映画-Movie Walker > 人物を探す > マルク・ジルベール・ソーヴァジョン

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1965年 まで合計10映画作品)

1965年

左利きのレミー

  • 1965年2月16日公開
  • 脚色、台詞

ピーター・チェイニイの小説『レミー・コーション』を、「全部が獣だ」のベルナール・ボルドリーと「シエラザード」のマルク・ジルベール・ソーヴァジョンが共同脚色、ベルナール・ボルドリーが監督したアクション・ドラマ。撮影は「女は夜の匂い」のロベール・ジュイヤール、音楽は「いぬ」のポール・ミスラキが担当した。出演は「新・七つの大罪」のエディ・コンスタンティーヌ、「唇によだれ」のフランソワーズ・ブリオン、「パリよこんにちは」のフランソワーズ・プレボーなど。製作はシャルル・ボルドリー。

監督
ベルナール・ボルドリー
出演キャスト
エディ・コンスタンティーヌ アンドレ・リュゲ フランソワーズ・ブリオン フランソワーズ・プレヴォー
1963年

シエラザード

  • 1963年9月28日公開
  • 脚色

『千一夜物語』の語り手として知られる美姫シエラザードに「トリスタンとイゾルデ」の伝説を加味した恋愛スペクタクル。原案・脚色はマルク・ジルベール・ソーヴァジョン、ピエール・ガスパール・ユイ、台詞をマルク・ジルベール・ソーヴァジョンが担当、「恋ひとすじに」のピエール・ガスパール・ユイが監督している。撮影は「大盗賊」のクリスチャン・マトラ、音楽はロベール・オッセンの父アンドレ・オッセンが当っている。出演者は「女は女である」のアンナ・カリーナ、「唇によだれ」のジェラール・バレー、「地の果ての恋」のファウスト・トッツイ、「夏物語」のホルヘ・ミストラルなど。製作はミシェル・サフラとセルジェ・シルベルマン。六三年度カンヌ映画祭フランス映画高等技術委員会大賞受賞。イーストマンカラー・スーパーパノラマ七〇ミリ。

監督
ピエール・ガスパール・ユイ
出演キャスト
アンナ・カリーナ ジェラール・バレー アントニオ・ヴィラール マリル・トロ
1957年

反乱(1956)

  • 1957年3月15日公開
  • 脚色、台詞

「海底二万哩」で知られる冒険小説作家ジュール・ヴェルヌの代表作『ミシェル・ストロゴフ』の四度目の映画化。「王様」のマルク・ジルベール・ソーヴァジョンが脚色、「蝶々夫人」のカルミネ・ガローネが監督した。撮影は「夜の騎士道」のロベール・ルフェーヴル、音楽はノルベール・グランベール。主な出演者は「悪の決算」のクルト・ユルゲンス、「外国の陰謀」のジュヌヴィエーヴ・パージュに加えて、「旅路の果て」のアンリ・ナッシェ、「娼婦マヤ」のインキジノフ、「浮気なカロリーヌ」のジャック・ダクミーヌ、イタリアの新星シルヴァ・コシナなど。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
クルト・ユルゲンス ジュヌヴィエーヴ・パージュ ジャック・ダクミーヌ シルヴァ・コシナ
1956年

過去をもつ愛情

  • 1956年11月14日公開
  • 台詞

暗い過去のため、愛し合いつつも結ばれずに別れ去った若き男女の悲恋物語。仏の現代作家ジョゼフ・ケッセルの小説から、「夜は我がもの」のマルセル・リヴェが翻案、「女性の敵」のジャック・コンパネーズが脚色、「ヘッドライト」のアンリ・ヴェルヌイユが監督を夫々担当。台詞はマルク・ジルベール・ソーヴァジョン。撮影は「他国者は殺せ」のロジェ、ユベール、音楽はミシェル・ルグラン。出演者は「ヘッドライト」のフランソワーズ・アルヌール、「巴里野郎」のダニエル・ジェラン、「太陽に向って走れ」のトレヴァー・ハワード、他にマルセル・ダリオ、子役のジャック・ムウリエール(首輪のない犬)など。オリジナル版は123分。

監督
アンリ・ヴェルヌイユ
出演キャスト
フランソワーズ・アルヌール ダニエル・ジェラン トレヴァー・ハワード マルセル・ダリオ

フルフル

  • 1956年8月14日公開
  • 台詞

一人の愛すべき女性の半生を通じて物語られるパリの姿を描く。原作は「浮気なカロリーヌ」「歴史は女で作られる」のセシル・サン・ローラン。A・E・カールが脚色し、戦前「リビア白騎隊」などで我が国にも知られ、戦後は仏伊映画界で活躍するアウグスト・ジェニーナ。「男の世界」のアンリ・アルカンが撮影を「バラ色の人生」の作曲者ルイギが音楽を担当する。主な出演者は「巴里の気まぐれ娘」のダニー・ロバン、「陽気なドン・カミロ」のジーノ・チェルヴィ、「肉体の怒り」のフィリップ・ルメール、「我が青春のマリアンヌ」のイザベル・ピアなど。

