TOP > 人物を探す > フリッツ・ティルマン

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1957年 まで合計3映画作品)

1958年

大いなる不倫

  • 1958年
  • 出演(General Rantzau 役)

西独映画界の大家というハラルト・ブラウン監督の作品が初めて紹介される。十八世紀デンマーク王室を舞台にしたメロドラマ。ロベルト・ニューマンの『王妃の寵臣』をもとに、オド・クローマンとゲルハルト・メンツェルが共同で脚本を書いた。撮影はギュンター・ゼンフトレーベン。音楽はヴェルナー・アイスブレナー。出演は人気俳優オー・ベー・フィッシャー、「スピードを盗む男」の仏女優オディール・ヴェルソワ、「追いつめられて……」」のホルスト・ブッフホルツのほか、ギュンター・ハダンクら。

監督
ハラルト・ブラウン
出演キャスト
O・W・フィッシャー オディール・ヴェルソワ ホルスト・ブッフホルツ ギュンター・ハダンク
1957年

青い潮

  • 1957年7月29日(月)
  • 出演(Dr. Peter 役)

ドイツの劇作家カール・ツックマイヤーの原作をフレデリック・グランデルとフランス系の新鋭監督ヴィクトル・ヴィカスが脚色、マリア・シェルの夫で「最後の橋」の助監督ホルスト・ヘヒラーが台詞を担当、同じくヴィカスが監督した。撮影は「令嬢ジュリー」のイエラン・ストリンドベルイ(文豪ストリンドベリイの甥)、音楽はハンス・マルティン・マイエフスキー。主演は「枯葉」のマリア・シェル、「追想」のイヴァン・デニ、舞台俳優のヴィルヘルム・ボルヘルトとオルガ・リンブルグなど。

監督
ヴィクトル・ヴィカス
出演キャスト
マリア・シェル イヴァン・デニ ヴィルヘルム・ボルヘルト オルガ・リンブルグ

暗殺計画7・20

  • 1957年4月26日(金)
  • 出演(Genelal von Treschkow 役)

一九四四年七月二十日、反ナチ派がやったヒトラー暗殺未遂事件の真相を描くもの。ギュンター・ワイゼンボルンの原作「声なき反抗」を彼自身とヴェルナー・イョルグ・リュデッケが脚色、ファルク・ハルナックが監督した。撮影はカール・レーブ、音楽はヘルベルト・トラントウ。主演は「誰が祖国を売ったか!」のヴォルフガンク・プライスを中心にアンネマリー・デューリンガー、ロベルト・フライターク、フリッツ・ティルマンなど。

監督
ファルク・ハルナック
出演キャスト
ヴォルフガンク・プライス アンネマリー・デューリンガー ロベルト・フライターク フリッツ・ティルマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > フリッツ・ティルマン

ムービーウォーカー 上へ戻る