TOP > 人物を探す > カール・フレーリッヒ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1954年 まで合計13映画作品)

1939年

故郷(1939)

  • 1939年
  • 監督

イプセンの『人形の家』のノラと並んで、19世紀未の目覚めた女の代表であるマグダの姿を描いたズーダーマンの『故郷』が原作であるが、ナチスの国策のため結未が変更されている。監督はドイツ映画の長老カール・フレーリッヒ。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ツァラー・レアンダー ハインリヒ・ゲオルゲ フランツ・シャフハイトリン パウル・ヘルビガー
1954年

さんざめく舞踏会の夜

  • 1954年11月9日(火)
  • 監督

「白痴(1921)」「故郷」などのカール・フレーリッヒが一九三九年に監督した作品で、チャイコフスキーと美貌の婦人との悲恋を描くもの。ゲオルク・ヴィットゥーンとジーン・ヴィクターのストーリーよりゲザ・フォン・ツィフラが脚色、フランク・ティースが台辞を担当した。撮影は「双児のロッテ」のフランツ・ワイマイヤー、音楽は「罪ある女」のテオ・マッケベンの指揮でベルリン国立歌劇管弦楽団が演奏している。主演者は「故郷」のツァラー・レアンダーで、「二つの世界の男」のアリベルト・ヴェッシャー、ピアニストのハンス・シュテューヴェ、マリカ・レック、レオ・スレザークが共演する。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ツァラー・レアンダー アリベルト・ヴェッシャー ハンス・ステューヴェ マリカ・レック
1937年

人生の馬鹿

  • 1937年
  • 監督

「たそがれの維納」「女ひとり」のパウラ・ヴェセリーと「夢見る唇」「郷愁」のルドルフ・フォルスターが主演する映画。原作はマリアンネ・フォン・アーンゲルン作の小説で、これをエルヴィン・ヘスが脚色し、「卒業試験(1933)」「題名のない映画(1935)」のカール・フレーリッヒが監督製作したもので、撮影には「たそがれの維納」「未完成交響楽(1933)」のフランツ・プラナーが、音楽には「白馬旅館」の作曲者として名あるラルフ・ベナッキーが、それぞれ当たっている。助演俳優はヒルデ・ワグナー、グスタフ・ヴァルダウ、グレトル・タイマー、ハンス・オルデン、エゴン・フォン・ヨルダン等舞台人が多く、「早春(1936)」に出演したジョルジュ・ブーランジェも特別出演している。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
パウラ・ヴェセリー ルドルフ・フォルスター ヒルデ・ワグナー グスタフ・ヴァルダウ
1933年

卒業試験(1933)

  • 1933年
  • 監督、製作

「制服の処女(1931)」を製作指揮したカール・フレーリッヒが自ら監督に当って製作した映画で、マックス・ドライエル作の戯曲『卒業試験』に基いてロベルト・アドルフ・シュテムレとワルター・ズッパーが共同して脚色した。撮影は「制服の処女(1931)」「O・F氏のトランク」のライマール・クンツェの担当、音楽はワルター・グロノスタイが選定に当った。主役は「制服の処女(1931)」「黒衣の処女」のヘルタ・ティーレで、新人アルバート・リーヴェン、「ヒットラー青年」のハインリヒ・ゲオルゲ、ペーター・フォス、フーゴー・フレーリッヒ、カルスタ・レエク、フリッツ・ライフ、ヘルベルト・フェプナー等が共演している。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ハインリヒ・ゲオルゲ ペーター・フォス Paul Mederow Julius Herrmann
1931年

制服の処女(1931)

  • 1931年
  • 総指揮

「白痴(1921)」「激流の哀曲」の監督者カール・フレーリッヒが総指揮のもとに完成された作品で、クリスタ・ウィンスロー原作の舞台劇『昨日と今日』を、ウィンスロー自身及びF・D・アンダムが共同で脚色し、ラインハルト門下の女流舞台監督として令名あるレオンティーネ・ザガンが第一回作品としてメガフォンを取った。出演者は全部舞台女優であり、映画には初出演の人々のみを集められている。主演はドロテア・ヴィーク、ヘルタ・ティーレ、エレン・シュヴァネッケ等の若い女優及び、エミリア・ウンダ等である。キャメラはライマール・クンツェ、フランツ・ワイマイヤーの二人である。

監督
レオンティーネ・ザガン
出演キャスト
ドロテア・ヴィーク エミリア・ウンダ Hedwig Shlichter ヘルタ・ティーレ
1924年

母と子(1924)

  • 1924年
  • 監督

「ユーディット」を書いたので有名なドイツの戯曲家ウィリアム・ヘッベル氏の原作を、ロベルト・リープマン氏とワルター・ズッパー氏が脚色し、カール・フレーリッヒ氏が監督したもので、主役は「朝から夜中まで」「ウィリアム・テル(1922)」等出演のエルナ・モレナ嬢、「デセプション」「白黒姉妹」等出演のヘンニ・ポルテン嬢で、その他フリードリッヒ・カイスラー氏、ヴィルヘルム・ディーゲルマン氏等が出演する。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
フリードリッヒ・カイスラー エルナ・モレナ ヴィリー・フリッチ ヴィルヘルム・ディーゲルマン
1922年

恋と嵐

  • 1922年
  • 監督

「カラマーゾフ兄弟」の監督者カール・フレーリッヒがシルレルの悲劇を映画化したものであるが、古物ではあるし検閲の際に甚だしくカットされている。ただドイツ映画界一流俳優を殆ど全部集めた贅沢なキャストは見物である。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ワルター・ヤンセン フリードリッヒ・キューネ パウル・ハルトマン ラインホルト・シュンツェル
1921年

死人島

  • 1921年
  • 監督、原作

「カラマーゾフ兄弟」「白痴(1921)」等の監督者として有名なカール・フレーリッヒ氏が原作監督したデクラ・ビオスコープ映画で、「白痴(1921)」で良い腕を見せたワルター・ヤンセン氏や「カラマーゾフ兄弟」「世界に鳴る女」等のベルンハルト・ゲツケ氏や「岡寺の観音」で観音様に扮し「カリガリ博士」にも出演したリル・ダゴファー嬢等、なかなか腕利きの俳優が揃って居る。複雑した恋愛関係から起こる親子二代に渉った語りである。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ベルンハルト・ゲツケ Olga Wajan ワルター・ヤンセン Mathilde Sussin
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > カール・フレーリッヒ