TOP > 人物を探す > ジーン・ファウラー

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1953年 まで合計10映画作品)

1953年

最後の無法者

  • 1953年1月10日(土)
  • 脚色

ウォルター・ノーブル・バーンズの伝説から「結婚クーデター」のハワード・エメット・ロジャースがブラッドバリー・フートと共に映画用のストーリーを書き、「野性の叫び(1935)」のジーン・ファウラーが脚色した西部の伝説的英雄ビリー・ザ・キッド伝で、アーヴィング・アシャー製作になる1941年作品。監督は「われら自身のもの」のデイヴィッド・ミラーで、これが第1回作品。撮影は「仔鹿物語」のレナード・スミスと「ジャンヌ・ダーク」のウィリアム・V・スコールの共同。音楽は「風車の秘密」のデイヴィッド・スネルの担当である。主演は「黒騎士」のロバート・テイラー、「死の接吻(1947)」のブライアン・ドンレヴィで、「ベデリア」のアイアン・ハンター、「エイブ・リンカン」のメアリー・ハワード、「ジャンヌ・ダーク」のジーン・ロックハート、「地獄への道」のロン・チャニー・ジュニア、ヘンリー・オニール、グィン・ウィリアムスらが助演。

監督
デイヴィッド・ミラー
出演キャスト
ロバート・テイラー ブライアン・ドンレヴィ イアン・ハンター メアリー・ハワード
1937年

誘拐者

  • 1937年
  • 脚色

「軍使」「二国旗の下に」のビクター・マクラグレン、「間諜最後の日」「狂恋」のピーター・ローレ、「大地」「結婚クーデター」のウォルター・コノリーが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コーのストーリーを「ガルシアの伝令」のジーン・ファウラーがハル・ロングと協力脚色、「情無用ッ」「ガルシアの伝令」のジョージ・マーシャルが監督、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・クロジェガーが撮影したもの。助演者は「永遠の戦場」のジューン・ラング、「五つ児王国」のロバート・ケント、しんしんのシャーリー・ディーン、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダインその他である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ウォルター・コノリー ピーター・ローレ ジューン・ラング
1936年

白牙(1936)

  • 1936年
  • 脚色

「野生の叫び」の姉妹編たるジャック・ロンドン作小説の映画で、「テンプルの福の神」「五ツ児誕生」のマイケル・ウェーレンと「真夏の夜の夢」「最初の接吻」のジーン・ミューアが主演する。脚色は「ガルシアの伝令」のジーン・ファウラーと「シュヴァリエの巴里っ子」のハル・ロングがS・G・ダンカンと協力してあたり、「テンプルの灯台守」「テンプルの愛国者」のデビィッド・パトラーが監督し、「可愛いオディ」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「運河のそよ風」のスリム・サマーヴィル、「ショウボート(1936)」のチャールズ・ウィニンジャー、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、「テンプルの福の神」のジェーン・ダーウェル、トーマス・ベック、犬のライトニング等である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
マイケル・ウェーレン ジーン・ミューア スリム・サマーヴィル チャールズ・ウィニンジャー

ガルシアの伝令

  • 1936年
  • 脚色

「噫初恋」「奇傑パンチョ」のウォーレス・ビアリー、「愛の弾丸」「近代脱線娘」のバーバラ・スタンウィック、「空飛ぶ音楽」「ロジタ(1936)」のジョン・ボールズが主演する映画で、「情無用ッ」「水兵万歳」のジョージ・マーシャルが監督にあたったもの。エルバート・ハッバートのエッセイとアンドリュー・S・ロウアンの著書を素材として、「戦う巨象」「嵐の三色旗」のW・P・リプスコームが「野性の叫び(1935)」「曲芸団」のジーン・ファウラーと協力して脚本を書いた。助演者は「小牧師(1934)」のアラン・ヘール、「恋のセレナーデ」のハーバート・マンディン、モナ・バリー、エンリケ・アコスタその他で、撮影は「リリオム」「メトロポリタン(1935)」のルドルフ・マテの担当である。

監督
ジョージ・マーシャル レイモンド・グリフィス
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー バーバラ・スタンウィック ジョン・ボールズ アラン・ヘイル
1935年

野性の叫び(1935)

