TOP > 映画監督・俳優を探す > ジュリオ・カーリ

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1957年 まで合計3映画作品)

1956年

恋愛時代

  • 1956年6月26日(火)
  • 出演(Grand Father 役)

「にがい米」で一躍認められたジュゼッペ・デ・サンティスの監督、撮影は「にがい米」のオテロ・マルテリ、「裸足の伯爵夫人」の音楽を担当したマリオ・ナシンベーネ。主演は「悪者は地獄へ行け」のマリナ・ヴラディ、「パリはいつもパリ」のマルチェロ・マストロヤンニ。

監督
ジュゼッペ・デ・サンティス
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ マリナ・ヴラディ リュシアン・ギャラス ジュリオ・カーリ
1957年

人間と狼

  • 1957年3月16日(土)
  • 出演(Nazzareno 役)

雪深い寒村を背景に狼を追う人間の愛情と闘争を描いた、「恋愛時代」のジュゼッペ・デ・サンティスの監督作品。サンティスとトニーノ・グエッラ、エリオ・ペトリの三人の書下しストーリイを、右のほかウーゴ・ピッロ、ジャンニ・プッチーニ、イーヴォ・ペリッリが共同で脚色した。撮影は「ナポリの饗宴」のピエロ・ポルタルーピ、音楽は「裸足の伯爵夫人」のマリオ・ナシンベーネ。主な出演者は「ユリシーズ(1954)」のシルヴァーナ・マンガーノ、「悪の決算」のイヴ・モンタン、「征服者」のペドロ・アルメンダリス。

監督
ジュゼッペ・デ・サンティス
出演キャスト
シルヴァーナ・マンガーノ イヴ・モンタン ペドロ・アルメンダリス Irene Cefaro
1951年

ポー河の水車小屋

  • 1951年11月25日(日)
  • 出演(Smarazzacucco 役)

イタリア現代作家リカルド・バッケッリの長篇散文詩を映画化した一九四九年作品で、フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネリが脚色、「無慈悲」のアルベルト・ラットゥアーダが監督する。撮影は「シーラ山の狼」のアルド・トンティ、音楽は現代イタリア楽壇の第一人者イルデブランド・ビゼッチ、製作は「白い国境線」のカルロ・ポンティ。主演は「荒野の抱擁」のカルラ・デル・ポッジョ、「シーラ山の狼」のジャック・セルナス、以下マリオ・ベゼスティ、ジュリオ・カーリ、アンナ・カレーナ、ジャコモ・ジュラディらが助演する。

監督
アルベルト・ラットゥアーダ
出演キャスト
カルラ・デル・ポッジョ ジャック・セルナス マリオ・ベゼスティ ジュリオ・カーリ

ジュリオ・カーリの関連人物

Tazio Pozzi  Gildo Spaggiari  Luigi Lazzarini  Annamaria Pinti  Bruno Salvalai 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジュリオ・カーリ

ムービーウォーカー 上へ戻る