニングが改作、リドルが編曲している。主演は「女ひとり」のキム・ノヴァク、「誇りと情熱」のフランク・シナトラ、「海の荒くれ」のリタ・ヘイワース。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
リタ・ヘイワース フランク・シナトラ キム・ノヴァク バーバラ・ニコルズ
1957年

決断の3時10分

  • 1957年9月28日(土)
  • 指揮

エルモア・レナードの原作をハルステッド・ウェルズが脚色、「襲われた幌馬車」のデルマー・デイヴスが監督した異色西部劇。撮影監督は「夜の乗合自動車」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は作曲が「ピクニック」のジョージ・ダニング、指揮を「女ひとり」のモリス・W・ストロフがとった。主演は、「辺境の掠奪者」のグレン・フォード。「愛欲と戦場」のヴァン・ヘフリン、「襲われた幌馬車」のフェリシア・ファー。

監督
デルマー・デイヴィス
出演キャスト
グレン・フォード ヴァン・ヘフリン フェリシア・ファー レオラ・ダナ

女ひとり(1957)

  • 1957年
  • 指揮

1920年代、ブロードウェイの名女優と謳われたジーン・イーグルスの半生記。「情欲の悪魔」のダニエル・フックスの書下しストーリーをともにフックスと「ボワニー分岐点」のソニア・レヴィーン、それにジョン・ファンテが共同脚色、「愛情物語」のジョージ・シドニーが監督した。撮影は「哀愁物語」のロバート・プランク、作曲は「ピクニック」のジョージ・ダニング。主演は、「黄金の腕」のキム・ノヴァク、「白人部隊撃滅」のジェフ・チャンドラー、「底抜け西部へ行く」のアグネス・ムーアヘッド。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
キム・ノヴァク ジェフ・チャンドラー アグネス・ムーアヘッド チャールズ・ドレイク
1955年

私の夫は二人いる

  • 1955年2月24日(木)
  • 音楽

ジョニー・タップス製作のミュージカル。W・サマセット・モームの舞台劇を「長い灰色の線」のエドワード・ホープとレオナード・スターンが脚色、「不時着結婚」のH・C・ポッターが監督した。テクニカラー撮影は「征服への道」のアーサー・E・アーリング、音楽はモリス・W・ストロフ。「百万長者と結婚する方法」のベティー・グレイブル、TV スターのジャック・レモン、「ショウ・ボート(1951)」のマージ及びガワー・チャンピオン夫妻、マイロン・マコーミックらが出演する。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
ベティー・グレイブル ジャック・レモン ガワー・チャンピオン マージ・チャンピオン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > モリス・W・ストロフ

ムービーウォーカー 上へ戻る