  • 1935年
  • 脚色

「結婚十分前」「白衣の騎士」のクラーク・ゲーブル、「十字軍」「濁流」のロレッタ・ヤング、「電話新鮮組」「カレッジ・リズム」のジャック・オーキーが顔合わせ主演する映画で、ジャック・ロンドン作小説を「曲芸団」のジーン・ファウラーと「復活(1934)」のレオナード・プラスキンスが脚色し、「電話新鮮組」のウィリアム・A・ウェルマンが監督し、「ムーラン・ルージュ」のチャールズ・ロシャーが撮影したもの。助演者は「痴人の愛」のレジナルド・オーウェン、「十字軍」のキャサリン・デミル、「小牧師(1934)」のフランク・コンロイ、その他である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ロレッタ・ヤング ジャック・オーキー レジナルド・オーウェン
1934年

曲芸団

  • 1934年
  • 脚本

ダリル・F・ザナックの製作した作品で「バワリイ」「奇傑パンチョ」のウォーレス・ビアリーが主演する映画。脚本は「栄光のハリウッド」「恋の手ほどき(1933)」のジーン・ファウラーと「明日の太陽」のベス・メレディスとが協力して書き下ろしたもので「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングがそれを監督し、「新世紀」「街の伊達男」のペヴァレル・マーレーが撮影を担当した。助演者じゃ「可愛いマーカちゃん」「夫の日記」のアドルフ・マンジュウを始めとし「奥様御寵愛」のヴァージニア・ブルース、「あたしは別よ」のロチェル・ハドソン、ジャネット・ビーチャー、ジョン・ハイアムスその他。この映画はアメリカの一代のサーカス王バーナムの経歴を脚色したものである。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー アドルフ・マンジュウ ヴァージニア・ブルース ロチェル・ハドソン

合点!!承知!!

  • 1934年
  • 原作

「ボレロ」「妾は天使じゃない」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で、ベン・ヘクトとジーン・ファウラーが共作した舞台劇を「勝利の朝」「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが「女難アパート」「美人探し」のクロード・ビニヨンと共同脚色した。出演者は「絢爛たる殺人」「めりけん音頭」のジャック・オーキー、「波止場の天使」「可愛いマーカちゃん」の故ドロシー・デル、ラジオ界の人気者ベン・バーニー、「恋の凱歌」のアリソン・スキップワース、「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンス、「空飛ぶ悪魔」のアーリーン・ジャッジ、「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「暗夜行路」の故ルー・コディ等で、「絢爛たる殺人」「ボレロ」のレオ・トーヴァーが撮影に当った。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ジャック・オーキー ベン・バーニー ドロシー・デル アリソン・スキップワース
1933年

恋の手ほどき(1933)

  • 1933年
  • 脚本

「坊やはお休み」に次ぐモーリス・シュヴァリエ主演映画で、同じくノーマン・タウログが監督に当たったもの。「坊やはお休み」の脚色をしたベンジャミン・グレイザーが「地方検事」の脚色者ジーン・ファウラーと共同してシュヴァリエのために書き下ろした台本に「響け応援歌」の共同脚色者クロード・ビニヨンとフランク・バトラーが台詞を追加し、撮影は「坊やはお休み」「戦場よさらば」のチャールズ・ラングの担任。助演者は「暗黒街の顔役(1932)」「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「坊やはお休み」「極楽特急」のエドワード・エヴァレット・ホートンを始め「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、「密林の王者」のニディア・ウェストマン及びシドニー・トーラー、「ナイトクラブの女」のブランシュ・フレデリシ、アーサー・ハウスマン、アーサー・ピアソン等である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ アン・ヴォーザーク エドワード・エヴァレット・ホートン ミナ・ゴンベル
1932年

地方検事

  • 1932年
  • 脚本、台詞

「アルセーヌ・ルパン」「海の巨人(1930)」のジョン・バリモアが主演する映画で、「坊やはお休み」「人間の横道」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「市街」「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「人間の横道」「激流を横切る女」のジル・エスモンドが共演している。ルイ・スチーブンスが書き下ろした物語を、「速成成金」の脚色監督者ローランド・ブラウンがジーン・ファウラーと共同で脚色して台詞をつけ「火の翼」「銀鱗に躍る」のジョージ・アーチェンボードが監督し、「火の翼」「心の青空」のレオ・トーヴァーが撮影した。なお頭記のほか「結婚二筋道」のメアリー・ダンカン、「蒼白い瞼」のC・ヘンリー・ゴードン、「聖ジョンソン」のラルフ・インス、「仮面の米国」のオスカー・アッフェル等が出演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ジョン・バリモア ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ジル・エスモンド ウィリアム・ボイド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジーン・ファウラー

ムービーウォーカー 上へ戻る