映画-Movie Walker > 人物を探す > レオナード・ゴールドスティン

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1962年 まで合計12映画作品)

1962年

牧場荒し

  • 1962年4月17日(火)公開
  • 製作

ポリー・ジェームズのオリジナルシナリオをリー・ショレムが監督した西部劇。撮影はウィントン・ホック、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当。出演者は、「罠にかかったパパとママ」のモーリン・オハラ、「五人の札つき娘」のアレックス・ニコル、ロバート・ストラウスなど。

監督
リー・ショレム
出演キャスト
モーリーン・オハラ アレックス・ニコル ロバート・ストラウス ジーン・クーパー
1961年

闘いの太鼓

  • 1961年7月7日(金)公開
  • 製作

スー族とアメリカ開拓者の戦いを描いた西部劇。ダニエル・ジャレットの原作をシルヴィア・リチャーズとモーリス・ジェラティが脚色、ジョージ・シャーマンが監督に当った。撮影を受け持ったのはチャールズ・P・ボイル、音楽担当はハンス・J・サルター。出演するのはイヴォンヌ・デ・カーロ、ヴァン・ヘフリン、ジャック・オーキーなど。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ヴァン・ヘフリン イヴォンヌ・デ・カーロ ロック・ハドソン スーザン・キャボット
1959年

抜き射ち二挺拳銃

  • 1959年11月3日(火)公開
  • 製作

ジェラルド・ドレイソン・アダムスのオリジナル・ストーリーをジョセフ・ホフマンとアダムズが共同脚色した西部劇。監督は「暴力の季節」のドン・シーゲル、撮影は「決斗!一対三」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当。出演は「シマロン・キッド」のオーディ・マーフィ、「宇宙水爆戦」のフェイス・ドマーグ、他にスティーブン・マクナリー、スーザン・キャボットら。製作レオナード・ゴールドスティン。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
オーディ・マーフィ フェイス・ドマーグ スティーブン・マクナリー スーザン・キャボット

レッド・リバー

  • 1959年6月30日(火)公開
  • 製作

アメリカ南北戦争末期の、北部戦線での戦闘をバックに、騎兵隊の活躍やインディアンの襲撃などを描いた西部劇。監督は「顔役時代」のルドルフ・マテ。J・ロバート・ブレンとグラディス・アトウォーターの原作を、シドニー・ボームが脚色している。撮影はエドワード・クロンジェガー。音楽ライオネル・ニューマン。出演するのは「虎の行動」のヴァン・ジョンソン、「地獄の埠頭」のジョアン・ドルー、「赤い空」のリチャード・ブーン、ジェフ・モロー、クレイグ・ヒル等。製作レオナード・ゴールドスティン。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン ジョアン・ドルー リチャード・ブーン ミルバーン・ストーン

挑戦者

  • 1959年4月15日(水)公開
  • 製作

リングの王者が聾唖者だったという設定のボクシング映画。監督は「千の顔を持つ男」「雷撃命令」のジョセフ・ペヴニー。ウィリアム・アランドのオリジナル・ストーリーを「決斗!一対三」のバーナード・ゴードンが脚色している。撮影は「世界を駈ける恋」のアーヴィング・グラスバーグ。音楽ハンス・J・ソルター。主演するのは「手錠のままの脱獄」のトニー・カーティスと「街中の拳銃に狙われる男」のジャン・スターリング、「愛欲と戦場」のモナ・フリーマン。他にウォーレス・フォード、ハリー・シャノン、コニー・ギルクリスト、キャサリン・ロック、ジョー・グレイ、ロン・ハーグレーヴ、ハリー・ガーディノ等が出演している。製作レオナード・ゴールドスティン。黒白・スタンダードサイズ。1952年作品。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス ジャン・スターリング モナ・フリーマン ウォーレス・フォード
1958年

アリババの復讐

  • 1958年5月11日(日)公開
  • 製作

ユニヴァーサル独特の異国趣味アクション・ドラマ。「盗賊王子」の脚色者ジェラルド・ドレイソン・アダムスが、自ら書いた物語を脚色、「与太者時代」のカート・ニューマンが監督した。撮影は「進め!ベンガル連隊」のモーリー・ガーツマン。音楽作曲はハル・ベルファー。「成功の甘き香り」のトニー・カーティスと、「ジョニイ・ダーク」のパイパー・ローリーが「盗賊王子」以来のコンビを組んで主演。「荒野の追跡」のスーザン・キャボットと、「野望に燃える男」のウィリアム・レイノルズ等が助演する。製作はこの種のバグダッド物の得意なレオナード・ゴールドスティン。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
トニー・カーティス パイパー・ローリー スーザン・キャボット ウィリアム・レイノルズ
1955年

