TOP > 人物を探す > アンリ・ギゾール

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2011年 まで合計7映画作品)

1962年

巌窟王(1962)

  • 1962年9月1日(土)
  • 出演(Abbe Faria 役)

おなじみアレクサンドル・デュマ原作の映画化。「快傑キャピタン」のジャン・アランが脚色、「青い牝馬」のコンビ、クロード・オータン・ララが監督、ジャック・ナトーが撮影。音楽は「肉体の悪魔(1947)」のルネ・クロエレック。出演は「カンカン」のルイ・ジュールダンに「甘い生活」のイヴォンヌ・フルノー、ほかにピエール・モンディ、ジャン・クロード・ミシェルなど。製作はジャン・ジャック・ヴィタル、ルネ・モディアノ。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ルイ・ジュールダン イヴォンヌ・フルノー ピエール・モンディ フランコ・シルヴァ

45回転の殺人

  • 1962年1月25日(木)
  • 出演(Georges Moliot 役)

『悪魔のような女』の原作者ピエール・ボワロー、トーマス・ナルスジャックの共作になる推理小説を新人監督エティエンヌ・ペリエが演出した犯罪ドラマ。脚本はドミニク・ファーブル、エティエンヌ・ペリエ、アルベール・ヴァランタンの三人の共同執筆。撮影はマルセル・ウェイス、音楽はイヴ・クローエが担当した。出演者はダニエル・ダリュー、ミシェル・オークレール、ジャン・セルヴェ、アンリ・ギゾール、ジャクリーン・ダンノなど。

監督
エティエンヌ・ペリエ
出演キャスト
ダニエル・ダリュー ミシェル・オークレール ジャン・セルヴェ アンリ・ギゾール
2011年

歴史は女で作られる デジタル・リマスター完全復元版

  • 2011年12月23日(金)
  • 出演(Maurice 役)

19世紀に実在した美貌の踊り子、ローラ・モンテスの恋のアヴァンチュールを描いたフランス映画伝説のクラシック。2009年シネマテーク・フランセーズの手により巨匠マックス・オフュルス監督の意図どおりに復元された世紀の名作が、デジタル・リマスター完全復元版として上映。

監督
マックス・オフュルス
出演キャスト
マルティーヌ・キャロル ピーター・ユスティノフ アントン・ウォルブルック イヴァン・デニ
1956年

歴史は女で作られる

  • 1956年3月10日(土)
  • 出演(Maurice 役)

「輪舞(1950)」のマックス・オフュルスが、美女ロラ・モンテスを中心として、女性心理の奥底を描いている。原作は「浮気なカロリーヌ」の作者セシル・サン・ローランの“ロラ・モンテスの数奇な生涯”で、これを、女流脚本家で日仏合作映画「からっ風の颱風」(仮題)のダイアローグ・ライターとして来日したアネット・ワドマンと、オフュルスが共同脚色し、仏語台詞はジャック・ナタンソン。撮影は「女優ナナ(1955)」のクリスチャン・マトラ、音楽は「善人は若死にする」のジョルジュ・オーリック。主な出演者は「女優ナナ(1955)」のマルティーヌ・キャロルの他、「俺たちは天使じゃない」のピーター・ユスティノフ、「埋れた青春」のアントン・ウォルブルック、ドイツ人俳優ウィル・キャドフリーグ、イヴァン・デニ、オスカー・ヴェルナーの五人が、彼女をめぐる男達を演ずる。

監督
マックス・オフュルス
出演キャスト
マルティーヌ・キャロル ピーター・ユスティノフ アントン・ウォルブルック イヴァン・デニ
1955年

青春の果実

  • 1955年6月10日(金)
  • 出演(Edouard Gravieres 役)

「娼婦マヤ」のレイモン・ベルナールが一九五四年に監督した恋愛コメディでフィリップ・エリアの小説からジャン・マルサンとベルナールが脚色し台詞を書いた。撮影は「埋れた青春」のロベール・ルフェーヴル、音楽は「南の誘惑(1950)」のフランシス・ロペスである。「青い麦」のエドウィジュ・フィエール、新人エチカ・シューロー、「密告」のジャンヌ・フュジェ・ジル、「テオドラ」のアンリ・ギゾール、クロード・ニコなどが出演する。

監督
レイモン・ベルナール
出演キャスト
エドウィジュ・フィエール エチカ・シューロー ジャンヌ・フュジェ・ジル ポーリーヌ・カルトン
1954年

戦車を駆る女王 テオドラ

  • 1954年12月13日(月)
  • 出演(Giovanni Di Cappadocia 役)

イタリアとフランスの両ルックス社が合作した一九五四年作品で、東ローマ帝国を背景にした色彩のスペクタクル史劇。監督はイタリアでこの種の作品を専門に手がけているリカルド・フレーダである。「青ひげ」の脚色者アンドレ・ポール・アントワーヌとフレーダ監督が協力して書きおろした原作を、「花咲ける騎士道」のルネ・ウェレル、クロード・アキュルシ、ラニエーリ・コケッティ、それにフレーダ監督の四人が脚色した。撮影はロドルフォ・ロンバルディ、音楽は「ヨーロッパ一九五一年」のレンツォ・ロッセリーニの担当。主演は新人のジャンナ・マリア・カナーレと「モロッコ守備隊」のジョルジュ・マルシャルで、ロジェ・ピゴー、レナート・バルディーニ(「街は自衛する」)、新人イレーネ・パパス、カルレット・スポジート(「純愛」)、アンリ・ギゾールらが助演する。

監督
リカルド・フレーダ
出演キャスト
ジョルジュ・マルシャル ジャンナ・マリア・カナーレ アンリ・ギゾール ロジェ・ピゴー
1948年

あらし(1939)

  • 1948年6月8日(火)
  • 出演(Charlie 役)

一九三九年、戦前に製作された映画で、我国には初めての監督ベルナール・デシャンが演出したメロドラマであり、脚本はアンドレ・カイヤットが監督デシャンと共同で書卸した。主演は未公開の「大いなる幻影」に出演したハリウッドの大監督名優だったエリック・フォン・シュトロハイム、ようえんの名高いアルレッティ、「格子なき牢獄」「楽聖ベートーヴェン」のアニー・デュコオ、古くからの二枚目俳優アンドレ・リュゲエ、「大いなる幻影」「脱出」のマルセル・ダリオで、アンリ・ギゾール、ジャン・ドビュクール、ジャック・ルーヴィニイ、キャレット、アンリ・ブリ等が助演する。キャメラはミシェル・ケルベが指揮し、音楽はマルセル・ドウランノワが作曲している。

監督
ベルナール・デシャン
出演キャスト
エリッヒ・フォン・シュトロハイム アルレッティ アンドレ・リュゲ アニー・デュコオ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アンリ・ギゾール

ムービーウォーカー 上へ戻る