TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・フレンド

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1977年 まで合計6映画作品)

1964年

潜水艦ベターソン

  • 1964年1月15日(水)
  • 監督

第二次大戦の史実に基いたピノ・ベリの原案からアルベルト・カツォルツィ、アウグスト・フラッシネッティ、ブルーノ・ヴァイラーティ、ジャック・ウィッテンガムらの共同シナリオを、「怒りの海」のチャールズ・フレンドが監督した戦争ドラマ。撮影は「ヨーロッパの夜」のガボール・ポガニー、音楽は「刑事」のカルロ・ルスティケリが担当した。出演者は「史上最大の作戦」のジェームズ・メイソン、「制服の処女(1958)」のリリー・パルマー、「残酷な夜」のガブリエレ・フェルゼッティ、他にアルベルト・ルーポ、ヴァレリア・ファリーツィ、ジェフリー・キーンなど。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
ジェームズ・メイソン ガブリエレ・フェルゼッティ リリー・パルマー ジェフリー・キーン
1954年

怒りの海

  • 1954年4月15日(木)
  • 監督

マイクル・バルコンの主宰するイーリング・スタジオ一九五三年作品で、ニコラス・モンサラットの戦記小説の映画化。「禿鷹は飛ばず」のレスリー・ノーマンが製作し、「南極のスコット」のチャールズ・フレンドが監督した。脚色は「情熱の友」のエリック・アンブラー。「波止場の弾痕」のゴードン・ダインズが撮影を、「禿鷹は飛ばず」のアラン・ローソーンが音楽を担当。出演者は「落ちた偶像」のジャック・ホーキンス、新人ドナルド・シンデン、「超音ジェット機」のデンホルム・エリオット、新人ヴァージニア・マッケナ、ジョン・ストラットン、「赤いベレー」のスタンリー・ベイカー、リアム・レッドモンド、ブルース・シートンら。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
ジャック・ホーキンス ドナルド・シンデン ジョン・ストラットン デンホルム・エリオット
1949年

南極のスコット

  • 1949年8月23日(火)
  • 監督

スコットの南極探険記録を色彩映画化したもので、長篇記録映画に秀いでたマイケル・バルコンが製作した一九四八年作品。実録に基いてウォルター・ミードとイギリス記録映画一方の雄たるアイヴァー・モンタギュが脚本を書おろし、「船団最後の日」「愛の海峡」のチャールズ・フレンドが監督した。撮影監督は「黒水仙」「赤い靴」のジャック・カーディフ「バグダッドの盗賊」「コンゴウ部隊」のオスモンド・ボラデール、「笑う姫君」のジェフリー・アンスワースが分担した。主役は「大いなる遺産」「ウォタルー街」のジョン・ミルズで、「ニコラス・ニックルビー」のデレク・ボンド、ハロルド・ウォレンダー、レジナルド・ベックウィズ、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティスが悲壮な死をとげる主なる隊員にふんし、女優ではダイアナ・チャーチルとアン・ファーズが出演している。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
ジョン・ミルズ ダイアナ・チャーチル ハロルド・ウォレンダー アン・ファーズ
1948年

愛の海峽(1945)

  • 1948年4月
  • 監督

「ミモザ館」「旅する人々」のフランソワーズ・ロゼー、英映画界のヴェテラン俳優トム・ウォールズ、「妖婦」「七つの月のマドンナ」のパトリシア・ロックが主演する英仏協調をテーマとするマイケル・バルコン作品で、T・E・B・クラークが脚本を書卸し、一九四〇年まではフィルム編集者で一九四一年監督に昇進したチャールズ・フレドが監督し、撮影はロイ・ケリノが監督、ジャック・パーカーが操作した。音楽はクリフトン・パーカーが書き、ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団がアーネスト・アーヴィング指揮下に演奏した。助演俳優は、ラルフ・マイケル、カナダ放送会社専属のポール・デュピュイ、フレデリック・パイパーら。マイケル・バルコンが製作した一九四五年作品。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
フランソワーズ・ロゼー トム・ウォールズ パトリシア・ロック ラルフ・マイケル

船団最後の日

  • 1948年12月
  • 監督、脚本

油運送船サン・デメトリオの遭難および奇せき的帰還の事実を映画化した、ドキュメンタリー・エピックで、マイケル・バルコンが製作した一九四三年作品。監督は「愛の海峡」のチャールズ・フレンドで、F・テニスン・ジェッシが書いた公式記録に基いて、この映画製作協同者ロバート・ハマーと監督フレンドが脚本を共同執筆した。ハマーは「ジャマイカ館」「職授のフランス行」等を編集し、現在は監督である。撮影はかつてハリウッドの名キャメラマンであったアーネスト・パーマーが指揮し、音楽はジョン・グリーンウッド作曲、アーネスト・アーヴィング指揮である。出演者はウォルター・フィッツジェラルドを始め、「捕われた心」のマーヴィン・ジョンズ及びゴードン・ジャクソン「愛の海峡」のラルフ・マイケル及びフレデリック・パイパー、ロバート・ビーティ、チャールズ・ヴィクターその他である。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
ウォルター・フィッツジェラルド マーヴィン・ジョンズ ラルフ・マイケル ロバート・ビーティ
1977年

第3逃亡者

  • 1977年1月8日(土)
  • 編集

無実の罪を晴らそうとする男が真犯人を追うサスペンス作品。製作はエドワード・ブラック、監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はチャールズ・ベネット、エドウィン・グリーンウッド、アンソニー・アームストロングの共同、原作はジョセフィン・ティー、撮影はバーナード・ノウルズ、音楽はルイス・レヴィが各々担当。出演はノヴァ・ピルビーム、デリック・ド・マーニー、パーシー・マーモント、ジョージ・カーゾンなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ノヴァ・ピルビーム デリック・ド・マーニー パーシー・マーモント エドワード・リグビー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・フレンド

ムービーウォーカー 上へ戻る