映画-Movie Walker > 人物を探す > ダンカン・レナルド

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1952年 まで合計7映画作品)

1952年

誰が為に鐘は鳴る(1943)

  • 1952年10月1日(水)公開
  • 出演(Lieut._Berrendo 役)

アーネスト・ヘミングウェイ(「破局」)の同名の長篇小説を色彩映画化した1943年作品。B・G・デシルヴァが製作指揮し、「アパッチ族の最後」のサム・ウッドが製作、監督に当たった。脚色は「駅馬車(1939)」のダドリー・ニコルズ、撮影は「ネブラスカ魂」のレイ・レナハン、音楽は「旅愁」のヴィクター・ヤングの担当である。主演派「ダラス」のゲイリー・クーパーと「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンで、以下エイキム・タミロフ、「情炎の海」のアルチュロ・デ・コルドヴァ、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「渡洋爆撃隊」のウラジミル・ソコロフ、本作品でアカデミー助演賞を得たカティナ・パクシヌーらが助演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ゲイリー・クーパー イングリッド・バーグマン エイキム・タミロフ アルトゥーロ・デ・コルドヴァ

西部の侠児

  • 1952年1月公開
  • 出演(Cisco_Kid 役)

オー・ヘンリーの短編に現われるシスコ・キッドを主人公とする西部劇で、「モヒカン族の最後(1934)」の監督者フォード・ビーブがシナリオを書き、ダーウィン・アブラハムが監督した。「西部の挑戦」と同じくダンカン・レナルドとレオ・カリーロが主役を演じ製作も同じくフィリップ・N・クラスン。

監督
ダーウィン・アブラハム
出演キャスト
ダンカン・レナルド レオ・カリーロ ジェーン・アダムス ウィリアム・レスター
1951年

アリゾナ無宿

  • 1951年4月21日(土)公開
  • 出演(Cisco 役)

フィリップ・N・クラスンが製作するシスコ・キッド・シリーズの一篇。1949年作品で、監督はウォーレス・フォックス、脚本はアデール・バフィントン、撮影はアーネスト・ミラーが担当。主演はシスコ役専門のダンカン・レナルドとレオ・カリーロ(「歴史は夜作られる」)で、ジョン・ライテル(「ラスティの伝令」)、スタンリー・アンドリュース等が助演。

監督
ウォーレス・フォックス
出演キャスト
ダンカン・レナルド レオ・カリーロ ジョン・ライテル スタンリー・アンドリュース

西部の挑戦

  • 1951年4月21日(土)公開
  • 出演(Cisco 役)

主演のダンカン・レナルドとレオ・カリーロ、及び全スタッフが「アリゾナ無宿」と全く同じのシスコ・キッド・シリーズ1949年作品。即ち製作フィリップ・N・クラスン、監督ウォーレス・フォックス、脚本ドリス・シュローダー、撮影アーネスト・ミラー、音楽監督アルバート・グラッサー。助演者はアルミダ「我が心の歌(1942)」、ジョゼフ・ソウヤア「二重生活」。

監督
ウォーレス・フォックス
出演キャスト
ダンカン・レナルド レオ・カリーロ アルミダ ジョセフ・ソーヤー
1938年

北海の子

  • 1938年当年公開
  • 出演(Ivan 役)

「海の魂」「ボレロ」のジョージ・ラット、「暗黒街の弾痕」「丘の一本松」のヘンリー・フォンダ、「台風」「たくましき男」のドロシー・ラムーアが主演する映画で「海の魂」「丘の一本松」のヘンリー・ハサウェイが監督に当っている、バーレット・ウイロビーが書いたストーリーに基づき、「大自然の凱歌」「上海特急」のジュールス・ファースマンと「ロミオとジュリエット」「大地」のタルボット・ジェニングスとが協力脚色したもの。キャメラは「海の魂」「真珠の首飾」のチャールズ・ラングが擔当した。助演は「海賊(1938)」「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「ロミオとジュリエット」「君若き頃」のジョン・バリモア、新人ルイズ・ブラット、「女を捜せ」のリン・オヴアマン、「乙女の湖」「どん底」のウラジミル・ソコロフ、「トレイダ・ホーン(1931)」ダンカン・レナルド、「暗黒街の弾痕」のジョン・レイ等である。なお伴奏楽は「失われた地平線」のディミトリ・ティオムキンが作曲した。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ジョージ・ラフト ヘンリー・フォンダ ドロシー・ラムーア エイキム・タミロフ
1937年

吠えろ密林

  • 1937年当年公開
  • 出演(Rogers 役)

「マルガ(1934)」「パンジャ」の製作者たるフランク・バックが主演する猛獣活劇で、ジョージ・ローズナー、シャーマン・ロウ、ハリー・ホイト、ジョージ・M・メルフォード4名が脚本を書き下ろし、活劇専門のジョージ・メルフォードとハリー・フレイザーが共同監督したもの。助演者は「ロマンス乾杯」のレジナルド・デニー、「不思議の国のアリス(1933)」のシャーロット・ヘンリー、「狂乱のマンダレー」のエスター・ラルストン、槍の名手サッシャ・ジーメル、「三角の月」のウィリアム・ブレイクウェル等である。撮影はエドワード・リンデンが担当した。

監督
ジョージ・M・メルフォード ハリー・フレイザー
出演キャスト
フランク・バック サッシャ・ジーメル レジナルド・デニー エスター・ロールストン
1931年

トレイダ・ホーン(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Peru 役)

「南海の白影」のW・S・ヴァン・ダイクがアフリカにロケーションして監督したもので、エセルリダ・ルイス著の同名の寓話物語に基づいてデール・ヴァン・エヴァリーとジョン・トーマス・ネヴィルとが共同して新たにストーリーを書き、「歓楽の孤児」「銀界の伊達者」のリチャード・スカイヤーが台本を作製した。主役は全て西部活劇俳優として活躍したハリー・ケイリーが勤め、新進のエドウィナ・ブース、ダンカン・レナルド及びケイリー夫人たるオリーヴ・ゴードン、原住民のミューティア・オムールが助演している。カメラマンは「南海の白影」「異教徒」のクライド・デ・ヴィナである。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ハリー・ケイリー エドウィナ・ブース ダンカン・レナルド ミューティア・オムール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダンカン・レナルド