映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・スモール

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1971年 まで合計21映画作品)

1941年

コルシカの兄弟

  • 1941年当年公開
  • 製作

「ガンガ・ディン」「ゼンダ城の虜(1937)」のダグラス・フェアバンク・ジュニアが主演する映画で、アレクサンドル・デュマの小説から「最後の地獄船」のジョージ・ブルースと「町の人気者」のハワード・エスタブルックが自由に改作し、これをブルースが脚色し、「四人の息子(1941)」「嘆きの白薔薇」のグレゴリー・ラトフが監督し「断崖」のハリー・ストラドリングが撮影したもの。助演は「市民ケーン」のルース・ウォーリック、「北北海の仔」のエイキム・タミロフ、「ベニーの勲章」のJ・キャロル・ナイシュ、「幽霊ニューヨークを歩く」のH・B・ワーナー、「十字軍」のヘンリー・ウィルコクスン等である。

監督
グレゴリー・ラトフ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ルース・ウォリック エイキム・タミロフ J・キャロル・ナイシュ
1937年

海の巨人(1937)

  • 1937年当年公開
  • 製作

「男の敵」のヴィクター・マクラグレン及びプレストン・フォスター、「科学者の道」のドナルド・ウッズ、「歌へ陽気に」のアイダ・ルビーノが競演する映画で、「太平洋横断」のフランク・ウィードが自らの現行を「愛の弾丸」のジョン・ツウィストと協力脚色し、「頓間パルーカ」のベン・ストロフが監督し、「世界の歌姫」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「小公子」のヘレン・フリント、「青春の抗議」のピエール・ワトキン、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル等である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン プレストン・フォスター ドナルド・ウッズ アイダ・ルピノ

新人豪華版

  • 1937年当年公開
  • 製作

「女学生大行進」「カレッジ・リズム」のジョー・ペナー、音楽劇やラジオの人気者ミルトン・パール、「当たり屋勘太」のパーキャカーカスことハリー・パーク、艦隊を追って」のハリエット・ヒリヤード、「市街戦」のジェローム・コウマン、新顔のウィリアム・ブレディ、セルマ・リーズ及びロレーン・クルーガーが共演するもので、ジョージ・ブラッドショウ作の物語「靴の紐」に基づいて「深夜の星」のハワード・J・グリーン、「ロイドの牛乳屋」のハリー・クローク及びハロルド・キュゼルが協力してストーリーを書き「ロジタ(1936)」のナット・ペリン、「聖林裸道中」のフィリップ・G・エプスタイン及びアーヴィング・S・プレチャーが共同脚色し「聖林裸道中」「世界の唄姫」のリー・ジェーンスが監督に当たり、「世界の唄姫」のJ・ロイ・ハントが撮影した。なお前記の俳優の外、芸人連が多勢出演している。

監督
レイ・ジェイスン
出演キャスト
ジョー・ペナー ミルトン・バール ハリー・パーク ハリエット・ヒリヤード

スタアと殺人鬼

  • 1937年当年公開
  • 製作

「世界の歌姫」「バーレスクの王様」のジャック・オーキーと「青春万歳「空中散歩」のアン・サザーンが主演する映画で、ハリー・セゴール作の舞台喜劇を「大学の人気者」のアーネスト・パガノと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色、「海の巨人(1937)」「薔薇色遊覧船」のベン・ストロフが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」「札つき女」のエドワード・チアネーリ、新顔のアラン・ブルース、「風雲児アドバース」のジョーン・ウッドベリー、エドガー・ケネディ、ブラッドリー・ペイジ等である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
ジャック・オーキー アン・サザーン エドワード・チアネーリ アラン・ブルース

富豪一代

  • 1937年当年公開
  • 製作

[街は春風」「大自然の凱歌」のエドワード・アーノルド「報道戦」「大自然の凱歌」のフランセス・ファーマー、「天国漫歩」「男装」のケイリイー・グラント、「世界の歌姫」「テキサス決死隊(1936)」のジャック・オーキーが主演する映画で、ブック・ホワイト作の「ダニエル・ドルウ伝」およびマッシュウ・ジョゼフストン作の「強盗資本家」を素材として「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが、「海の巨人(1937)」のジョン・ツウィスト、「愛の弾丸」のジョエル・セイヤーと協同脚色し、「血に笑う男」「三銃士(1935)」のロウランド・V・リーが監督に当たり、「愛の花篭」「目撃者(1936)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「空駆ける恋」「特ダネ戦線」のドナルド・ミーク、ラジオやナイトクラブの歌手で短篇映画に出ていたセルマ・リーズ、新顔のクラレンス・コルブ、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート、「テンプルの灯台守」のジョージ・アーヴィング「人生は四十二から」のジョイス・コンプトン、フランク・M・トーマス等の面々である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
エドワード・アーノルド ケーリー・グラント フランセス・ファーマー ジャック・オーキー
1936年

モヒカン族の最後(1936)

