映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ウォーターズ

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2005年 まで合計13映画作品)

2005年

インサイド・ディープ・スロート

  • 2005年11月12日(土)公開
  • 出演(John Waters 役)

記録的ヒットを飛ばし、社会現象にまでなったポルノ映画「ディープ・スロート」。そのユニークな経緯を、関係者の証言を交えて検証する異色ドキュメンタリー。

監督
フェントン・ベイリー ランディ・バルバート
出演キャスト
ジェラルド・ダミアーノ ハリー・リームズ リンダ・ラヴレイス ロン・ヴェルトハイム

チャイルド・プレイ チャッキーの種

  • 2005年8月13日(土)公開
  • 出演(ピート・ピーターズ 役)

殺戮人形の暴走を描く人気ホラー・シリーズの第5弾。我が子と再会したチャッキー&ティファニー夫妻がハリウッドで、子育ての方針を巡り大騒動を繰り広げる。

監督
ドン・マンシーニ
出演キャスト
ブラッド・ドゥーリフ ジェニファー・ティリー レッドマン ハンナ・スピリアット
2001年

セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 監督、脚本

「I love ペッカー」の奇才、J・ウォーターズの最新作。予算ゼロの型破りな方法で撮影を敢行する“映画テロリスト”たちの奮闘を、シニカルな笑い満載で描く。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
スティーブン・ドーフ メラニー・グリフィス アリシア・ウィット ラリー・ギラード・ジュニア

ギター弾きの恋

  • 2001年3月17日(土)公開
  • 出演(Mr.Haynes 役)

'30年代を舞台に、天才ジャズ・ギタリストの半生を描く人間ドラマ。不器用なミュージシャンの奔放な生きざまと真実の恋を、ジプシー・ジャズを交えて郷愁たっぷりにつづる。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ショーン・ペン サマンサ・モートン ユマ・サーマン グレッチェン・モル
1999年

I loveペッカー

  • 1999年10月30日(土)公開
  • 監督、脚本

ひょんなことで天才写真家にまつりあげられた青年をめぐる騒動をコミカルに描いた青春群像劇。監督・脚本は「シリアル・ママ」のジョン・ウォータース。製作のジョン・フィードラーとマーク・ターロフ、撮影のロバート・スティーヴンス(「知らなすぎた男」)は「シリアル・ママ」に続く参加で、美術のヴィンセント・ペラニオ、編集のジャニス・ハンプトン、衣裳のヴァン・スミスはウォータース作品の常連。音楽はスコアを「グリッドロック」のスチュワート・コープランド。出演は「グラスハープ 草の竪琴」のエドワード・ファーロング、「バッファロー66」のクリスティーナ・リッチ、「ハリケーン・クラブ」のブレンダン・セクストン三世、「I SHOT ANDY WARHOL」のリリ・テイラーほか。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
エドワード・ファーロング クリスティーナ・リッチ リリ・テイラー メアリー・ケイ・プレイス
1997年

ピンク・フラミンゴ<特別篇>

  • 1997年当年公開
  • 監督、製作、脚本、撮影、編集

ボルチモアを舞台に、下品世界一をめぐって争うふたつの変態家族を描いたカルト映画の名作の監督自身による特別版。監督・脚本・製作・撮影は本作で一躍売った「シリアル・ママ」のジョン・ウォータースで、彼自身の紹介による未公開秘蔵映像が追加された。出演は本作でウォータースと共に名声を得たディヴァインほか。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ディヴァイン デイヴィッド・ロチャリー Mary Vivian Pearce ミンク・ストール
1995年

シリアル・ママ

  • 1995年4月29日(土)公開
  • 監督、脚本

社会に溢れる理不尽な輩に怒りの鉄槌を降り下ろし、殺人を繰り返す良き家庭の平凡な主婦の姿を通して、現代人の心の中に巣食うフラストレーションと怒りと殺人衝動を鋭くえぐる悪趣味なブラックユーモアに満ちたホーム・ドラマ。ドラマは実録形式で描かれ、アメリカにおける犯罪とメディアの関係、裁判や死刑問題に対する風刺も痛烈。監督・脚本は「ピンク・フラミンゴ」「クライ・ベイビー」などで知られるカルト映画作家ジョン・ウォーターズ。製作は「愛を殺さないで」のジョン・フィードラーとマーク・ターロフのコンビ。撮影は「裸の銃を持つ男」シリーズのロバート・スティーヴンス、音楽は「ロボコップ」「沈黙の要塞」のバジル・ポールドゥリス。美術のヴィンセント・ペラーニオ、衣装のヴァン・スミス、編集のジャニス・ハンプトンとエリカ・ハギンズと、ウォーターズ作品の常連スタッフが集結。主演は「白いドレスの女」「ローズ家の戦争」のキャスリーン・ターナー。共演は「キリング・フィールド」のサム・ウォーターストン、「クライ・ベイビー」のリッキー・レイク、監督とは10作目のコンビとなるミンク・ストールら。また「クライ・ベイビー」にも出演した元ポルノクイーンのトレイシー・ローズ、テロリストに誘拐された末に、その仲間となって銀行強盗を働いて有名になった新聞王の孫娘パトリシア・ハースト、そして自身の役で登場する全米TV界の人気女優スザンヌ・サマーズなど、異色キャストも話題に。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
キャスリーン・ターナー サム・ウォーターストン リッキー・レイク マシュー・リラード
1991年

クライ・ベイビー

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 監督、脚本

カルト・ムービーの傑作「ピンク・フラミンゴ」で知られるジョン・ウォーターズが、監督したミュージカル・ラブ・コメディ。製作はレイチェル・タラレイ。エグゼクティブ・プロデューサーはジム・エイブラハムズとブライアン・グレイザー。撮影はデヴィッド・インスレー。音楽はパトリック・ウィリアムス。ミュージック・スーパー・バイザーは「フットルース」「フラッシュダンス」のベッキー・マンクーソと「ペギー・スーの結婚」のティム・セクストン。編集はジャニス・ハンプトン。主演は、「シザーハンズ」のジョニー・デップとこれが初主演となるエイミー・ロケイン。共演は、「初恋物語」のスーザン・ティレル、イギー・アンド・ストゥージスのリードヴォーカルをつとめるイギー・ポップ、「ヘアースプレー」のリッキー・レイク、ポルノ界の女王トレイシー・ローズなど。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ジョニー・デップ エイミー・ロケイン スーザン・ティレル ポリー・バーゲン
1990年

天使が降りたホーム・タウン

  • 1990年5月26日(土)公開
  • 出演

少し頭の弱い男と人間不信の女が、旅を経て心を通いあわせる姿を描くロード・ムーヴィー。製作はモーリッツ・ボーマンとジム・キャディ、監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はパトリック・シリーロ、撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽はエデュアルド・アルテミエフが担当。出演はジェームズ・ベルーシー、ウーピー・ゴールドバーグほか。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ ウーピー・ゴールドバーグ カレン・ブラック ジョン・ウォーターズ
1989年

ヘアースプレー

  • 1989年4月1日(土)公開
  • 監督、脚本

歌とダンスを背景に60年代の風俗を描くコメディ。製作はレイチェル・タラレイ、監督・脚本は「ポリエステル」のジョン・ウォーターズ、撮影はデイヴィッド・インスレーが担当。主演はリッキー・レイク、ディヴァインほか。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ソニー・ボノ リッキー・レイク ディヴァイン コリーン・フィッツパトリック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ウォーターズ