映画-Movie Walker > 人物を探す > ルネ・フォール

年代別 映画作品( 1945年 ~ 2010年 まで合計6映画作品)

1954年

怪僧ラスプーチン(1954)

  • 1954年
  • 出演(Vera 役)

王政ロシア末期に怪僧の名を轟かしたラスプーチン(1871-1916)の生涯を描くイーストマンカラー色彩一九五四年映画。製作者出のジョルジュ・コンブレが、彼とクロード・ボワソル共作の脚本から監督した。撮影は「浮気は巴里で」のピエール・プティ、音楽は「禁断の木の実」のポール・デュラン。出演者は「青ひげ」のピエール・ブラッスール、「われら女性」のイザ・ミランダ、ロベール・ビュルニエ、「アンリエットの巴里祭」のミシュリーヌ・フランセイ、「愛すべき御婦人たち」のルネ・フォール、ミリー・ヴィターレ、ジャック・ベルティエ、クロード・レーデュ、ドニーズ・グレーなど。

監督
ジョルジュ・コンブレ
出演キャスト
ピエール・ブラッスール イザ・ミランダ ロベール・ビュルニエ ミシュリーヌ・フランセイ

愛すべき御婦人たち

  • 1954年3月
  • 出演(Alice 役)

「花咲ける騎士道」につづくクリスチャン・ジャック監督の一九五二年作品。「禁断の木の実」のジャック・コンパネーズと「嘆きのテレーズ」のシャルル・スパークがクリスチャン・ジャックと協力して脚本を書卸し、台詞はスパークが担当した。撮影は「双頭の鷲」のクリスチャン・マトラ、音楽は「夜ごとの美女」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主演者は「恋路(1951)」のダニエル・ジェランを中心に、「快楽」のダニエル・ダリュー、「浮気なカロリーヌ」のマルティーヌ・キャロル、「双頭の鷲」のエドウィジュ・フィエール、「パルムの僧院」のルネ・フォール、イタリイ出身のアントネラ・ルアルディ、「アンリエットの巴里祭」のルイ・セニエらが助演する。

監督
クリスチャン=ジャック
出演キャスト
ダニエル・ジェラン アントネラ・ルアルディ ダニエル・ダリュー マルティーヌ・キャロル
1951年

パルムの僧院

  • 1951年2月6日(火)
  • 出演(Clelia_Conti 役)

スタンダールの『パルムの僧院』の映画化で、脚本はフランスの探偵小説家ピエール・ヴェリ、ピエール・ジャリ、クリスチャン・ジャックの共同執筆で、台詞もヴェリが担当している。監督は「幻の馬」「カルメン(1946)」「幻想交響楽」のクリスチャン・ジャック、撮影は「偽れる装い」「密告(1943)」のニコラ・エイエ、音楽はレンツォ・ロッセリーニ、装置ドオボンヌ、衣裳アンネンコフというスタッフで、「王様」「オルフェ」のアンドレ・ポオルヴェ・プロダクション一九四八年度の作品である。主演者は「すべての道はローマへ」のジェラール・フィリップ、我が国に初登場のマリア・カザレス(本映画によりロカルノ映画祭女優演技賞を得ている)、「憂愁夫人」のルネ・フォール、「火の接吻」のルイ・サルー以下、アッチリオ・ドッテジオ、チュリオ・カルミナチ、リュシアン・コエデル、ルイ・セニエ、マリア・ミキ、エンリコ・グロリ、アルド・シルヴァーニ、クラウディオ・ゴーラ等が助演している。

監督
クリスチャン=ジャック
出演キャスト
ルネ・フォール ジェラール・フィリップ ルイ・サルー マリア・カザレス
1950年

憂愁夫人

  • 1950年12月28日(木)
  • 出演(Sigrid Lindval 役)

新人として嘱望されているセルジュ・ド・ポリニイが監督した映画で、マリーアンヌ・デマレ作の小説に基き、監督ド・ポリニイとロバート・ド・トマッソンが協力して映画脚色し ジョルジュ・ヌヴーが台詞を書いている。撮影「めぐりあい」のルネ・ガヴォーで 音楽は「美女と野獣」のジョルジュ・オーリックとジェルメーヌ・タイユフェールが作曲した。主演は「めぐりあい」「高原の情熱」のジョルジュ・マルシャル、「幻の馬」のルネ・フォールで、新人ヘレーネ・ヴィタ、コメディ・フランセーズのジャン・ドビュクール、「悲恋」のアレグサンドル・リニョオ、ガブリエル・フォンタン等が助演する。

監督
セルジュ・ド・ポリニイ
出演キャスト
ジョルジュ・マルシャル ヘレーネ・ヴィタ ルネ・フォール ジャン・ドビュクール
1945年

幻の馬(1945)

  • 1945年
  • 出演(Catherine 役)

「カルメン(1946)」「青春乱舞」のクリスチャン・ジャックが監督した映画で、クロード・ボンコンパン作の小説に基き、「山師ボオトラン」のマルク・ジルベール・ソーヴァジョンがストーリーを書き、監督ジャックが「悪魔が夜来る」のジャック・プレヴェールと協力して脚本を執筆、プレヴェールが台詞を書いた。撮影は「高原の情熱」のルイ・パージュで、音楽はアンリ・ヴェルダンが作曲している。出演俳優は「悪魔が夜来る」のフェルナン・ルドウ、コメディー・フランセーズ座附のルネ・フォール、「高原の情熱」のマドレーヌ・ロバンソン、新進のロジェ・ピゴー、「カルメン(1946)」のリュシアン・コエデル、ピエール・ラブリ等である。

監督
クリスチャン=ジャック
出演キャスト
フェルナン・ルドウ ルネ・フォール マドレーヌ・ロバンソン ロジェ・ピゴー
2010年

罪の天使たち

  • 2010年2月20日(土)
  • 出演(アンヌ=マリー 役)

元服役囚を受け入れているドミニコ会女子修道院を舞台に、修道女たちの葛藤や憎しみ、友愛を描く。「田舎司祭の日記」のロベール・ブレッソンによる長編監督デビュー作。脚本に、フランス演劇界の重鎮ジャン・ジロドゥが参加している。出演は、「パルムの僧院」のルネ・フォール、「どん底」のジャニー・オルト。フランス国立映画センター復元版。

監督
ロベール・ブレッソン
出演キャスト
ルネ・フォール ジャニー・オルト シルヴィー ミラ・パレリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルネ・フォール