  • 1936年当年公開
  • 製作

ジェームズ・フェニモア・クーパー作の『モヒカン族の最後』の映画化で、「薔薇はなぜ紅い」「艦隊を追って」のランドルフ・スコット、「黄金(1936)」「ダイアモンド・ジム」のビニー・バーンズ、「十字軍」「クレオパトラ(1934)」のヘンリー・ウイルコクスンを始め、「暗黒街全滅」のブルース・キャボット、「男の敵」のヘザー・エンジェル「白蛾」のフィリップ・リード、「丘の一本松」のロバート・バラット、ヒュウ・バックラーおよびウイラード・ロバートスンが共演する。監督は「断乎戦うべし」「歓楽の女王」のジョージ・B・サイツで、ジョン・L・ボルダーストン、ポール・ペレス、ダニエル・ムーアが協力して潤色し、「忘れじの歌」「巌窟王(1934)」に参与したフィリップ・ダンが脚色した。撮影は「忘れじの歌」のロバート・ブランクが担当している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ランドルフ・スコット ビニー・バーンズ ヘザー・エンジェル ヒュー・バックラー
1935年

ギャング撲滅

  • 1935年当年公開
  • 製作

「麦畑を荒らす者」「冷蔵庫の赤ん坊」のリチャード・アーレン、「曲芸団」のヴァージニア・ブルース、「コンチネンタル」のアリス・ブラディ、「海軍士官候補生(1933)」のブルース・キャボットが主演するGメン映画で、「薔薇色遊覧船」のジョゼフ・モンキュア・マーチが「電話新選組」のエルマー・ハリスと協力して台本を書き下ろし、「逆スパイ」「春の火遊び」のサム・ウッドが監督に当たり、「巌窟王(1934)」のペヴァレル・マーレーが「麦秋」のロバート・ブランクと共同撮影したもの。助演者は「幸運の悪魔」のエリック・リンデン、「悪夢」のハーヴェイ・スティーブンス、「ホワイト・パレード」のジョイス・コンプトン、「麦秋」のバーバラ・ペッパー、ゴードン・ジョーンズ等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
リチャード・アーレン ヴァージニア・ブルース アリス・ブラディ ブルース・キャボット

娘無軌道旅行

  • 1935年当年公開
  • 製作

「愛の弾丸」「紅唇罪あり」のバーバラ・スタンウィックが主演するリライアンス映画である。原作は「舞台に立つ妻」の脚色者ハムスリー・ピアスンが書き卸し、ピアスン自ら「フットライト・パレード」のマヌエル・セフと協力して脚色し、「ムーラン・ルージュ」「彼女は制服が好き」のシドニ、・ランフィールドが監督の当たり「麦秋」「暗黒街全滅」のロバート・ブランクが撮影している。助演俳優は「ロスチャイルド」「空の軍隊」のロバート・ヤングを始め、「女優ナナ」のハーディー・オルブライト、「ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス」のクリフ・エドワーズ「春を手さぐる」のルース・ドネリー。新顔のゴードン・ジョーンズ、「夜の12時」のパーネル・プラットその他である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ロバート・ヤング ハーディー・オルブライト クリフ・エドワーズ
1934年

巌窟王(1934)

  • 1934年当年公開
  • 製作

アレクサンドル・デュマ作の怪奇小説を映画化したもので、「生ける人形」「ブタペストの動物園」のローランド・V・リーが監督に当たり、脚色にもリーがフィリップ・ダン及びダン・トザローと共同して任じた。キャメラは「ロスチャイルド」「新世紀」のペヴァレル・マーレーが受け持っている。主役は「ヘンリー八世」に出演した英国劇団の若手ロバート・ドーナットが演じ、「仮面の男(1933)」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディ、「我輩はカモである」のルイス・カルハーン、「世界大洪水」のシドニー・ブラックマー、「ブタペストの動物園」のO・P・ヘギー、舞台から来たレイモンド・ウォルバーン、「蒼白い瞼」のダグラス・ウォルトン、「生ける人形」のジョージア・ケイン、「南風」のアイリーン・ハーヴェイ、ルイ・アルバーニ、ジュリエット・コンプトン等が助演している。製作はエドワード・スモールのリライアンス・ピクチュアス社である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ロバート・ドーナット エリッサ・ランディ シドニー・ブラックマー ルイス・カルハーン

薔薇色遊覧船

  • 1934年当年公開
  • 製作

「蛍の光」「空中レヴュー時代」のジーン・レイモンド、「鏡の前の接吻」「暗夜行路」のナンシー・キャロル、マスター・オヴ・セレモニースとして有名なジャック・ベニーが主演する映画で、レオン・ゴードンが書き下ろし「フープラ」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「暴走する悪魔」「恐怖の夜」のベンジャミン・ストロフが監督に当たり「ルムバ」「光は野より」のテッド・テズラフが撮影した。助演は英国から招かれた喜劇俳優シドニー・ハワード、「可愛いアンニー」のミッチー・グリーン「妾の弱点」のシド・シルヴァース、「世界大洪水」のシドニー・ブラックマー、「ますらを」のラルフ・モーガン、「恋に賭けるな」のシャーリー・グレイ、サム・ハーディ、パッシー・ケリー、ロバート・エリオット等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ジーン・レイモンド ナンシー・キャロル ジャック・ベニー シドニー・ハワード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・スモール