映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・ソルダーティ

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1990年 まで合計6映画作品)

1990年

アメリカンブライド

  • 1990年6月16日(土)公開
  • 原作

ヨーロッパ系アメリカ人同士の結婚と不倫の愛を描いた人間ドラマ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはフランチェスコ・カサッティ、製作はアウグスト・カミニート、監督は“Attention”(未)のジョヴァンニ・ソルダティ、監督の実父マリオ・ソルダーティの原作を元に、ジーノ・カポネ、ブライアン・フリーノ、ジョヴァンニが共同で脚色、撮影はロマノ・アルバーニ、音楽はジーノ・パオリが担当。出演はステファニア・サンドレッリ、ハーヴェイ・カイテルほか。

監督
ジョヴァンニ・ソルダティ
出演キャスト
ステファニア・サンドレッリ トミー・ベルグレン トルーディ・スタイラー ハーヴェイ・カイテル
1956年

戦争と平和(1956)

  • 1956年12月22日公開
  • 監督助手

露の文豪レオ・トルストイの不朽の名作“戦争と平和”の映画化である。伊のポンティ=デ・ラウレンティイス・プロの作品。製作は「ユリシーズ」のディノ・デ・ラウレンティス。脚色はブリジット・ボーランド、ロバート・ウェスタービーに伊のマリオ・カメリーニとエンニオ・デ・コンチーニさらに監督のキング・ヴィダーと5名が協力し、「星のない男」のヴィダーが監督している。協力監督は「河の女」のマリオ・ソルダーティ、撮影は英のジャック・カーディフと伊のアルド・トンティの共同。編曲は「平和に生きる」のニーノ・ロータ、音楽監督はフランコ・フェラーラ。出演は「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘップバーン、「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダ、「美しのロザリンダ」のメル・ファーラーを中心に、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロム「地獄の翼」のアニタ・エクバーグ、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「エディ・フォイ物語」のミリ・ヴィターレ、「貴女は若すぎる」のアンナ・マリア・フェレロ、「水爆持逃げ道中」のオスカー・ホモルカなど。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン ヘンリー・フォンダ メル・フェラー ヴィットリオ・ガスマン

河の女(1955)

  • 1956年1月6日公開
  • 監督、脚色

イタリアの作家アルベルト・モラヴィア(「ローマの女」の原作者)と、エンニオ・フライアーノの協力による書きおろしストーリーをバジリオ・フランキーナ始め六人が共同脚色し「O・K・ネロ」のマリオ・ソルダーティが監督した。撮影は「われら女性」のオテロ・マルテリ、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノとアルマンド・トロバヨーリが夫々担当している。出演は「ナポリの饗宴」のソフィア・ローレンを始め映画初デビューのリック・バッタリア、ジェラール・ウーリー、リーゼ・ボウルディン、エンリコ・オリヴィエリなど。

監督
マリオ・ソルダーティ
出演キャスト
ソフィア・ローレン ジェラール・ウーリー リーゼ・ボウルディン リック・バッタリア
1954年

O・K・ネロ

  • 1954年8月17日公開
  • 監督

ステノとモニチェッリの原作から、ステノ、モニチェッリ、ウンベルト・スカルペッリ、アージェ、コンティネンツァ、チァンネッリの六人が脚色、マリオ・ソルダーティが監督に当った喜劇作品。撮影は「街は自衛する」のマリオ・モントゥオーリ、音楽はマリオ・ナシンベーネ。出演者はわがくに初登場のシルヴァーナ・パンパニーニをはじめ、ワルター・キアーリ、カルロ・カンパニーニ、ジャッキー・フロースト、ジーノ・チェルヴィ(「陽気なドン・カミロ」)、アルバ・アルノーヴァ(「懐かしの日々」)など。

監督
マリオ・ソルダーティ
出演キャスト
ワルター・キアーリ シルヴァーナ・パンパニーニ カルロ・カンパニーニ ジーノ・チェルヴィ
1937年

ナポリのそよ風

  • 1937年公開
  • 脚色

「殿方は嘘吐き」と同じくマリオ・カメリーニが監督したヴィットリオ・デ・シーカ主演映画で、「ポンペイ最後の日(1926)」を共同監督したアムレート・パレルミがストーリーを書卸し、「殿方は嘘吐き」を脚色したマリオ・ソルダーティが監督のカメリーニと協力して脚本を執筆した。キャメラは「リビア白騎隊」「シピオネ」のアンキーゼ・ブリッツィ、音楽はレンツォ・ロッセリーニがそれぞれ担当している。主演のデ・シーカを助けてアッシア・ノリス、ルービ・ダルマをはじめウンベルト・メルナティ、マリオ・カサレッジオ、カテリーナ・コーロ等が出演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
ヴィットリオ・デ・シーカ アッシア・ノリス ルービ・ダルマ ウンベルト・メルナティ
1932年

殿方は嘘吐き

  • 1932年公開
  • 脚色

イタリア映画界での古参の一人たるマリオ・カメリーニが監督した映画で、アルド・デ・ベネデッティと監督カメリーニが共同執筆した原作をマリオ・ソルダーティが脚色したもの。撮影は「鋼鉄」のマシーモ・テルツァーノとドメニコ・スカラの担任。主演者は新進のリア・フランカとヴィットリオ・デ・シーカで、チェサーレ・ゾペッティ、アルド・モスキーノ、マリアモンテサーノ等が助演している。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
リア・フランカ ヴィットリオ・デ・シーカ チェサーレ・ゾペッティ アルド・モスキーノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・ソルダーティ