TOP > 人物を探す > ハンス・ホルト

年代別 映画作品( 1939年 ~ 2011年 まで合計6映画作品)

1959年

続・菩提樹

  • 1959年8月14日(金)
  • 出演(Baron Trapp 役)

好評を博した「菩提樹」の続篇。トラップ一家のアメリカでの生活が描かれる。前篇と同じく監督はヴォルフガング・リーベンアイナーで、撮影のウェルナー・クリーン、音楽のフランツ・グローテも前篇と同じ。脚本を「戦場の叫び」のヘルベルト・ライネッカーが担当している。出演するのも「鉄条網」のルート・ロイヴェリックをはじめ、ミハエル・アンデ、ハンス・ホルト等前篇と同じ。製作ハインツ・アーベル。

監督
ヴォルフガング・リーベンアイナー
出演キャスト
ルート・ロイヴェリック ハンス・ホルト ヨゼフ・マインラート ウォルフガング・ヴァール
1957年

菩提樹

  • 1957年12月24日(火)
  • 出演(Baron Trapp 役)

修道女から男爵夫人となり、七人の子供とともにトラップ合唱隊をつくったマリア・アウグストの波乱に満ちた若き日を描いた音楽映画。ゲオルク・フルダレックの脚本により、俳優出身で戦前から監督をしていたヴォルフガング・リーベンアイナーが監督した。撮影はウェルナー・クリーン、音楽はフランツ・グローテ。主演は舞台出身のハンス・ホルト、ルート・ロイヴェリックの二人。

監督
ヴォルフガング・リーベンアイナー
出演キャスト
ルート・ロイヴェリック ハンス・ホルト ヨゼフ・マインラート ミハエル・アンデ
1951年

モツアルトの恋

  • 1951年12月25日(火)
  • 出演(W. A. Mozart 役)

オーストリアで製作されたモーツアルト伝記映画で、リヒャルト・ビリンガーの脚本を「維納物語」のカール・ハートルが監督した。撮影はギュンター・アンデルスとP・イヴァノ、音楽監督は「ワルツ合戦」のアロイス・メリヒャルが担当し、ウィン・フィルハアモニイ交響楽団が演奏する。主演はハンス・ホルトの他「旅する人々」のイレーネ・フォン・マイエンドルフ、以下ウィニー・マルクス、ルネ・デルトゲンらが助演する。

監督
カール・ハートル
出演キャスト
ハンス・ホルト ウィニー・マルクス イレーネ・フォン・マイエンドルフ ルネ・デルトゲン
2011年

モーツァルトの恋

  • 2011年5月14日(土)
  • 出演(モーツァルト 役)

18世紀のヨーロッパで活躍した天才作曲家モーツァルトの生涯を、ウェーバー家の姉妹との三角関係などのエピソードを盛り込んで描いた伝記映画。モーツァルトが生み出した名曲の数々が物語を彩る。1942年のオーストリア映画を製作から60年以上を経て日本初公開。モーツァルトを演じるのは、「菩提樹」のハンス・ホルト。

監督
カール・ハートル
出演キャスト
ハンス・ホルト ウィニー・マルクス イレーネ・フォン・マイエンドルフ ルネ・デルトゲン
1939年
1956年

白夜の果てに

  • 1956年6月8日(金)
  • 出演(Mitja 役)

過去に何度か映画化されているアレクサンドル・プーシュキンの原作『ポストマイスター』を、「罪ある女」のゲルハルト・メンツェルが脚色し、「母の瞳」のグスタフ・ウツィツキが監督した帝政ロシア時代の田舎娘の哀話である。撮影はハンス・シュネーベルガー(「二つの世界の男」ベルリン・ロケ)、音楽は「たそがれの維納」のウィリー・シュミット・ゲントナー。出演者は、無声映画時代からのヴェテラン、ハインリヒ・ゲオルゲ(「故郷」)、ヒルデ・クラール、ジークフリート・ブロイアー(「第三の男」)、ハンス・ホルト(「モツアルトの恋」)。

監督
グスタフ・ウツィツキ
出演キャスト
ハインリヒ・ゲオルゲ ヒルデ・クラール ジークフリート・ブロイアー ハンス・ホルト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ハンス・ホルト

ムービーウォーカー 上へ戻る