監督
アウグスト・ジェニーナ
出演キャスト
ダニー・ロバン ジーノ・チェルヴィ フィリップ・ルメール イヴァン・デニ
1950年

王樣

  • 1950年6月17日公開
  • 監督、脚本、脚色

「幻の馬」「山師ボオトラン」の脚色者マルクジルベール・ソーヴァジョンが監督に転じての第二回作品で、ロベール・ド・フレール、G・アルマン・ド・カイヤヴェ、エマニュエル・アレーン合作の喜劇を監督者自ら脚色、台本を執筆した。撮影は「ジブラルタルの鮫」のロベール・ルフェーヴルが指揮し、音楽はジャン・マリオン作曲、歌曲はフリード、ブールテール及びバンデールが作詞作曲した。主演は「沈黙は金」「シュヴァリエの放浪児」のモーリス・シュヴァリエで、「ジブラルタルの鮫」「あらし(1939)」のアニー・デュコオ、我が国には初めての人気女優ソフィー・デマレエ、作家であり俳優であるアルフルレッド・アダン、「しのび泣き」のジャン・ヴァール、ロベール・ミュルゾオ、ロベール・ヴァッティエ等が助演する一九四九年作品である。

監督
マルク・ジルベール・ソーヴァジョン
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ アニー・デュコオ ソフィー・デマレエ アルフレ・アダン

キュピドン酒場

  • 1950年4月4日公開
  • 監督

マルク・ジルベール・ソーヴァジョンの第一回監督作品。娯楽探偵映画。

監督
マルク・ジルベール・ソーヴァジョン
出演キャスト
ピエール・ブランシャール
1948年

山師ボオトラン

  • 1948年4月公開
  • 脚色

文豪バルザックの『親爺ゴリオ』他三四作の登場人物山師ボオトランを中心人物としてフランス文豪の大先輩、アカデミイ会員のピエール・ブノアが潤色、監督のピエール・ビヨンとマルク・ジルベール・ソーヴァジョンの共同脚色、監督のビヨンは戦前「第二情報部」「南方飛行」でその作品を知られている。撮影はポオル・コトレ、音楽はモーリス・ティリエの作曲でコンセルヴァトワァルの会員の演奏。主演者としては「悲恋」のマドレーヌ・ソローニュ、「旅路の果て」のミシェル・シモン、二枚目のジョルジュ・マルシャルに、「望郷(1937)」「影の部分」のリーヌ・ノロ「美女と野獣」のマルセル・アンドレその他フランス映画の特徴である腕達者の傍役で作品に厚味を添えている。

監督
ピエール・ビヨン
出演キャスト
ミシェル・シモン マドレーヌ・ソローニュ ジョルジュ・マルシャル マルセル・アンドレ
1946年

弾痕(1946)

  • 1946年公開
  • 台詞

「幻の馬車」「椿姫(1934)」「佛蘭西座」のピエール・フレネーが主演する一九四六年作品で、アレックス・ジョフェとジャン・レヴィットが書きおろし「山師ボオトラン」のマルク・ジルベール・ソーヴァジョンが台詞を書き「背信」「暁に帰る」のアンリ・ドコアンが監督に当った。撮影は「商船テナシチー」のアルマン・ティラールが指揮し音楽はアンリ・デュティユが作曲した。助演は「悪魔が夜来る」のフェルナン・ルドウ、新進女優アンドレ・クレマン、テレーズ・ドルニー、アルベール・レミ等である。

監督
アンリ・ドコアン
出演キャスト
ピエール・フレネー フェルナン・ルドウ アンドレ・クレマン テレーズ・ドルニー
1945年

幻の馬(1945)

  • 1945年公開
  • ストーリー

「カルメン(1946)」「青春乱舞」のクリスチャン・ジャックが監督した映画で、クロード・ボンコンパン作の小説に基き、「山師ボオトラン」のマルク・ジルベール・ソーヴァジョンがストーリーを書き、監督ジャックが「悪魔が夜来る」のジャック・プレヴェールと協力して脚本を執筆、プレヴェールが台詞を書いた。撮影は「高原の情熱」のルイ・パージュで、音楽はアンリ・ヴェルダンが作曲している。出演俳優は「悪魔が夜来る」のフェルナン・ルドウ、コメディー・フランセーズ座附のルネ・フォール、「高原の情熱」のマドレーヌ・ロバンソン、新進のロジェ・ピゴー、「カルメン(1946)」のリュシアン・コエデル、ピエール・ラブリ等である。

監督
クリスチャン・ジャック
出演キャスト
フェルナン・ルドウ ルネ・フォール マドレーヌ・ロバンソン ロジェ・ピゴー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マルク・ジルベール・ソーヴァジョン