白い羽根

  • 1955年7月30日(土)公開
  • 製作総指揮

レオナード・ゴールドスティン(「王者の剣」)のパノラミック・プ ロ製作の西部劇。ジョン・プレブルの原作から「太鼓の響き」のデルマー・デイヴスと「秘密警察」のレオ・タウンゼンドが脚色、「十二哩の暗礁の下に」のロバート・D・ウェッブが監督した。「炎と剣」のロバート・L・ジャックス製作になる1955年作品である。撮影は「炎と剣」のルシエン・バラード、音楽は「ヴェラクルス」のヒューゴー・フリードホーファー。「折れた槍」のロバート・ワグナー、「私刑される女」のジョン・ランド、「ディミトリアスと闘士」のデブラ・パジェット、ジェフリー・ハンター、エドアード・フランツ、ノア・ビアリーなどが出演する。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
ロバート・ワグナー ジョン・ランド デブラ・パジェット ジェフリー・ハンター
1954年

王者の剣

  • 1954年3月26日(金)公開
  • 制作補

新人リチャード・ウィルソンが製作し、美術監督出身の新人ネイサン・ジュランが演出に当ったテクニカラーの砂漠伝奇劇。脚本はジョン・リッチの書きおろし。撮影はモーリー・ガーツマン、音楽監督はジョゼフ・ガーシェンスンの担当。主演は「限りなき追跡」のロック・ハドソンと「ミシシッピの賭博師」のパイパー・ローリーで、ジョージ・マクレディ(「成吉思汗」)、スティーヴン・ジェレイ(「果てしなき蒼空」)、エドガー・バリア、ジーン・エヴァンス、アリス・ケリー(「すべての旗に背いて」)らが助演する。

監督
ネイサン・ジュラン
出演キャスト
ロック・ハドソン パイパー・ローリー ジーン・エヴァンス キャスリーン・ヒューズ
1953年

盗賊王子

  • 1953年4月16日(木)公開
  • 製作

「砂漠の鷹」のレオナード・ゴールドスティンが製作し、「都会の牙」のルドルフ・マテが監督にあたったテクニカラー1950年作品で、セオドア・ドライザー「陽のあたる場所」原作の映画化。脚色は「砂漠の鷹」のジェラルド・ドレイソン・アダムスと「すべての旗に背いて」のイーニアス・マッケンジーの共同。「怒りの河」のアーヴィング・グラスバーグが撮影を、「すべての旗に背いて」のハンス・J・サルターが音楽を担当する。主演はこの映画でコンビを組んだ新進トニー・カーティス「ウィンチェスター銃'73」とパイパー・ローリーで、エヴェレット・スローン「南海の劫火(1951)」ジェフ・コーリー「バグダット」、ペギー・キャッスル「成吉思汗」らが助演。

監督
ルドルフ・マテ
出演キャスト
トニー・カーティス パイパー・ローリー エヴェレット・スローン ジェフ・コーリー
1952年

砂漠の鷹

  • 1952年12月1日(月)公開
  • 製作

「ダイナマイト夫婦」のレオナード・ゴールドスティンが製作した1950年色彩伝記活劇。「成吉思汗」のジェラルド・ドレイスン・アダムスが脚色し、「海の無法者」のフレドリック・デコルドヴァが監督に当たった。撮影は「成吉思汗」のラッセル・メティ、音楽は「ハーヴェイ」のフランク・スキナーである。主演は「海の無法者」のイヴォンヌ・デ・カーロと「激情の断崖」のリチャード・グリーン、以下「成吉思汗」のジョージ・マクレディ、「ウィンチェスター銃'73」のロック・ハドソンらが助演する。

監督
フレデリック・デ・コルドヴァ
出演キャスト
イヴォンヌ・デ・カーロ リチャード・グリーン ジャッキー・グリーソン ジョージ・マクレディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レオナード・ゴールドスティン