映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティー・ジュウエル

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1927年 まで合計5映画作品)

1927年

令嬢馬賊

  • 1927年
  • 出演(Janet_Lane 役)

「アリゾナの天地」に続くゲイリー・クーパー氏主演西部劇で、リチャード・アレン・ゲイツ氏作の物語をジョン・ストーン氏とジエー・ウォルター・ルーベン氏とが脚色し「吃驚仰天」「令嬢無銭旅行」等と同じくアーサー・ロッスン氏が監督したもので、相手役は「アリゾナの天地」「怪騎手」出演のベティー・ジユウエル嬢と「青春の喜び」に出演したパ社俳優学校出身のジャック・ルーデン氏が勤め、ハーバート・プライアー氏、ビリー・バッツ君等が助演するほかクーパー氏の愛馬フラッシュが活躍している。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ベティー・ジュウエル ジャック・ルーデン ハーバート・プライアー

怪騎手

  • 1927年
  • 出演(Dorothy_King 役)

「快傑義涙」「森の男(1926)」に続いて発表されたジャック・ホルト氏主演西部劇で前記二映画と同じくゼーン・グリイ氏作の小説をジョン・ウォーターズ氏が監督したもの。脚色者はフレッド・マイトン氏とポール・ガングロン氏である。相手役は新進のベテイー・ジユウエル嬢が勤め、トム・ケネディー氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ガイ・オリヴァー氏、アーサー・ホイト氏、チャールズ・セロン氏等が共演している。

監督
ゼーン・グレイ ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ジャック・ホルト ベティー・ジュウエル チャールズ・セロン デイヴィッド・トーレンス

アリゾナの天地

  • 1927年
  • 出演(Anne_Winslow 役)

「夢想の楽園」「離婚時代」出演のゲイリー・クーパーの第1回主演西部劇で、リチャード・アレン・ゲイツ作の物語をマリオン・ジャクソンが改作し、ジョン・ストーンとポール・ガンジェリンとが脚色し、「快傑義涙」「森の男(1926)」等と同じくジョン・ウォーターズが監督したもの。相手女優は「怪騎手」出演のベティー・ジュウエルで、ジャック・ドハーティー、エル・ブレンデル、ジョー・バターウォース、ガイ・オリヴァーほか、名馬フラッシユ号が活躍している。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ベティー・ジュウエル エル・ブレンデル ジャック・ドハーティー
1926年

お前とならば空までも

  • 1926年
  • 出演(Hattie_Potash 役)

「滑稽ホリウッド」と同じくモンタギュー・グラス氏とジュールス・エッカート・グッドマン氏との合作舞台劇をフランセス・マリオン女史が脚色し、「ステラ・ダラス(1925)」「ロモラ」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので主役は「滑稽ホリウッド」と同じくジョージ・シドニー氏とアレクサンダー・カー氏とが演じ「ドロシー・ヴァーノン」「王様万歳」等出演のアラン・フォレスト氏、「沈黙の命令」等出演のベティー・ジュウエル嬢、リリアン・エリオット嬢、ロバート・シェプール氏等が助演する愉快なる笑劇である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジョージ・シドニー アレクサンダー・カー ベティー・ジュウエル アラン・フォレスト
1923年

沈黙の命令

  • 1923年
  • 出演(Dolores 役)

ルーファス・キングの原作になる小説を、「ネロ」「牧人王ダビデ」「幻に戦きつつ」等と同じくJ・ゴードン・エドワーズが監督したもの。主役は最近フォックスのスターになったエドモンド・ロウで、対手役はアルマ・テルと、昨年暮れ不慮の死を遂げたマーサ・マンスフィールドとである。アメリカ大西洋艦隊の出動する大活劇である。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
エドモンド・ロウ ベラ・ルゴシ カール・ハーボー マーティン・ファウスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティー・ジュウエル